CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

ニキビや目のクマにも!甘酒が女性に大人気の理由

 腸活、菌活…近年になって腸内環境をよくしようとする健康法がさかんだが、そのブームに乗った昔ながらの日本の飲み物がある。甘酒だ。ひと昔前までは、正月など酒粕がよく出回る時期に飲まれていたものだが、最近は若い女性の間で人気のようだ。

甘酒が「飲む点滴」といわれるワケ

 甘酒は、米と米麹を合わせ発酵させて作る白く濁った飲料で、酒といわれるものの、アルコールは含んではいない。また、時代とともに冬に出回る酒粕にお湯と砂糖を加えたものも甘酒と呼ばれるようになった。こちらはアルコールが少し含まれるので(※1)、子どもに与えるときや運転するときに注意されたい。

甘酒が、しばしば「飲む点滴」と表現されるのは、糖分やアミノ酸、ビタミンがバランスよく含まれているため。江戸時代は、夏バテ対策のために真夏のソフトドリンクとして人気だったそうだ。

科学的にも証明された甘酒の健康効果

 甘酒が人気を集める理由として、その健康効果が挙げられる。酒造メーカーである月桂冠の研究では、甘酒に肥満を予防する効果血圧上昇を抑える効果、さらには物忘れを抑える効果などがあると確認されている(※2)。

 また、甘酒には米麹タイプと酒粕タイプがあるが、原料によっても健康効果が異なるそうだ。米麹タイプの甘酒は善玉菌が含まれており、腸内環境を整える効果があるという。腸内には免疫にかかわる細胞が多く存在しているため、免疫力のアップも期待できるとされている(※3)一方の酒粕タイプの甘酒では睡眠物質を増やし、睡眠の質を上げる効果が確認されている。

ブームの裏には甘酒の甘さにも秘密が?

 甘酒の中でも特に人気なのが、缶タイプの甘酒だ。甘酒の健康効果が広まったとともに、コンビニや自販機で手軽にいつでも飲めることも、人気が出たことの要因だろう。缶の甘酒には米麹と酒粕がミックスされたタイプもあり、目の下のクマやニキビへの効果が確認されている(※1)。

 筆者も飲んだことがあるが、結構甘味があり、1缶110キロカロリーとふつうの果汁ジュースもよりもカロリーは高めだ。一般に、ダイエット中の女性は甘いものを敬遠する傾向にあるが、さまざまな健康効果があるとされている甘酒なら、罪悪感を抱かずに飲むことができるのかもしれない。

 ただし、いくら健康によいとされていても、カロリー過多にならないよう、飲みすぎには注意されたい。

参考・引用

  • ※1:東洋経済オンライン 森永製菓の「甘酒」が女性にバカ売れするワケ http://toyokeizai.net/articles/-/141394
  • ※2:月桂冠 江戸から続く健康飲料甘酒の知られざる力 http://www.gekkeikan.co.jp/RD/health/health05.html
  • ※3:無事是雑記 「飲む点滴」甘酒の5大健康効果とは!?テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」の甘酒まとめ http://bujikorezakki.jp/2140.html

WRITER

harappa

ARTICLE

  • 受験生必見! 難関大学に合格に最も近づく勉強・睡眠時間は何時間?
  • 悲しい事実… やけ食いはストレスを増やす以外の何物でもなかった
  • 離婚の少ない結婚年齢が統計で判明。チャンスはたったの3年間?
  • 睡眠ホルモンで天然のアンチエイジングを 
  • 認知症患者も宇宙飛行士も救う? 最先端がLEDで体内時計・睡眠を調整
  • 甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の「基本味」に続くか? 第6の味覚Oleogustusとは?
  • 引き寄せの法則は本当?「自分ならやれる」その一言が成功と幸せをかなえる
  • 乳幼児の脱水症状には経口補水液よりも薄めたリンゴジュース?
  • 「スメハラ」に注意! 体質改善で根本から体臭を治す3つの方法とは
  • すぐ頭痛になる頭痛持ちさんへ贈る、自分でできる超カンタン頭痛撃退法
  • イランの若者は何で幸福を感じる? 日本とイランの意外な共通点
  • 東京ディズニーシー200分待ちにも耐えられる? セロトニンの効果とは
  • <秋特集>お風呂シリーズ:本気で疲れを取りたい、湯冷めを防ぎたい人に送る 上手なお風呂の入り方
  • 鉄に囲まれた磁気不足の生活で不健康に? 地球は大きな磁石だった
  • 「花粉=悪者」でもない!? 花粉が記憶や学習をつかさどる「海馬」を活性化
  • 日本人の多くが該当者 50万人以上の都市住人は睡眠障害予備軍!?
  • 「無痛分娩」海外では一般的。日本では「痛みに耐えてこそ母」が美徳とされるのはなぜ?
  • スマホが「こころ」の治療法?うつや不眠にも効果。オンライン認知行動療法
  • 赤ちゃんが睡眠中にぴくぴく動かす部位は「もうすぐ発達する部位」だった?
  • テスト前に深夜まで勉強して夜食…は記憶定着には最悪だった…!?
  • 電車内のアノ恐怖…女性4人のうち3人が気にしていた「わき汗じみ」
  • その会議ホントウに今やる!? 脳科学から見た会議に最適な時間帯とは
  • うつの症状と酷似? 眠れない…不眠で自殺リスクはなんと4倍に
  • 関節にまつわる都市伝説 "関節を鳴らすと骨が太くなる"のホントのところ
  • 体内時計を意識した健康的な生活。ナチュラル・エイジングのススメ(中編)
  • 空の色が体を支配?照明を変えるだけの仕事効率アップ法とは
  • Googleにグレートな社員が多いワケ 世界で、日本で、進む「健康経営」
  • <冬特集>少しの寒さと引き換えに健康を。 冬こそ寝室の換気で快眠準備完了!
  • 難局は寝てから考えろ! 睡眠不足のリーダーには「失格」の烙印?
  • 病院は睡眠妨害空間? 患者の眠りと回復を促す照明の色は何色?
  • 眠れないからチョット1杯。睡眠前のアルコール習慣があなたの疲れの原因かも
  • ファスティング(断食)は究極のアンチエイジングになるか?!免疫の自己再生を促進
  • 子供のいびき 成長に異常を感じたら睡眠時無呼吸症候群・SASを疑え
  • 世界中存在する木の本数は? 天文学的な統計を米イエール大学が何と実地で解明
  • 音楽の嗜好で睡眠中の夢は変わる。 空飛ぶ夢を見るには何を聴く?
  • 光で時差ぼけ防止 出張族や旅行好きの方に朗報 ガジェット続々登場
  • 人間と違いすぎる!? 驚くべきカタツムリの睡眠
  • 子どもが高熱で幻覚、異常行動? 「高熱せん妄」に注意を!
  • 一番多い感情は「嫉妬」?眠れないほどのSNS中毒から抜け出す方法とは
  • 聞こえる?聞こえない? 不眠・頭痛から自殺者まで出た“地球のハミング” 
  • 女性のみなさん、もっと睡眠を取って! 女性うつ多発の原因に睡眠不足
  • 5歳ではもう遅い。3歳までのアノ習慣が知的能力に差をつける
  • 男性と女性で薬の効果に差アリ 投薬量は同じで大丈夫?
  • カップ一杯で男性力を取り戻す?精力コーヒー「スティッフブル」が米国で大流行
  • 体をつねると より強い眠気が襲うって知ってた? 居眠り運転…アノ香りが身を守る