キャバクラで働いて初めてわかったメリット・デメリット

キャバクラで働いて初めてわかったメリット・デメリット

キャバ嬢の仕事は、普通の仕事よりも断然稼げるし労働時間も少ないし、働くことで得られるメリットはたくさんある。

でもその反面、やっぱりデメリットも出てくるんだ。どんな仕事でもメリット・デメリットはあるけどね…。
キャバ嬢それぞれで感じることは違ってくるけど、この記事では「キャバクラで働くことで分かったメリット・デメリット」の代表的な例を解説していくよ!

キャバクラで働くメリット

キャバ嬢と聞くと、デメリットよりはまずメリットの方を考える子の方が多いんじゃないかな?

「お酒を飲んで男の人と話をするだけで大金がもらえる!」とか、「自由度が高い」とかね。そんなメリットの中でも、代表的なものをいくつか解説していくよ。

色んな職業の人と知り合える

これは、何気にメリットが大きい!キャバ嬢と聞くと、まず給与・待遇面を中心に色々考えちゃう人がいるんだけど、お金と同時に人脈も得られるんだ。

しかも、来店するお客様はお金持ちな人が多いから、普通の仕事をしていてもなかなか出会えない人と知り合えるのは色々と得♪ 玉の輿も狙えるかも?(笑)

あと、地方都市にあるキャバクラだと、歌手やアーティストが打ち上げなどで来店してくれることもあるよ。

自分磨きでキレイになれる

キャバ嬢は男性に見られることが多いし、周囲の女の子も美人ばかり。だから、自然と美意識が上がって自分磨きに身が入るようになるよ。

最初は正直どこか田舎っぽいような女の子でも、キャバ嬢になって数ヶ月でも経てば、垢抜けてすごく綺麗になる!

あと、キャバ嬢が着るドレスってだいたいぴったりしたデザインで、ちょっとでも太ると着れなくなるから自然とダイエット意識が芽生える(笑)

生活が夜型になっちゃうからどうしても太りやすくもなってしまうけど、その分みんな努力してるよ。

稼げる

普通の会社員やカフェ店員などでは数ヶ月経ってやっと稼げる金額を、キャバ嬢なら1ヶ月で稼げたりするの。

例えば、私が働いている九州の小倉エリアは、だいたい最低時給でも2000円からなんだよね。

それに加えて、同伴やドリンクのバックが付くから、実質それより時給は高くなる。たった4、5時間の勤務でこれだけ稼げるのはかなりの魅力だよね!

普通のバイトの時給はだいたい900円〜1000円だから、8時間のシフトで入ったとしても1日1万円に届かないくらい…。それと比べると、キャバ嬢の稼ぎやすさは群を抜いてるって感じ。

専業はもちろん、副業だとしても学生のアルバイトだとしてもちゃんとまとまった金額を稼げるから、キャバクラの仕事は女性にとって人気求人のひとつであり続けるんだろうね。

キャバクラで働くデメリット

みんなはデメリットなんて知る必要ないと思うかもしれないけど、悪いところもあらかじめ知っておいた方が良いよ。

いざ入店した後に、「イメージと違った…」って辞めていく子もいるからね!ということで、この項目では包み隠さずに代表的なデメリットを挙げていくよ。

夜勤で体調を崩しやすい

これは、キャバクラだけじゃなくて夜職全体に言えることなんじゃないかな。私も、この世界で働き出した時は一番最初にぶち当たった壁だったよ…。

キャバ嬢は出勤時間がだいたい19:00か20:00だから、そこからラストまで働いて、もしお客様とアフターがあればやっと朝方くらいに帰宅する形になる。つまり、普通の人と真逆の生活になっちゃうんだよね。

本来人間は昼行動する生き物なので、身体のバランスを崩しやすくなっちゃうんだ。

太りやすくなるしお肌も荒れやすくなっちゃうから、生活習慣の乱れはキャバ嬢がみんな神経質なくらい美容に固執する理由のひとつでもあると思う。

ノルマとペナルティのあるお店もある

売上があって成り立つ商売とはいえ、やっぱりノルマやペナルティがあるとちょっとやりづらくなっちゃう…。

ノルマが達成出来なそうな日はどうしても接客に焦りが出ちゃってお客様をイライラさせちゃうこともあるんだよね。

そして、ノルマ達成出来ないとスタッフや店長からの圧がすごく重く感じたりする。あと、ペナルティの有無は月収にかなり響いてくる!

当日欠勤や遅刻によって課せられるペナルティは、お店によっては1日働いた分の金額が帳消しされるほど高額なことも…。

事情を汲み取ってくれるところはいいけど、そうじゃないといくら高時給でも働くのが億劫になっちゃうよね。

お触りしてくるお客さんがたまにいる

これも、キャバ嬢初心者の子は精神的にきちゃう場合が多い…。基本的にキャバクラでのお触りは禁止されているけど、やる人はやるんだよね。

なかには「キャバ嬢なんだから触られるのくらい慣れないと!」とか言ってくる人もいる(怒)

キャバクラの仕事に慣れるとこんなお客様も上手くかわせるようになるけど、初心者の子はお客様の言うことを全部真に受けて困る場合があるの。

胸やお尻を触られたりして「おかしい」と思ったらすぐに近くの黒服に相談しようね!

キャバクラで働くメリットは人によって違う

ここまで代表的な例を解説してきたけど、実際は10人のキャバ嬢がいたら「キャバクラで働いて分かったメリット・デメリット」はそれぞれ違うと思う。

ひとつのお店にいても、キャバクラで働き出した理由はそれぞれ違うし夢や目標も違うからね。「キャバクラが天職」っていう子がいれば、「お金を稼ぐために仕方なくやってる」っていう子がいるのも事実。

一番大事なのは、キャバクラで働くことのデメリットを知ったうえで自分なりのメリットを見つけること!その芯がちゃんと通っていれば、どんなことがあっても目標に向かってお仕事を頑張れるよ。

まとめ

キャバクラの仕事は高時給ではある分、何せずまったり稼げる仕事ではないよ。デメリットの項目を読んでもらうと分かるけど、接客業の中でもかなりストレスは溜まりそうって感じるよね。

でも、その分自分が頑張った分給与にちゃんと反映されるの!

これからキャバ嬢になりたい子は、この記事で解説したメリット・デメリットを参考にして、ぜひ改めて自分の目標を見つめ直してみてね。

キャバクラのアルバイトに少しでも興味を持った方は、こちらの記事も合わせてチェックしてください。

小倉のキャバクラの特徴とバイトをオススメする3つの理由

キャバクラの働き方カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!