CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

部屋が散らかったままでも大丈夫!母親が幸せを感じるために「しなくてもいい」こと

「子育てでストレスがある」とお母さんから聞くことはあっても、お父さんから聞くことはめったにない。お母さんの方がストレスが多いのはどうしてなのだろうか。そんなストレスを抱えるお母さんが子育てにちょっと気楽になれる方法と併せてご紹介したい。

子育て中の母親は幸せを感じていない

アメリカのコーネル大学とミネソタ大学の共同研究チームは、親の子どもと過ごす時間の幸福感について研究するために、アメリカ人の子どもを持つ親、1万2000人以上を対象に、1日の中で何をして、その時どう思ったのかなどについて尋ねる調査をした(※1)。その結果、父親より母親の方がストレスを感じている上、疲労があり、あまり幸せだと感じていないことが分かった。

なぜ、母親の方が幸せを感じられないのだろうか。母親は子どもといる時間が長い上、さらにその間には、家族のための食事を作り、掃除をして、子どもの世話もしている。乳児の時期には授乳で夜間、睡眠不足になるし、時には、子どもの体調不良で夜中、看病でずっと起きているということもあるだろう。一方、父親が子どもと関わるのは「世話」というよりは「遊び」の時間が大半だ。「遊び」の時間は楽しい時間のジャンルに入る。だから、父親の方が子育てのストレスが少ないという研究チームの分析だ(※1,2)。

「父親」、「母親」の役割の概念を取り去ることが大切

研究チームは、子育て中のお母さんを幸せにするには、まずは、「父親がすべき役割」「母親がすべき役割」といった考えを改めることが大切だとしている(※1,2)。子どもが2人いるわが家でもなんとなく、休日は、夫が「遊び」係で、母親である筆者は「掃除」係と「料理」係というのが定着してしまっている。平日は夫の帰宅が遅いので仕方がないにしても、休日も同じ役割でいる必要はないのだ。

とはいえ、家庭によっては、役割を変えることは難しい場合もあるので、お母さんたちが子育てにほっとできる方法を次にお伝えしたい。

部屋は多少散らかっていてもOK!

子どものお世話や食事の用意、掃除、洗濯…。お母さんがしなければならないことは毎日山ほどある。しかも、子育てに関する情報の多くは、「子育てですべきこと」という観点が多い気がしている。そこで、アメリカの「ハフィントンポスト」というウェブメディアで紹介された、親がストレスを抱えないために“しなくていいこと”の中からいくつかをご紹介したい。

まず、部屋は散らかったままで構わないということだ。子どもたちは、散らかった部屋より、それを片付けるのにお母さんが忙しくて遊んでくれなかったことの方を覚えているからだ。そして、片付けた10分後に、子どもたちが散らかしたことも気にしなくてOKだ。むしろ、そのおもちゃで一緒に遊んであげた方が良い。

トイレトレーニングがまだできていないことも気にしないことだ。誰でもいつかはオムツが取れる。朝ご飯を食べるのに時間がかかることも気にしなくて良い。早く食べ終わることより、全部食べることの方が大事だ(※3)。

同記事ではその他にもお母さんがしなくてもいい項目をあげている。気になる人は英語版ではあるがご参照いただきたい。
15 Things Parents Should Stop Stressing About In 2015

しなくていいことがある」。こう考えると、子育てがちょっと気楽になりはしないだろうか。今、子どもたちが散らかした「レゴ」で床が埋め尽くされているリビングでこの原稿を書きながら、筆者はかなり気楽になった。

参考・引用

  • ※1:Time with kids boosts parents' well-being – and strain on moms  http://news.cornell.edu/stories/2016/10/time-kids-boosts-parents-well-being-and-strain-moms

  • ※2:Why Parenting May Be More Stressful for Mom https://consumer.healthday.com/mental-health-information-25/stress-health-news-640/briefs-10-6-moms-stress-asr-cornell-release-batch-2905-715698.html

  • ※3:15 Things Parents Should Stop Stressing About In 2015  http://www.huffingtonpost.com/2014/12/30/things-parents-should-stop-stressing-about_n_6391934.html


