CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

10代、20代の女性は「自分の体を好きでない」 痩せ型理想体形の呪縛

10代、20代は他人からどう思われているかや、自分の顔や体形などの見た目が気になってしまう年頃だ。しかし、自分の体に満足できないと考える10代、20代の女性がとても多いという、ショッキングな調査結果が出ている。

ボディーイメージのアンケート調査によると

アメリカのYahoo Healthは「ボディー・ピース・レゾリューション(体の平和についての抱負)」で、他人からの見た目を気にしすぎるのではなく、身体の強化や心の健康を目標にしよう、というキャンペーンを行った(※1)。

ボディーイメージのアンケート調査も、キャンペーンの一環だ。アンケートは、全国的にインターネット上で、13歳から64歳までの1,993人を対象に、自分自身の身体に対して持っているイメージとして「好き」「嫌い」「中立的(自分の身体は完璧ではないが受け入れる)」「矛盾した感情(自分の身体が好きな時と嫌いな時がある)」から自分に最も近いと思うものを選択した。

自分の体が嫌い?

調査結果によると、自分の身体を「好き」と思う男性は20%いたが、女性はわずか11%だった。年代別に見ていくと、10代の自分の身体を「好き」か「中立的」としているのは、男性は71%、女性は34%。20代の自分の体が「好き」「中立的」と回答しているのは、男性は67%、女性は41%だった。
そしてなんと、10代女性の94%、20代女性の95%が、自分の身体に不満を感じたことがあった。男性ではこの割合は10代で64%、20代で86%だ(※1)。

全体から分かる男性と女性の違いについては、年を取るにつれて男性は「好き」から「中立」へ変わるが、女性は「嫌いや矛盾した感情」から「中立」へと変わるところだ。この調査結果から、女性の方が自分の体に、より厳しい目を向けていて、とても自己評価が低いことが分かる。

痩せ型が理想体形と考える人が多い

日本の思春期女子を対象にした、山梨大学医学部らの「思春期女子のボディイメージと摂食障害との関連」という研究を見ると、日本でも同様の傾向があることが分かる。小学校と中学校の女子生徒262名を対象にした調査では、多くの生徒が平均的な体形であった。

しかし、体形に不満を感じている生徒が多く、痩せ型体形を理想の体形と考えていた。自分の体形に不満が無いのは、わずか10名だけだった。そして、学年が上がるほど、不満を感じる人数は増えている(※2)。

男性に少なく、女性に多い理由

体形への不満が、男性よりも女性に多い理由は、今でも女性が外観で判断されがちなせいもあるだろう。母親の体形への価値観が、子どもの考え方に与える影響も大きいようだ。子どもの価値観は、親や教師などの周囲の大人の価値観や言葉にも、大きく影響を受ける(※3)。

10代や20代の世代が憧れるモデルやタレントは、痩せ型であることが多い。現代社会は、痩せるのを推奨する社会でもある。そのため、痩せているときれい、痩せているとどんな服も似合う、という価値観を持つようになる。

その一方で、痩せたいという願望が強すぎると、拒食症などの摂食障害になる危険もあるのに、健康への悪影響には、無関心であることが多い。しかし、理想の美や体形は、時代や国でも変わる。実際にそのような比較や実験結果を公表し多様性の需要や視野を広げる啓蒙するような動きも各所でおきているのも事実だ。
最後に面白い実験結果をご紹介しよう。
参考)perceptions of perfection
https://onlinedoctor.superdrug.com/perceptions-of-perfection/

痩せ型がいいという時代は過去のものにして、これからの時代は、健康ボディーの時代にしたいものだ。

参考・引用

  • ※1:Transform Your New Year with Yahoo Health’s #BodyPeaceResolution https://yahoo.tumblr.com/post/136607428645/transform-your-new-year-with-yahoo-healths
  • ※2:山梨大学 http://www.lib.yamanashi.ac.jp/igaku/mokuji/YNJ/YNJ2-1/image/YNJ2-1-049to054.pdf
  • ※3:Yahoo https://www.yahoo.com/beauty/the-shocking-results-of-yahoo-1332510105509942.html
  • ※4:perceptions of perfection https://onlinedoctor.superdrug.com/perceptions-of-perfection/

