CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

ワーキングマザーは生産性が高い!調査結果から明らかになったこと

 子育てをしながら仕事している場合、子育ても仕事もどちらも「中途半端」だと評価されることがある。しかし、それも子どもが小さいうちに限られる話のようだ。むしろワーキングマザーはスゴイ! そんな研究結果が明らかになった。

ワーキングマザーが抱える子育てと仕事のストレス

 小さな子どもを抱えながら仕事をすることは、子育てと仕事の両方、実現できるという喜びももちろんあるが、同時に大きなストレスも生まれる。子どもの保育園の送り迎えなど毎日時間的な拘束があることはもちろん、子どもの突然の発熱や病気、入院などの突発的なことにも、仕事をしながら、日々、対処しなくてはならない。

 筆者の周りでも、「仕事が休めない日だったから、解熱剤を使える限界まで使って、無理やり保育園に行かせた」「仕方なく1人で家で待たせた」といった子どもの体調不良にまつわる話や、「仕事で大きなステップになる海外出張のときに、子どもの最後の学芸会と重なって悩んだ」といった、子どもと仕事をてんびんに掛けなければならない悩ましい話も聞く。

ワーキングマザーの生産性のロスは大きいのか?

 このように、子どもがいると仕事を休まなくてはならなかったり、仕事のチャンスが奪われたりといった事態が発生する。休んだことで仕事に影響が出るのは言うまでもない。

 アメリカのセントルイス連邦準備銀行は世界中のエコノミスト1万人を対象に、子どもがいるかいないかによる仕事の生産性を検証した。仕事の生産性は研究論文の発表数で測った。その結果、男性に関しては、子どもがいるいないにかかわらず、生産性にそれほど大きな違いはなかった。しかし、女性子どもが小さいうちは、子どもがいない人に比べて、生産性が15~17%落ちることが分かった(※1)。

子どもが多いほど生産性が高くなる

 やはり、ワーキングマザーのキャリアアップには大きな壁が立ちはだかっているのかと思いきや、実際はそうではなかった。子どもの成長に伴い、その数字は変化していくことが分かった。
 この調査では、「子どもがいない」、「1人いる」、「2人いる」、「3人いる」などと複数の段階に分けて女性の生産性が測られた。子どもが小さいうちは生産性が低いものの、子どもがティーンエージャーになる頃までに、それまでにロスしたものを挽回するほど生産性を上げて巻き返してくるので、総合的にみると、子どもいる人の方がいない人に比べて生産性が高くなることが分かった。また、意外なことに、子どもの数が多いほど、より生産性が高くなることも分かった(※1,2)。

ワーキングマザーの仕事は効率が良い

 研究チームは、子どもがいる人は子どもがいない人に比べて仕事に使える時間が少ない、ワーキングマザーは時間の使い方がうまいと指摘している(※2)。
 子どもが小さい頃に時間がない中で、効率的に仕事をすることができるようになっていると、子どもが手を離れる年齢になったとき、子どもがいない人と同じ時間内で、よりたくさんの仕事ができるようになっているというわけだ。子どもがティーンエージャーになるまでには長い道のりであることは間違いない。しかし、子どもが小さいときに味わうさまざまなストレスに耐えたワーキングマザーだけが勝ち取れる結果なのだろうと思う。

