CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

飲酒による死亡リスクは、飲む量よりも「運動習慣」が重要

 飲酒はさまざまな病気のリスクを高めることが知られているが、豪シドニー大学と英ロンドン大学の研究チームが35万人以上ものデータを分析した結果によると、飲酒による死亡リスクは、日常生活にウォーキングなどの適度な運動を取り入れることで軽減できるという。

飲酒で死亡リスクが高まる

 仕事で張り詰めた神経を緩めようと、ほっと一息。疲れを癒やすべく、毎日晩酌を重ねている人も多いことだろう。しかし、お酒は適量、ほどほどがよい。このことは医学的にも証明されている。飲酒量の増大は、がんや心疾患、脳血管疾患での死亡リスクの増大など、さまざまな原因による死亡リスク(全死亡リスク)を増大させるのである(※1)。

 また、人によっては夜眠る前の「寝酒」が習慣になっている人もいるだろう。しかし、寝酒は睡眠にとっては好ましくない。お酒を飲むと一時的に眠くなり、よく眠れるような錯覚を引き起こすが、実はアルコールは、一時的な催眠効果の後に覚醒効果を発揮するので、眠りを浅くしてしまうのである(※2)

全く飲まない人はかえって死亡リスクが高い

 酒は百薬の長とも言われるが、お酒を全く飲まない人よりも、少し飲む人の方が、かえって死亡リスクが低いのも確かである(※1)。もちろん、全く飲めない人が健康のためにと無理して飲むのはお門違いだが、健康に良いからといって「断酒する必要はない」ということだ。お酒は適量を楽しむのが、体の健康にも心の健康にも良いということだろう。

どれくらい飲むと死亡リスクが高まるか?

 男性で46グラム、女性でその半分の23グラム。これがアルコールの1日あたりの適量だ。これ以上の飲酒は死亡リスクを高めてしまう(※1)。

 では、アルコール23グラムとはどれほどかというと、ビール大瓶1本(633ml)、日本酒1合(180ml)、25度の焼酎120ml、ワインはグラス2杯(200ml)、ウイスキーダブルなら1杯(60ml)がおおよその目安である。

適度な運動でリスク軽減!?

 豪シドニー大学と英ロンドン大学の研究チームが、飲酒による死亡リスクと運動効果の関係を明らかにするため、40歳以上の男女35万3049人分のデータを解析した。データには、運動量と飲酒量、病気の既往歴や健康状態が長期間記録されている。アルコールは「ユニット」という単位で表されており、ビール1缶(約440ml)やワイングラス1杯(約175ml)がそれぞれ2ユニットに相当する。

 解析の結果、男性では1日に2.4ユニット、女性では1.6ユニット以上の飲酒習慣がある人では、全死亡リスク(全ての原因による死亡リスク)が13%増加していた。しかし、ウォーキングなどの適度な運動を週に少なくとも150~200分以上行っている場合、このリスクはなくなっていたという。適切な飲酒量であっても運動していない人は死亡リスクが上昇する。過剰摂取であっても、週2、3回程度の適度な運動を日常生活に取り入れることで軽減できることが示されたのだ(※2)。

 なかなかやめられないのがアルコールの怖いところだが、日常生活に適度な運動を取り入れることで、将来的な健康に貢献することは間違いなさそうだ。

参考・引用

  • ※1:国立がん研究センター 予防研究グループ 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究|飲酒と死亡リスク http://epi.ncc.go.jp/can_prev/evaluation/2604.html
  • ※2:快適な眠りのための 睡眠習慣セルフチェックノート 林光緒、他
  • ※3:Does physical activity moderate the association between alcohol drinking and all-cause, cancer and cardiovascular diseases mortality? A pooled analysis or eight British population cohorts. Br J Sports Med. 2016 Aug 31. pill: bjsports-1016-96194. Perreault K et al. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27581162
  • 参考:Aging Style 酒飲みはウォーキングしよう 週2〜3時間の運動で死亡リスクが低下 http://www.agingstyle.com/2016/09/23001450.html

