CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

分化した細胞が再びES細胞に戻る?再生医療の発展に大きな期待

 もし、両目を失った人が自分の細胞を使って目を再生し、再び目が見えるようになったら…。もし、腎臓の機能を失った透析患者が自分の細胞を使って腎臓を再生し、再び腎機能を回復できるようになったら…。

 万能細胞のES細胞、しかも自分のES細胞なら理論上、それが可能だ。一度、分化したES細胞が再びES細胞に戻る、夢の実現に一歩近づく研究結果が明らかになった。

“万能細胞”ES細胞

 まずは、「ES細胞」のおさらいから始めよう。ES細胞は「万能細胞」とも言われる。血液になったり、皮膚になったり、体を構成するあらゆる細胞に変化できる「万能」な細胞なので、こう呼ばれている。従って、再生医療の研究ではES細胞から臓器などを作ることも夢ではないわけだが、1つ大きな問題がある。

 ES細胞は受精卵が細胞分裂してできた発生初期の胚の細胞から作られるが、もはや胚ではなく完全に分化してしまっている自分の体からは、自分のES細胞を取り出すことはできないという事実だ。他人の胚から作ったES細胞で臓器を作ることに成功したとしても、それを移植すれば、通常の臓器移植と同じように拒絶反応を起こしてしまう可能性があるのだ(※1)。

iPS細胞とは?

 そこで新たに報告されたのがiPS細胞だ。この細胞を作った京都大学の山中伸弥教授がノーベル賞を取ったのでご存じの方も多いだろうと思う。iPS細胞をごくごく簡単に説明するならば、“人工的に作ったES細胞に似た細胞”というと分かりやすいだろうか。分化した細胞に特定の遺伝子を組み込んでES細胞と同等の状態にまで初期化したものだ(※2)。しかし、iPS細胞も現在の技術では、作る過程で「万能」ではない細胞もできるなどの課題を抱えている(※3)。

ES細胞に戻った!

 このような課題に一歩踏み込んだのが、関西学院大理工学部の研究チームだ。マウスのES細胞が分化して万能性を失った状態の「エピブラスト」という細胞に、PRDM14という遺伝子を働かせると、なんと、この細胞が再びES細胞に戻ることを発見したのだ(※4)。2016年11月18日に米科学誌ステム・セル・リポーツに発表したという(※3)。

 「エピブラストからES細胞」という初期化のほんの一部のメカニズムが解明されたわけだが、分化した細胞が完全にES細胞に戻ったという発見は、今後の再生医療の発展に大きく貢献する内容だ。研究チームは、iPS細胞を作る新しい方法の開発につながることが期待できるとしている。

 自分の細胞を使ってより質の高いiPS細胞を作ることができれば、事故や病気で失われたものを取り戻すことが可能で、多くの人が救われることだろう。

参考・引用

  • ※1:ES細胞 http://www.skip.med.keio.ac.jp/general/article/07/
  • ※2:iPS細胞 http://www.skip.med.keio.ac.jp/general/article/08/index.html

  • ※3:細胞「リセット」再びES細胞に 関学大チームが成功 
    http://www.asahi.com/articles/ASJC9574CJC9PLBJ003.html
  • ※4:「生殖細胞による次世代を再生産する仕組みの解明」―高品質iPS細胞作製への応用に期待― http://www.kwansei.ac.jp/press/2016/attached/0000104240.pdf

WRITER

kix

ARTICLE

  • 食べたいけど痩せたい! 脂肪の吸収どう抑える?
  • <秋特集>行楽シーズン到来…なのに少し歩くだけで足の裏が痛くなって辛い。どうすれば良いの?その原因と対処法を紹介
  • 時に天気予報より正確? 「天気痛」に見る天気と人体の密接な関係
  • 42度のお風呂が最も危険 冬場の入浴中の急死は交通事故より多い
  • 熱中症は季節を問わない?夏だけでなく注意が必要なその理由と予防方法
  • 多くの高齢者を悩ます骨粗しょう症 たった2分の片足ジャンプで防げるって知っていた?
  • 細菌1000倍! ネット販売のニセ母乳にご注意
  • 宇宙飛行士が、もし負傷したらどうなる?気になる宇宙空間での緊急医療事情
  • 憂うつでやる気が出ない…同じ時間に寝て起きれば何かが変わる!?
  • 高齢出産で生まれた子どもは優秀!?  高齢出産のリスクとメリット
  • 世界に広がるレジ袋削減運動。マイバッグ=エコに疑問の声も
  • 長時間睡眠にうつの危険信号。10時間以上の睡眠で死にたい気持ちが増加
  • ビジネスパーソン必見 休日の寝だめが「眠れない」を引き起こす
  • 肩が痛い…四十肩や五十肩は年齢構わずやってくる! 原因と治療法は
  • 著名人も実践 朝活のハードルを下げるとっておきの方法
  • 脳や体に悪影響。寝不足だけじゃない、寝すぎは逆に疲労や不健康の元
  • オトコにもあった「妊娠適齢期」 35歳が精子老化の曲がり角!
  • あなたの幸福度は遺伝子で決まっている? 幸せの3遺伝子発見
  • 「選ばなかった人生を悔やまない」がカギ 40代・働く女性の本音は
  • いよいよ千葉大病院で実用化間近 オンラインで不眠症を根本から克服
  • あなたはヤバめor健康的ナルシスト? ハーバード大博士の作った「ナルシスト度チェックテスト」
  • 植物には知性がある?世界の研究者が見つけた、知られざる植物の能力
  • 寝る前の儀式「ルーティン」が子どもの睡眠、ひいては人生をも変える?
  • 1月7日を過ぎてもぜひ食卓に並べたい! 「七草がゆ」の健康効果
  • 寝不足の男性は、「パートナーは今日セックスしたいに違いない」と勘違い。 米国調査で明らかに
  • 子供や部下を叱るなら夜より朝? 夜のストレスは睡眠を大きく狂わす
  • つけるだけで視力回復コンタクト「オルソケラトロジーレンズ」って?
  • 睡眠も仕事。タスクリストに入れ優先順位をつければ体と心も変わる?
  • 非モテの原因は睡眠不足だった!? 不眠で服装と外見に明らかな差
  • 睡眠ホルモンで天然のアンチエイジングを 
  • ダイエット中もお肉を食べたい方必見! かなり意外なお肉カロリー対決
  • 「寝る」は簡単かつ効果的なダイエット でもそれって何で!?
  • 適当に飲んでない? 水には飲んで良い/悪いタイミングがあった
  • ギャンブルで最も損をしないマル秘情報?教えます
  • 睡眠中は風邪を引きやすい!?冬場の風邪予防は睡眠環境から
  • 味噌汁やコーヒー 美味しく感じる最適な温度があなたを食道がんにする!?
  • えっ!添い寝ダメなの? 親の添い寝は子どもの睡眠不足の原因に。
  • 知っておきたい! ドーピングしたことになってしまう一般薬とは?
  • 中学で睡眠教育 欠席や体調不良の原因の大半は寝不足だった?
  • 「ストレス脳」チェックしてみよう 今改めて考えるストレスの功罪とは
  • すぐ頭痛になる頭痛持ちさんへ贈る、自分でできる超カンタン頭痛撃退法
  • 夢の寝るだけダイエット!? 脂肪燃焼のカギ「遺伝子スイッチ」が発見された
  • 睡眠不足で高血圧に? ごく数日の睡眠不足が恐ろしい病気をもたらす
  • 注意!治ったはずのアトピー、不眠で再発=「大人アトピー」増加中。
  • 家庭が崩壊する前に… 眠ったままセックスをするという睡眠障害