CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

あなたは目覚まし時計なしで起きられるか?最適な睡眠時間とは

 目覚まし時計なしで起きられる人はどれぐらいいるのだろうか。実際に、あるインターネット調査では、50代までの人のうち、目覚まし時計を使わず自然に起きると答えた人は1割にも満たなかった。残りの9割は目覚まし時計を使ったり、家族に起こしてもらったりと何らか外からの刺激が与えられないと起きられないという(※1)。

 アメリカのウエストバージニア大学の研究チームは、目覚まし時計がないと起きられないというのは睡眠が足りていないサインだとして、目覚まし時計をかけずに起きられる習慣を付けることを勧めている。目覚まし時計を使わずに起きるためにはどうしたらいいのだろうか。

自分だけの適切な睡眠時間を探す

 まずは、自分に合った最適な睡眠時間を見つけることから始めてみよう。アメリカの国立睡眠財団は、年齢ごとに必要な睡眠時間を示している。例えば、働く世代の26歳から64歳の睡眠時間は7~9時間、14歳から17歳のティーンエージャーは8~10時間だ(※2)。

 しかし、これは、あくまで目安にすぎず、必要な睡眠時間は人によって違うという。自分に合った適切な睡眠時間を見つけるためには、いろいろな量の睡眠を取ってみて、朝の目覚めの気分で判定するのが最適な方法だ(※2)。6時間ぐらいだと自ら目覚めることができ、しかもすっきりとした気分になれるという人もいるだろうし、8時間でもまだ眠いと感じる、10時間でようやくすっきりと起きられるという人もいるだろう。必要とされる睡眠時間を参考にしながら、自分に最適な睡眠時間を見つけてほしい。

毎朝、毎晩、同じ時間に起床と就寝

 次に大切なのは、「一貫性のある」睡眠習慣だ。毎朝、同じ時間に起きて、同じ時間に寝ること、そして、これを守り抜くことが大切だ。土日はたくさん寝たいかもしれないが、どうしてもという場合は1~2時間のプラスにとどめたい。

 一貫性のある睡眠が習慣化すると、目覚まし時計ではなく体内時計が目覚めを自然と助けてくれる。さっと起きられるようになるし、眠りにつくのも早い。

寝室の環境を快適に

寝室の環境を睡眠に最適なものにすることも大切だ。国立睡眠財団は、室温は15~19度がベストとしている。照明などの人工的な光はない方が良いという。また、カフェインやアルコールを寝る前に取らないことも睡眠を乱さないために大切なことだ。

 目覚まし時計をかけずに寝るなんて、少々、恐ろしい話だが、できている人はできているのだ。睡眠時間が十分であれば起きられると信じて、まずは、仕事のない週末の朝から試してみてはどうだろうか。

参考・引用

  • ※1:時計についてのアンケート・ランキング http://chosa.nifty.com/hobby/chosa_report_A20140110/7/
  • ※2:HOW MUCH SLEEP DO WE REALLY NEED? https://sleepfoundation.org/how-sleep-works/how-much-sleep-do-we-really-need
  • ※4:金沢医科大学 教えて!ドクター 第14回 良質な睡眠を取るには http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hospital/2013/05/post-93.html
  • 参考:Be strict about bedtime, avoid alcohol and DO sleep on the job: The healthy sleeping habits that will make you more productive during the day http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3272771/Be-strict-bedtime-avoid-alcohol-sleep-job-healthy-sleeping-habits-make-productive-day.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 子どもは何でも食べちゃうモンスター!誤飲事故の最多はタバコ
  • 両親が遺伝的に似ていないほど、子どもの身体も頭も優れている…は本当だった
  • 女性のオーガズムも繁殖に一役!? 進化過程で変化した女性器の神秘
  • 子は親を見て育つ 親のスマホ依存症は子どもに伝染する
  • スマホの写真でがん診断が可能に? 新技術の到来はすぐそこに。
  • 夢の寝るだけダイエット!? 脂肪燃焼のカギ「遺伝子スイッチ」が発見された
  • ハイヒールは4年目からが怖い 足首の筋力とバランスがガタガタに
  • 子どもの誤飲事故 ボタン電池には特に注意!
  • 夢はなぜ見るのか。レム睡眠中の超膨大な脳活動、画像処理があなたを夢見させている
  • なぜ2回感染?おたふくかぜの原因が解明、新たなワクチン開発へ
  • 新緑の京都で至福の眠りを 「ねむり展」でよく学び、よく眠ろう
  • かぶって寝るだけで熟睡 ハイテク帽子「スリープシェパード」
  • 間もなく天の川が見えなくなる? 明るすぎる地球で視力異常も
  • 相当面白いアラームの歴史 古今東西超珍しいトンデモ目覚まし時計とは⁉
  • 「睡眠不足自慢=仕事遅い・不幸せ?」 時代遅れの自慢バナシ
  • 腸内細菌に良いのはコーヒーとワイン! 反対に悪い食べ物は…?
  • 睡眠が一番ラクなバストアップ法? 女性ホルモンと睡眠の深い関係
  • ご注意を。短期間の睡眠不足でも血液ドロドロ 命に関わる病気に直結
  • バレーボールやバスケットボールで身長が伸びる? 科学的に解明してみた
  • たばこの健康被害 「パッケージの警告文は画像で」が世界の潮流?
  • 悲しい事実… やけ食いはストレスを増やす以外の何物でもなかった
  • NASAが認めた! 部屋に置くべき観葉植物ベスト15
  • 「痛いのにやめられない…」激辛フード、痛いマッサージの最中には何とセックスと同じ脳内物質が!
  • 「失恋のショックで心臓が…」は本当にあり得るのか。科学が明かすホントの所
  • 「髪が伸びるのが早いとエッチ」は都市伝説か? 科学的に調べてみた
  • 寝つきの悪さの一端を解明。寝る直前のワクワクに要注意!
  • 隠しきれない手の甲年齢?今からでも間に合う綺麗な手のためのケア
  • 座る時間と死亡リスクは比例する! デスクワーカー必見の対処法とは
  • 宇宙飛行士が、もし負傷したらどうなる?気になる宇宙空間での緊急医療事情
  • まさか牛乳で結核に感染!? 気をつけたい怖い感染症
  • 新発見。睡眠時無呼吸症候群(SAS)ががん細胞の増殖を許していた
  • 食べたいけど痩せたい! 脂肪の吸収どう抑える?
  • 赤・ピンク・緑 色とりどりのリボン運動、いくつ知っている?
  • 見たい夢を見る。そんな「夢」が現実に
  • 「1日2リットルの水を飲め」はうそ?!この話には続きがあった!
  • 食事の時間・食事内容が体内時計を狂わす原因に どんな食事がNG?
  • <秋特集>睡眠時間6時間未満でなんと「4倍」も風邪をひきやすく
  • 自宅でのDIY健康診断が命を救う? 口臭・視力・認知症・心疾患…
  • 「寝だめ」で健康悪化?なぜやっちゃダメなのか?
  • 忍者の手指のポーズ「印を結ぶ」で緊張知らず? 歴史に学ぶ成功法
  • 最近聞く&Googleでも実践中と噂の「マインドフルネス」て何?
  • 脳波コピーで素人がパイロットになれる? 超SFの世界が現実に
  • 永久の眠りか、それとも…「生き返り」を信じて、死体を冷凍保存する技術が現実に。
  • ついに虫歯を治せる歯磨き粉が英国で登場。 日本での発売は?
  • 住まいがあなたの睡眠を脅かす? 睡眠を妨げる住まいの三要素