CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

立ち仕事or座り仕事はどちらが心血管疾患のリスクが高い?

 体を動かさないデスクワークの人たちと販売などの立ち仕事の人たちどちらが健康的なのだろうか? そんな研究結果をご紹介しよう。

大阪大学大学院医学系研究科と北海道大学医学研究科の研究者らは、仕事のスタイルの違いによって心血管疾患のリスクがどのように変化するかを調査した。

仕事のスタイルは次の4つに分類された(※1)。
・勤務中はほとんど座っている。(座る職業)
・座っていることもあるが、立って動くこともある。(座ると歩くの中間)
・勤務中は立ち続けている。(立つ職業)
・勤務中は立ち、かつ動き回っている(歩く職業)

みなさんの職業はどこに分類されるのだろうか。

立ち仕事の方が心血管疾患死亡リスクが20%高い

研究報告によると、立ち続ける職業の人たちは座る職業の人たちと比べたときに心血管疾患リスクが約20%高い(※1)。立っているとはいえ、ほとんど歩かずに同じ場所に止まらないといけないことから、体内の血液循環を促すことが難しいことも要因ではないだろうか。

心血管疾患リスクからは話がそれるが、販売業の女性の場合には、ヒールでの接客が求められることが多いため、足や腰への負担も大きい。
立ち仕事の人で週2.5時間以下の運動状況の場合には、より心血管疾患のリスクが上がることが紹介されている(※1)。

農業や水産業の方の場合は長時間座る人の方が死亡リスクは高い

国立がん研究センターでは、全国10カ所の保健所と協力して、産業分類別に仕事中の座位時間と死亡率の関連を調べた。その結果サラリーマンや自営業者といった第2、3次産業では特に関係が見られなかったが、農業や水産業、林業といった第1次産業においては仕事中に座っている時間が長いほど、死亡のリスクが高まることが確認された(※2)。

仕事のときに座る時間が1時間未満の人と3時間以上の人の場合、男性では1.23倍、女性では1.34倍と死亡率が高くなる傾向にあることが判明した。
業務の内容にもよるが、座っているだけや立っているだけではなく、定期的に歩いたり体を動かしたりといった動作を取り入れるような環境を職場内に作ることも必要になってくるのではないだろうか。

参考・引用

  • ※1:@niftyニュース 立ちっぱなしor座りっぱなし 心血管疾患死亡リスクが高くなるのはどっちだ?  https://news.nifty.com/article/item/neta/12108-1299/
  • ※2:国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ 多目的研究コホート 職業性座位時間と死亡との関連 http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3745.html
  • 参考:エン転職 二次産業って?|第2次産業の仕事を知ろう https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/10526/

WRITER

Ai Sugimoto

タグ

ARTICLE

  • 梅干しはいつでも私たちの味方!植物ポリフェノール梅リグナンとは?
  • 脳に最高のBGM選び。勉強ならクラシック、あなたのその仕事には…
  • 本屋でトイレに行きたくなるのはなぜ? 「青木まりこ現象」の謎に迫る
  • 子供や部下を叱るなら夜より朝? 夜のストレスは睡眠を大きく狂わす
  • 熟練ヘビーゲーマーは悪夢を楽しみ夢をコントロールできる?
  • 同性愛者への理解が急拡大中「同性間セックスOK」が40年で4倍に!
  • 夕食ばかりに比重「夜食症候群」増加中。健康への影響に厚労省も警告
  • 女性の自己犠牲は心身の健康を脅かす!世界一眠れない日本の女性たち
  • 口呼吸睡眠で虫歯!? 口腔内は歯のエナメルが溶け出すほどの酸性に
  • 外国人観光客に大好評!話題のタトゥー風そばアレルギーチェッカーとは
  • 飲み過ぎないための最強の方法はコレだ しかも科学的なお墨付き!
  • 下手でOK! 短時間のアート・創作活動があなたをストレスフリーに
  • 日本発。地球規模の感染症に立ち向かう100円診断キット
  • 人は一生でどれくらい眠る?驚きの総睡眠時間とメラトニンの役割
  • 20人以上の女性とセックスした男性は前立腺がんリスクが低くなる!?
  • <秋特集>宿坊ってどんなところ? 興味はあるけど泊まる勇気は…そんなあなたにぜひ読んで欲しい
  • “iPS卵子”で体外受精ベビー iPS細胞からの受精卵で健康なマウスが誕生
  • 恐竜絶滅の真実!?サーカディアンリズム・体内時計の乱れが死を招く
  • 細胞へのカルシウムの出入りが睡眠を支配? 睡眠障害治療に光
  • スターウォーズの世界がすぐそこに 超ハイテク義手が世界に夢
  • 睡眠中のトイレ1回でも「夜間頻尿」背後に隠された重大な病気とは?
  • 脳科学がここまで来た!相手を好きにさせることも可能に?
  • 米国で熱視線!ふわっふわのクラウドブレッドで美味しくダイエット?
  • NASAが認めた!天才脳を育てるトランポリンの実力
  • 24時間サイクルは生物が生き残る術だった! 進む「体内時計」研究
  • 「また来た…」繰り返す腰痛 この厄介者を撃退するストレッチご紹介
  • フランス、痩せ過ぎモデルで禁錮刑!?
  • 光で時差ぼけ防止 出張族や旅行好きの方に朗報 ガジェット続々登場
  • 世界に広がるレジ袋削減運動。マイバッグ=エコに疑問の声も
  • 疲れが取れない…ストレスや精神疲労には、アスタキサンチンが効果
  • 妊婦さんのマニキュアは要注意? 有害物質が爪から体内に
  • 死亡率を4倍に跳ね上げる恐怖の生活習慣 気づかずあなたも…?
  • 問題:子どもの成績を左右するものは? 出生体重・引っ越し・母親の就業有無 どれ?
  • 3Dプリンタはもう古い?自分で形を変える?4Dプリントの花が咲く
  • 「電動歯ブラシVS手磨き」 本当はどっちが歯が綺麗になるの?
  • 身寄りのない人へ温かい最期の言葉を。 米国の神父が紐解く その人生
  • 赤・ピンク・緑 色とりどりのリボン運動、いくつ知っている?
  • 「目薬後は目をパチパチ」は間違いだった! 意外に多い薬の服用法
  • <夏特集>:カラダづくり―お尻編
  • 女性が男性より不眠・睡眠障害を多く抱える理由。 答えはホルモンに
  • あなたのご両親は大丈夫? 加齢による視力低下がもたらす心と体の不調
  • 今やレジェンド イチロー流健康維持法の極意は
  • 通販でも畳マットは手に入る! 今すぐ欲しくなる畳のスゴイ効果
  • 体内時計の調整で時差ぼけ即撃退! ポイントは「14時間の絶食と食事のタイミング」
  • 会議中に襲ってくる眠気に勝つ!座りながらでもできる眠気解消方法