キャバクラで働くのに向いてる人と向いてない人の特徴はコレ!

キャバクラで働くのに向いてる人と向いてない人の特徴はコレ!

どんな職業にも向き不向きはあるよね?キャバ嬢って、特にそれが顕著に出る仕事なの。

そこで今回は、キャバクラで働くのに向いている人向いていない人の特徴について解説していくよ!

特に、これからキャバ嬢として働きたいと思ってる子には最後まで読んで欲しいな。

キャバクラで働くのに向いてる人

まず、キャバクラで働くのに向いてる子の特徴を紹介するね。

見た目に自信がある人

見た目に自信があるかどうかはかなり重要。お客様側からしても、自信がなくていつもウジウジしてるキャバ嬢なんかに接客されたくないでしょ?

だから、常に自分に自信を持てるようにみんな頑張ってるんだ。見た目に自信があるということは、努力が出来る人でもあるということ。

稼げるキャバ嬢は、みんな見えない努力をして自信に満ちている子ばかりなんだよ。

お酒が好きな人

お酒の飲めない子でももちろん稼げるのがキャバ嬢の仕事だけど、飲めないよりはやっぱり飲めた方が稼ぎやすいよ。

それに、お酒を普段から飲んでいる子だったら自分も楽しんで仕事が出来るしね♪

高いお酒も、普通の仕事をしていると到底飲めないような銘柄ばかり。酒好き女子にとって、キャバ嬢は天職だといえるよ。

人と話すのが好きな人

一番大きいのはこれでしょう。

やっぱり、そもそも人と話すのが苦手だっていう子はキャバ嬢の仕事は苦痛でしかないからね。

でも、最初は人と話すのが苦手だったけど、努力して話術を身につけたっていう子もいるよ。

最初から駆け引きも何もなく純粋に人と話すのが得意な子は、あっという間にナンバー入りしちゃうことも多い!

キャバクラに向いていると思った方は、こちらの記事をチェックしてみましょう!

小倉のキャバクラの特徴とバイトをオススメする3つの理由

キャバクラで働くのに向いてない人

キャバクラに働くのに向いている子の特徴を分かってもらえたところで、次は向いていない子の特徴を紹介するね。

夜型の生活が苦手な人

キャバ嬢は、その仕事柄どうしても夜型の生活になりがち。

本来、昼に活動して夜に眠る生活パターンが人間にとっては普通なんだけど、夜職はその真逆になっちゃうからね…。

ただでさえ、お肌も荒れるし太りやすくもなってしまうんだけど、人によっては体調やメンタルまで崩しちゃう場合もあるの。

昼職と学業と掛け持ちの子は、稼げる代わりに慢性的な寝不足に陥りやすいよ。夜型の生活になるのが恐い子は、キャバ嬢になっても辛い思いをするかも。

仕事とプライベートを分けることができない人

キャバ嬢の中には、仕事とプライベートの区別がつかないでふわふわ仕事している子もいる。そういう子は、アフターに行ってお客様から求められるままに枕営業しちゃったりするの。

他の女の子にも迷惑をかけるくらいになると、同僚とお客様どちらからも疎まれるようになるから、泣く泣くキャバ嬢を辞めるしかなくなる…。

仕事は仕事、プライベートはプライベートできっちり分けていかないと後々自分を苦しめるようになるんだ。それが出来る自信が無い子は、ちょっとキャバ嬢には向いていないかな。

最近のキャバクラでは清楚感が求められている

キャバ嬢といえば、ひと昔前ならギャルギャルした感じの子が人気だったよね。

髪は盛りまくって、付けまつげバッサバサって感じの。私くらいの年齢までのキャバ嬢なら、誰もが通る道だと思う(笑)

でも、最近は清楚な子がお客様から人気なの!ヘアスタイルも、黒髪〜焦げ茶色くらいの色で、ボブやストレートヘアみたいな子が最近は多いよ。

アイドルみたいな見た目の方がお客様から受けが良いから、みんなどんどんそっちにシフトしていってる感じがするよ。

だから、そういう流行に敏感でいられることもキャバ嬢としては大事だよ。

まとめ

人との会話が好きでお酒も好き!っていう感じの、いかにもキャバ嬢に向いている子っていうのは、最初から結構爆稼ぎ出来る子が多いんだよね。

それに反して、「ああ、この子はちょっとキャバ嬢に向いてなさそう」って言う子は、こつこつ努力タイプ。

でも、有名キャバ嬢になる子って意外と後者の方が多いんだよね。だから、最初は向いていないタイプだとしても、努力でカバーすることは充分!

キャバクラの働き方カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!