CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

なぜ、ぽっこりおなかの人は生活習慣病になりやすいのか?

 中年になると、特に男性でおなか周りに脂肪が付き始める。単に「太った」で済まないのがおなか周りの脂肪の恐ろしいところで、さまざまな病気を引き起こす原因になっている。今回は、このおなか周りの脂肪が引き起こす病気のメカニズムを探ってみたい。

ぽっこりおなかは生活習慣病のハイリスク要因

肥満が健康に良くないのはご存じの通りだ。高血圧や糖尿病など生活習慣病の原因になるといわれているからだ。しかし、「肥満」といっても、どこに脂肪が付いているかによってリスクは大きく異なる。リスクが高いのは腸の周りに脂肪が過剰に蓄積している「内臓脂肪型肥満」の人だ(※1,2)。いわゆる「ぽっこりおなか」の人のことだ。

 一方で、腰まわりや太ももなどに皮下脂肪が多くたまっている「皮下脂肪型肥満」の人には、糖尿病や高血圧、脂質代謝異常などの症状はあまり見られない(※1)。

カギを握るのは老化したTリンパ球

 なぜ、ぽっこりおなかの人は生活習慣病を引き起こしやすくなるのか。慶應義塾大学医学部の研究チームが、これまで謎だったそのメカニズムを明らかにした。若いマウスに高脂肪食を食べさせて太らせ、内臓脂肪を分析したところ、健康で若いマウスには見られない老化したTリンパ球が短い期間で大量にできることが分かった。Tリンパ球とは免疫細胞の一種である。

 次に、この老化したTリンパ球を、通常食を食べていて痩せている健康な若いマウスの内臓脂肪に細胞移植してみたところ、免疫機能に過剰な炎症が起こったり、インスリン抵抗性が見られたりするなど、高脂肪食を食べて太ったマウスによくある症状が引き起こされることが分かった。つまり、この老化したTリンパ球が生活習慣病発症に重要なカギを握っていることが明らかになったのだ(※3)。

ぽっこりおなかが引き起こす生活習慣病とどう戦うか

 研究チームは、この老化したTリンパ球だけを取り除く、もしくは増加させない、といった方法で、内臓脂肪型肥満に関係する生活習慣病を予防できる可能性があると考えている(※3)。

 よく知られているように、生活習慣病の予防で大切なのは、適度な運動や栄養バランスの取れた食事、たばこやアルコールを控えることなどだ(※4)。これに加えて、細胞レベルで生活習慣病を予防することができるようになれば、多くの患者やその予備軍といわれる人たちを救うことが可能だ。

 しかし、細胞レベルでの予防が将来、実現する可能性が出てきたからといって、普段の生活を怠惰にするわけにはいかない。ぜひ、今まで通り、運動や健康的な食事を心がけていただき、そして、十分な睡眠も忘れずに取っていただきたいと思う。

参考・引用

  • ※1:肥満と健康 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-001.html
  • ※2:内臓脂肪型肥満 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-051.html
  • ※3:食べ過ぎが見た目だけでなく内臓の老化を加速させるメカニズムをマウスにおいて解明-内臓脂肪型肥満による免疫老化の怖さ- 
    https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2016/11/8/28-18720/

  • ※4:公益社団法人千葉県栄養士会 生活習慣病の予防と食事 http://www.eiyou-chiba.or.jp/commons/shokuji-kou/preventive/seikatusyukan/

WRITER

kix

ARTICLE

  • 残念!何をしても午後2時は眠くなる ならば昼寝か会議で解決を
  • 2言語を話すだけで認知症発症が5年も延びる!? 今からでも遅くはない大人の外国語学習
  • 68000人の調査で分かった ベッドメイキングと◯◯の意外な関係
  • シエスタ=昼寝を義務化した町や企業があるってホント?そしてなぜ?
  • 問題:子どもの成績を左右するものは? 出生体重・引っ越し・母親の就業有無 どれ?
  • NASAの「26分昼寝」はベストじゃなかった? ならば何分が良いのか
  • あなたは何月生まれ? 新春・生まれ月にみる健康運(科学的根拠有!)
  • ストップ・ザ・性感染症! 色で警告するコンドーム、中学生が開発
  • 不整脈は女性の方が危険! すぐできる30秒チェックをしてみよう。
  • 木登りやサッカー? 大人の記憶力が50%もアップするスゴイ運動
  • あなたの子どもに今必要な睡眠時間は何時間?
  • 既婚者は知っておきたい!離婚や死別で脳卒中リスクが3割上がる
  • 思春期、大人ともにニキビの根本原因は同じ。なら対策は?
  • 今は男性が美容整形する時代!?バストダウン手術が米国人男性に人気
  • 植物には知性がある?世界の研究者が見つけた、知られざる植物の能力
  • 日本の悪しき伝統「寝る間を惜しんで」。睡眠以外の脳力UP方法は?
  • セックスのない愛 世界に広がる「無性愛(アセクシャル)」とは?
  • 「腸内フローラ」って何だ?あなたの「眠れない」は腸内環境のせいかも
  • 来年こそいいスタートを切りたい! 冬の朝の早起きのコツ大公開
  • あなたの「眠れない」「不眠」。ひょっとしたら心の病気、うつ病かも?
  • 超シンプル体内時計リセット方法とは 体内時計の無視ががんの原因に
  • 子どもの肥満、原因は親にあり? その「貪欲さ」をコントロールせよ
  • <秋特集>お風呂シリーズ:本気で疲れを取りたい、湯冷めを防ぎたい人に送る 上手なお風呂の入り方
  • 睡眠に最適な照明は何色?何ルクス? 豆電球でもまだ「明るすぎ」!
  • よく寝る女性は性欲が強い?!
  • ペット=寝不足の原因?
  • エコノミー症候群を防ぐ! 座りながらできるストレッチ大公開
  • 時差ぼけ防止アイマスク つけるだけで出張や旅行の辛い時差ぼけの対策に
  • お香の煙が卵細胞を傷つける!? 発ガン性物質も? お香とうまく付き合う方法は
  • 我慢したオナラは何と口から出てくる! オナラ研究最前線
  • 帰宅後すぐできる「食べ過ぎた!」を「無かったこと」に。 超簡単TIPS
  • どの写真が好き?4枚の写真の中から選ぶだけ。一瞬で分かるあなたの本当の能力
  • 「おくるみ」は乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクだった
  • 脳に最高のBGM選び。勉強ならクラシック、あなたのその仕事には…
  • 夏場こそ注意! 寝室冷房による冷えが睡眠障害を引き起こす
  • 寝入り3時間が勝負。22〜2時の「ゴールデンタイム」はもう古い?
  • 旅行中の「胃腸トラブル」 野菜・フルーツ・水分で対策を!
  • 子どもの苦手科目が算数? 英米の共同研究が明らかにした家でも学校でもできる成績アップの秘訣
  • 統計調査は語る。 睡眠薬の使用で自動車事故のリスクが2倍に
  • 「失恋のショックで心臓が…」は本当にあり得るのか。科学が明かすホントの所
  • 「偉人の共通点は昼寝」?あまりに多くの偉人たちが実践していた素晴らしい休息方法
  • 乳幼児の脱水症状には経口補水液よりも薄めたリンゴジュース?
  • 交通事故に睡眠時無呼吸症候群(SAS)の影 運転とSASの深すぎる関係
  • 未来の究極のダイエットは腸内細菌を「移植」!? 今夜からできる細菌の移植方法とは
  • 20人以上の女性とセックスした男性は前立腺がんリスクが低くなる!?