CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

歯茎の色で健康チェック 「赤」なら糖質取り過ぎかも!

 「歯が白いかどうか」を気にしている人は多いだろうと思う。しかし、「歯茎がピンクかどうか」を気にしている人はどれぐらいいるだろうか。今日からはぜひ、「歯茎がピンクかどうか」も併せて気にしていただきたいのだ。

鏡で自分の歯茎の色を確認してみよう

 鏡の前に立って、「いーん」という口の形をしてみよう。自分の歯茎が確認できるはずだが、何色だろうか。赤?ピンク?それとも薄いピンク? いや、紫だという人もいるかもしれない。

 何色だと合格なのかということが気になるところだが、合格なのは「ピンク色」もしくは「薄いピンク色」だ。これが健康な歯茎とされている。「」はダメなのだろうか。残念ながら赤は不合格だ。歯肉炎という病気の可能性があるのだ。歯肉が炎症を起こして腫れ上がっているので赤くなるのだ。歯ブラシで歯を磨いたときに出血するというのも特徴だ。

 そして、この「赤」の状態を超えると、まずいのが「赤紫」だ。紫色が混じり始めると、歯周炎という病気の可能性がある。歯茎だけでなく歯の根元にまで炎症が進んでいるかもしれない病気だ(※1)。

歯茎から体調が分かる?

 歯茎から分かるのは歯の健康状態だけではない。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の臨床客員教授である塚原宏泰さんは「歯茎の変化から体調を知ることができる」と話す。

口の中には300種類以上もの細菌がすんでいる。体調が良いときには、細菌のバランスが保たれているので歯茎も「ピンク色」だ。ところが、栄養が 偏り体調不良に陥ると、口の中の細菌のバランスが崩れてしまう。それが歯茎の色の変化に表れる。「赤」に変わるのだ。歯茎の色の変化に直結するカギを握るのがビタミンとミネラル。この2つが不足すると歯茎の粘膜の状態を正常な状態に保つことができなくなってしまう(※2)。

ダイエットだけじゃない 糖質は歯茎の色にも影響

 ビタミンやミネラルが不足するのは何が原因なのだろうか。実は、糖質が分解されるとき、ビタミンBと亜鉛が使われる。糖質を取り過ぎれば、その分、ビタミンBと亜鉛も多く必要になる。ビタミンBと亜鉛の不足に陥るのだ。糖質は太る原因になるだけでなく、歯茎の色にも影響している(※2)。

もし「赤」だと思ったら

 歯茎を見てみて、ピンク色ではなく赤だと思ったら体調が悪いのかもしれないと栄養バランスはどうかと疑ってみていただきたい。ご飯やパン、麺類などの炭水化物を取り過ぎないこと、糖質の入っている飲料水を避けること、そして、ビタミンBが豊富な豚肉やレバーを積極的に食べること、これらをポイントに食生活を改善してみることが大切だ(※2)。

 歯周病や歯肉炎は、歯磨きがきちんとできていないことなどが原因で起こる(※1)。日頃から歯磨きをしている人は「私は大丈夫」と思いがちで、歯茎をチェックすることはほとんどないと思う。しかし、体調不良が隠れていることもあるのだ。歯磨きついでに歯茎チェックをぜひ行っていただきたいと思う。

参考・引用

  • ※1:歯ぐきをきれいにしたい https://www.jdshinbi.net/general/gums.html
  • ※2:残暑の体調不良は「歯茎」の色変化でわかる http://toyokeizai.net/articles/-/83238