ARTICLE

  • <秋特集>毒キノコを食べて死に至るまで… 知らないキノコは採らない、食べないがお約束
  • 寒さ対策には愛?「ごめんね」「ありがとう」の言葉で家族の体温上昇
  • 体内時計で病気治療。そんな時代がすぐそこに
  • 日本で定着するか? 週休3日制、実は危険
  • 「食べると眠くなる」は都市伝説! 七面鳥は病気を防ぐ超高栄養食
  • しゃっくりに隠れた恐ろしい病気とは? しゃっくりの原因と対策大解剖
  • 歯の健康も影響していた 孤独死を引き起こす高齢者の引きこもり
  • 世界みんな共通!「睡眠大事。でも睡眠の不満に何も対策していない」
  • 来年こそいいスタートを切りたい! 冬の朝の早起きのコツ大公開
  • 梅干しはいつでも私たちの味方!植物ポリフェノール梅リグナンとは?
  • 11月8日は「いい歯」の日! 80歳でも固い酢ダコを楽しめる…睡眠と歯の健康の知られざる関係
  • 睡眠時間は人種で違う! 黒人は睡眠不足?アジア人は?
  • エミレーツ航空のCAが勧める、快適な旅のための「新・三種の神器」
  • 同性愛者への理解が急拡大中「同性間セックスOK」が40年で4倍に!
  • 社長の5人に1人はサイコパス?驚くべき統計結果
  • おへそを触るとお腹が痛くなる、は本当。ではへそゴマ除去はOK・NGどっち?
  • 再生医療の未来 手足の再生は夢じゃない?
  • 九九暗記中のお子様には運動を?「2×4=?は…8回ジャンプ」が効果的
  • 熱いキスのプレゼントはなんと…虫歯、歯周病にエイズウィルスまで?
  • 宇宙飛行士が悩む睡眠事情
  • なぜテロや大量殺人は起きるのか 社会への不満と彼らの掲げる正義
  • 離婚率が下がる?夫婦のための月1回デートのススメ
  • 1日で眠っちゃいけない時間帯がある!? 睡眠禁止ゾーンはどこだ
  • 昔の人は一日の眠りを2分割していた!睡眠事情から見る昔の生活とは?
  • ダイエット失敗の元は寝不足?睡眠不足でマリファナ同様の食欲増進
  • 中高生、思春期のうつ病 回復のための特効薬は“10人の幸せな友達”
  • 見たい夢を見る。そんな「夢」が現実に
  • 元気になるし美味しい!? でも意外に知らないエナジードリンクの体内への本当の影響
  • 早朝トレーニングの落とし穴? 睡眠時間削ってまで朝運動はNG!
  • 見過ごさないで!不正出血は女性のカラダが発する重要なサイン 怖がらずに受診を
  • 東京五輪の切り札? 体重が"半減"する魔法のランニングマシンで超ハイテクトレーニング
  • 日光が足りない?冬の妊婦はビタミンD欠如に注意!
  • “ノンアル”が選ばれる時代が来た! ノンアルはビジネスを円滑にする“時代が求める新しい飲料”
  • 高血圧・心臓発作予備軍は猫と暮らそう? 猫と病気のスゴイ関係
  • Dカップ女子はスポーツをやめやすい? 4人に3人が胸に「悩み」
  • バレーボールやバスケットボールで身長が伸びる? 科学的に解明してみた
  • 高齢者の概日リズム解明。 不治とも言われていた認知症治療に光か
  • 「身長が高い」は実は羨ましくない!? 身長を決める遺伝子大量発見
  • 失敗は成功のもとは科学的に正しい? 検証結果はYES!でもなぜ?
  • 統計調査は語る。 睡眠薬の使用で自動車事故のリスクが2倍に
  • 読者限定!? 科学的に証明された見るだけで集中力がUPする画像
  • ダイエット中もお肉を食べたい方必見! かなり意外なお肉カロリー対決
  • NASAが認めた! 部屋に置くべき観葉植物ベスト15
  • 恋でキレイになるワケを科学が証明 幸せホルモンにはダイエット効果も