参考・引用

  • ※1:Parenthood and Productivity of Highly Skilled Labor : Evidence from the Groves of Academe https://research.stlouisfed.org/wp/2014/2014-001.pdf
  • ※2:How having two children turns mothers into super achievers who are more productive than their childless colleagues http://www.dailymail.co.uk/news/article-3857788/UK-mothers-productive-childless-colleagues-study-shows.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 睡眠障害による損失を無くせ! 従業員の睡眠をモニタリングする企業続々
  • 「起きたら体が痛い」は寝具に問題アリ? 低反発マットレスの功罪
  • 「遅寝遅起き」なあなたは火星移住計画を?体内時計と自転の蜜月関係
  • 対決!どっちが赤ちゃんを泣きやませられる? ママの声 VS 子守歌
  • 見たい夢を見る。そんな「夢」が現実に
  • たばこのせいで寝たきりに? 筋肉そのものを弱らせる働きも
  • 「幸せになる脳」になる方法、ついに分かりました by 生理学研究所
  • デスクワークの方に朗報! 職場で座ったままできる簡単筋トレ
  • 鼻づまりで眠れない、夜中起きてしまう…ツラい鼻づまりでも快眠を得る2つの方法
  • 成績の悪い子どもに睡眠時無呼吸症候群(SAS)の影? 子どものいびき要注意
  • 「人はなぜ眠るのか」? その大いなる疑問を斬ってみた!
  • 睡眠でダイエット? 寝不足は人間を太らせる
  • 合コンネタにいかが? 人間以外の動物の睡眠方法が面白すぎる
  • 二度寝で「眠りの黄金郷」? 最高に気持ちいい二度寝のためのTIPS
  • <新年特集>今年の干支に学ぶ「長生きしたいならカロリー制限を」のウソ・ホント
  • 歯茎の色で健康チェック 「赤」なら糖質取り過ぎかも!
  • エミレーツ航空のCAが勧める、快適な旅のための「新・三種の神器」
  • 嫌なことは寝て忘れろ、は間違い?強烈なストレスには睡眠不足も薬に
  • 続きはまた次の夢で! 同じ夢を繰り返しみる理由が解明された
  • 美容と健康の大敵「活性酸素」は睡眠中ほとんど生成されない
  • 「牛乳の代わりに豆乳」は意味がない? 長寿を支えるタンパク質
  • ラッコはどうやって眠る? 可愛すぎるその眠り方に胸キュン
  • 唾液検査で死期が分かる? 最新の研究が明らかにしたがんとの関連
  • ハイヒールは歯ぎしりのもと…歯ぎしりが及ぼす恐怖!?
  • 死亡事故最多は「みずがめ座」?警察のデータから見る交通事故と星座との関係
  • 酒・たばこ・ストレッチ 眠れない夜の原因と改善方法
  • お金のストレスで見た目を老けさせない秘訣は?
  • 子どもの誤飲事故 ボタン電池には特に注意!
  • 動物の冬眠メカニズムで SFのようなよみがえりが現実に?
  • 鼻づまりで眠れない…花粉症の根治治療 食べるだけの魔法のお米
  • 「ショートスリーパー=短時間睡眠」になる方法は? 睡眠効率がカギ
  • 切り離せない寿命と睡眠。 最適な平均睡眠時間は何時間?
  • 親が感じる子どもへの間違ったシンパシー 実験から明らかになった思い込みとは?
  • 2016年、子どもの睡眠障害急増中!その症状と対処法は
  • BMIで肥満度計る、はもう古い?肥満大国アメリカの最新算出法とは
  • 水素水がうつ病予防に効果アリ 話題の水素水を検証する
  • 睡眠時無呼吸症候群・不眠の改善があなたをうつから救う
  • 2060年の地球 熱波による「信じがたい蒸し暑さ」がやってくる!?
  • <夏特集>英国人が実践中!? 暑い夜に負けない、一風変わった知恵9つ
  • バーチャルな味や匂いもおいしい? 脳は匂いにだまされる
  • 睡眠中のショッピング? 睡眠随伴症の原因と対策法とは
  • 男性にも乳がんは起こる 女性の乳がんの1/100の確率…されど1/100
  • 電子カルテ導入で患者の不満爆発? 医師が向き合う相手は誰なのか
  • 夜10時がリミット! 夜遅い食事をするなら空腹でいたほうがマシ?
  • 久々の運動で筋肉パンパン! 翌日に痛みを残さないぶるぶる体操とは?