WRITER

Hashimoto.M

ARTICLE

  • スマホで運動がしたくなる?デジタルフィットネスの最前線
  • “寝る会社は育つ” 社員の睡眠管理で業績もアップ!?
  • 「医療観光」。 他のアジア諸国に大きく先を越される日本の現状とは
  • 女性なら誰もが通る道 絶対に知っておきたい「年齢×カラダ×睡眠」の関係
  • 熟練ヘビーゲーマーは悪夢を楽しみ夢をコントロールできる?
  • 東京五輪の切り札? 体重が"半減"する魔法のランニングマシンで超ハイテクトレーニング
  • <夏特集>悩みの種"ふりそで"お肉がない、すっきりした腕になろう
  • おとぎ話科学読本 シンデレラの靴は防弾ガラスでできていた?
  • あなたは目覚まし時計なしで起きられるか?最適な睡眠時間とは
  • 頭痛持ちは塩分のとり過ぎが原因? 塩分摂取量が多すぎる日本人
  • 東洋の陰陽論がヒトの眠りを改善? 注意力と睡眠の蜜月関係
  • 原因不明の病気 悪夢が繰り返される「悪夢障害」って何だ?
  • ヨガの呼吸法で快眠を!眠れない、不眠かも…に即効効果 片鼻呼吸法
  • 夫婦円満の秘訣は、睡眠スケジュールを〇〇にすること?
  • 日本食にプラスして疲労回復! 夏の疲れを癒す抗疲労食とは
  • 世界が驚くその心理。 日本人は行列好き?背後に「協調」アリ?
  • 飲み会前に水を飲むのはNG!?忘年会シーズン中のお酒を飲むポイント
  • キリンは何時間眠る?驚愕、動物の平均睡眠時間
  • ひげには排泄物と同程度の細菌…同時に体を守る鉄壁のバリアの役割も
  • 睡眠欲が泉のように湧き出る…? 世界に比類なき最高の睡眠「ビーチ編」
  • 40年以上続く?子どもの頃のいじめ経験が年収や職業、持病に影響 
  • 「白髪の人はハゲない、海藻を食べればハゲない」…薄毛にまつわる都市伝説を科学的に検証してみた
  • 睡眠中足が変、気持ち悪い…むずむず足症候群の原因と対処法
  • 時間がない人は必見!睡眠を見直して1日を長くする方法
  • 「赤ちゃんが泣いてる!うつ伏せになってる!」と教えてくれるウエアラブルが米国で登場
  • 「人はなぜ眠るのか」? その大いなる疑問を斬ってみた!
  • 激辛フードが寿命を延ばす? 中国の巨大調査が明かした驚くべき結果
  • 依存・自殺・自傷に繋がる処方箋なしの睡眠薬購入 日本でも増加中
  • 赤ちゃんが睡眠中にぴくぴく動かす部位は「もうすぐ発達する部位」だった?
  • 親が感じる子どもへの間違ったシンパシー 実験から明らかになった思い込みとは?
  • 寄生虫が妊娠率を高める!? 不妊治療のさらなる発展に期待
  • 永遠の若さの鍵、DNAキャップ「テロメア」 短気な人はテロメアも短い
  • 嫌なことは寝て忘れろ、は間違い?強烈なストレスには睡眠不足も薬に
  • 冷房温度設定は60年代の男性が設定? オフィスで女性が寒いワケ
  • 私たちはなぜ眠るのか? 睡眠の究極的な役割が示す脳内のミステリー
  • <冬特集>布団が冷たくて眠れない!お布団の中でできるあったかマッサージ
  • 子どものいびき まさか睡眠時無呼吸症候群(SAS)?原因は何?
  • お餅が喉に詰まり窒息事故発生! その時どうすれば? 緊急対処法
  • おねしょの病気、「夜尿症」がすぐに治せるかも? エジプトで研究中の磁気を使った治療法
  • 心に黄色信号?子どもの生活習慣の乱れに要注意
  • 線路、幹線道路、航路近くの住民に警鐘 騒音が人を太らせる
  • 社長の5人に1人はサイコパス?驚くべき統計結果
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の救世主? シーパップの次世代アイテム「エアリング」
  • <冬特集>「歩く肺炎」? マイコプラズマ肺炎に注意!
  • 日常を科学的に検証。「あくびがうつる」に隠された温かいメッセージとは