WRITER

kix

ARTICLE

  • 中高生、思春期のうつ病 回復のための特効薬は“10人の幸せな友達”
  • 8月生まれの子どもはADHDリスク高…の調査にはカラクリがあった
  • オリンピック後に多発! 睡眠相後退症候群による不眠は「腸」で治す
  • あなたの「眠れない」はテクノストレス不眠かも? スマホにご注意を。
  • 夜勤で体内時計を狂わせない方法は「日勤の生活に体内を合わせる」
  • 人間を悩ます「不安」を科学。睡眠障害やうつ病も引き起こすその正体とは
  • 緑の多い場所に行くだけで寝不足解消!? 高齢の男性には特に効果大!
  • エビやホタテで自然にぐっすり快眠。天然の美肌効果も叶えてくれる夢のアミノ酸「グリシン」とは
  • 窓際は、快眠・幸せ・仕事効率が全て手に入る最高の特等席!
  • 猫とヨガをするスタジオ!? 思わぬ効果で人気上昇中
  • ガンやリウマチには「笑い」 笑えば免疫力はアップする
  • <秋特集>お風呂シリーズ:本気で疲れを取りたい、湯冷めを防ぎたい人に送る 上手なお風呂の入り方
  • ドーピングしてまで勝ちたい!…だけじゃない悲しいドーピング事情
  • 若いあなたの体内で 静かに、しかし確実に始まっている老化現象「サルコペニア」って何だ?
  • なぜテロや大量殺人は起きるのか 社会への不満と彼らの掲げる正義
  • 夜ぐっすり眠れない…体温・室温のせいかも。睡眠に悩むならあそこを"冷やす"のが一番?
  • ハンモックが睡眠障害の救世主? 揺れがもたらす最上の眠りとは
  • 年齢に見合った生き方「ウェルエイジング」の根幹は胃腸の〇〇にある?
  • 外より家の空気が汚い!? 日本でも年間4万人が室内空気汚染で死亡
  • 残念な継承…「早寝早起き朝ごはん」親ができないと子もできない
  • 脳科学で分かった! 人間が成果を出し続けるために必要なものは
  • あなたは目覚まし時計なしで起きられるか?最適な睡眠時間とは
  • 雨の日に体調不良や眠気が起きるのはなぜ?雨天を元気に過ごすTIPS紹介
  • バスの揺れや拍手でじんましん!?「振動性蕁麻疹」の症状と原因とは
  • 平安時代は初対面も初デートも寝室!? 今再びの源氏物語に見る、平安貴族の超"肉食"ぶり
  • 「秋冬に美白ケア中断」で生涯損失なんと66万円も!?
  • 「寝言に答えると夢から覚めなくなる」は都市伝説?
  • 不眠症患者のうち73%が3ヶ月以内に改善! 驚異の新治療に迫る
  • ポイントは昼寝!夜に幼児をぐっすり眠らせる方法
  • 女性4人中3人は「自分の裸が好きではない」 ポイントはお腹とお尻
  • 不眠症の経済損失は年間11兆円以上! コスト削減策の第一は治療
  • 日本の◯◯に学んだお昼寝サービス、世界の空港に続々登場!
  • 「睡眠不足自慢=仕事遅い・不幸せ?」 時代遅れの自慢バナシ
  • 知っておきたい! ドーピングしたことになってしまう一般薬とは?
  • 日頃の備えが肝心。「HUG」で災害時の避難所運営を疑似体験
  • 鍋料理に最適! 鉄分を補給してくれる可愛すぎるお魚 「ラッキーアイアンフィッシュ」
  • 美容と健康の大敵「活性酸素」は睡眠中ほとんど生成されない
  • 汗で「感情」が伝わる!? 汗をかいた人とそのにおいを嗅いだ人の心情が一致
  • 眠れないからチョット1杯。睡眠前のアルコール習慣があなたの疲れの原因かも
  • 「うつ≠不眠」? 好きなことには意欲的な「新型うつ病」は過眠傾向
  • 歯医者で睡眠時無呼吸症候群(SAS)を発見できる? 歯科医師の能力とは
  • 名門ケンブリッジが科学で明かした。辛い朝にすっきり目覚める20曲
  • 今すぐ恋人や家族を熱くハグしたくなる! オキシトシンで医者いらず
  • 「アボカドの種を捨てる=70%の栄養を捨てている」って知ってた?
  • 離婚しても性的関係を続けるカップル増加中。 なぜ…?