キャバクラの体入荒らしの意味って?ダメな理由と解決方法

キャバクラの体入荒らしの意味って?ダメな理由と解決方法

みんなは、「体入荒らし」って言葉を聞いたことあるかな?夜職じゃない人からしたらちょっとマイナーな言葉かもしれないね。

でも、私たちキャバ嬢やお店からしたら体入荒らしってすごく嫌われる存在なんです…。

今回は、この度々現れる「体入荒らし」について解説していくよ!

キャバクラの体入荒らしの意味とは

体入荒らしとは、最初からそのお店で働くつもりなんてさらさらないにも関わらず、体験入店時の高時給目的で体験入店を利用することを言うよ。

それに、体験入店で得たお給料は全額日払いでもらえるから、特に金欠女子にとっては助かるんだよね。

女の子側からしたら、お客様に営業も必要無いし適当に接客していれば高額のお金がもらえるなんて正直ヘタなバイトより楽だよね。でも、お店側からしたら、ハナからお店で働く気の無い子に高時給を払うなんて損でしかない。

そもそも、体験入店は本入店を考える子が判断する機会として設けられているから、体入荒らしは本質とズレてしまっているよね。

キャバクラで体入荒らしがダメな理由

前の項目でも、さらっとダメな理由について触れたけど、それ以外にもキャバクラの体入荒らしがダメな理由はいくつかあるの。その中でも代表的なものを紹介していくね。

エリア内キャバクラのブラックリストに載る

体入荒らしを同じエリアで繰り返していると、やがてやりづらくなる時が来る。

水商売の世界は狭くて、店長やスカウトの間で体入荒らしをするような子の情報は、常に交換されているんだ。

基本的に体入は1店舗につき1回ずつしか出来ないから、繰り返していくと自然とその名を知っている関係者は増えていくの。

本入店が難しくなる

前項目で、体入荒らしを繰り返すとエリア内のブラックリストに載ることは伝えたよね。そのことで、当然そのエリアのキャバクラでは採用されづらくなっちゃうんだよ。

キャバクラ店の店長同士って結構顔見知りっていうパターンも多いの。

それに、グループ展開している店舗だと前に体入荒らしをしたお店の店長とばったり鉢合わせちゃうってこともある!

そうなると、他のエリアに引っ越したりしないとキャバクラに本入店することは出来なくなっちゃうの。

派遣キャバクラなら問題解決

体入荒らしがダメなことは分かってもらえたと思う。それでも、やっぱりひとつのお店に縛られたくない!っていう子もいるんじゃないかな。

そんな女の子は、ぜひ派遣キャバクラへの登録を検討してみて!自分の好きなタイミングで働いたり辞めることが可能だから、自由度高く稼げるよ。

体入荒らしは高時給ではあるけど、一月トータルで見ると同じような働き方でも派遣キャバクラの方が断然稼ぎは安定するの。

そのエリアで働けなくなるかもしれないというリスクを負う必要も無くなるし、サポートもちゃんとしているよ。自由と安定を手に入れたいという悩みを一気に解決出来る働き方が派遣キャバクラなんだ。

まとめ

私の意見としては、「体入荒らしは元キャバ嬢のお小遣い稼ぎに1、2回だけしてみるのはいいけど、初心者がするのはオススメできないよ」という感じ。

結局その場しのぎの働き方でしかないし、将来性もあまりない。しかも嫌われ者なっちゃうのはイヤだよね…。でも、どうしても自由が欲しいという女の子もいると思う。

そんな子は、前の項目で説明した派遣キャバクラに登録してみるのがオススメだよ!副業や学生のバイトとしてもいい働き方だしね!

キャバクラの求人情報など、キャバクラで働くことに関心がある子はこの下の記事もチェックしてみてね!

小倉のキャバクラの特徴とバイトをオススメする3つの理由

キャバクラの働き方カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!