WRITER

kix

ARTICLE

  • <秋特集>何と室町時代からあった! こたつの起源と驚くべき変遷
  • 眠れない夜の「羊が一匹…」 は効果があるのか? の謎が今解明!
  • 体内時計を意識した健康的な生活。ナチュラル・エイジングのススメ(前編)
  • 婚活サイトで成功する秘訣は「謙虚さ」だった
  • 「骨スカスカ」予防のために大人ができる食事・運動・生活習慣とは
  • 春野菜1位は不動の…? 世界と日本の春野菜!心躍る季節を彩ろう
  • 「野菜と果物は健康に良い」は本当か 20年越しの研究が示す真実とは
  • 加齢で忘れっぽく…を防ぐために今から鍛えるべきは「脚」のナゼ
  • 「子供はいない方が幸せ?」 約半数の先進国が「YES」
  • 精神にまで影響大。 夜中に起きる睡眠の中断と睡眠不足、どちらが辛い?
  • コーラで歯が溶ける、は本当だった! 炭酸飲料は歯を溶かす原因に
  • “iPS卵子”で体外受精ベビー iPS細胞からの受精卵で健康なマウスが誕生
  • 超シンプル体内時計リセット方法とは 体内時計の無視ががんの原因に
  • アルコールは睡眠の質を下げる アルコール依存症と不眠にも深い関係
  • あのGoogleも注目! 売れない営業をトップ営業にする極意 
  • 米国退役軍人の睡眠障害が深刻 戦場での死亡者より多い帰国後の自殺者
  • 20代でも認知症!? 他人事じゃない「若年性」今すぐできる自己診断法を紹介
  • 事故・自殺・病気… 1年で最も死亡率の高い日が統計調査で明らかに
  • 子は親を見て育つ 親のスマホ依存症は子どもに伝染する
  • 日本でも14歳以下の出産が年間43人も。友人の体験談がリスクを減らす
  • 心の病のリスクファクターは孤独? 孤独への恐怖は人間の本能
  • 中高年の朝の運動に赤信号!命まで落としかねない重大なリスクとは?
  • 女性の2人に1人が貧血。食事改善=貧血改善でアンチエイジングを
  • 睡眠も仕事。タスクリストに入れ優先順位をつければ体と心も変わる?
  • 胎児は無菌じゃなかった? 母親の腸内細菌や歯周病菌は子宮内にも
  • コーヒー越えの高カフェインなのに玉露でリラックス!? テアニンの力
  • 眠りのダーウィン「進化論」 効率的な眠りこそが生き残る?
  • 最新技術利用の赤ちゃん靴下が救う? 世界一困難な「親」という仕事
  • すべてのスポーツ・企業アスリートに捧ぐ…! 睡眠のススメ
  • 住まいがあなたの睡眠を脅かす? 睡眠を妨げる住まいの三要素
  • まさに「着るレントゲン」!その場で腰痛リスクを知らせるウェア 介護現場などにも活用
  • サプリメントの摂取、トレンドは移り変わる?日本とアメリカの調査結果
  • 街角でセクシーナース が下着の中を検査?そこには重大なメッセージが…
  • 若い人は要注意。Facebook投稿への「うらやましい」でうつに?
  • ワーキングマザーは生産性が高い!調査結果から明らかになったこと
  • ふくらはぎの血管がボコボコ、血管が網目状に…下肢静脈瘤という病気かも その原因と対策は
  • 動物は意外なほど複雑な夢を見ていた! 睡眠中にもペットと絆が深まる方法とは?
  • インフルエンザ対策の盲点! メイクアップ用品にウイルスが潜む
  • 水素水がうつ病予防に効果アリ 話題の水素水を検証する
  • パンダの赤ちゃん誕生も? 発情期をコントロールできる技術誕生
  • 「今年こそ痩せたい!」なら、「食べない」じゃなく「XXない」が鍵
  • ラッコはどうやって眠る? 可愛すぎるその眠り方に胸キュン
  • お餅が喉に詰まり窒息事故発生! その時どうすれば? 緊急対処法
  • やっぱり外見重視か。男は高身長、女はスリムが人生得してる?
  • ネットの読み込み中に眠くなるのはなぜ? イライラと眠気の意外な関係