CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

サプリメントの摂取、トレンドは移り変わる?日本とアメリカの調査結果

 サプリメントを使ってみたことがあるだろうか。筆者も、1度だけ複数のビタミンが入ったサプリメントをドラッグストアで購入して使ってみたことがあったが、食品から栄養は取ればいいことだと考え直し、今は使っていない。どれぐらいの人がどんなサプリメントを取っているのだろうか。日本とアメリカの実情をご紹介したい。

サプリメントって何だ?

 サプリメントが錠剤のような形をしていて、何らかの栄養成分を含んでいて、ドラッグストアやコンビニでも買えるもの――これぐらいは知っている人も多いだろうと思う。薬と同じと思っている人ももしかしたらいるかもしれないが、それは間違いだ。サプリメントは「食品」に分類されている。本来は「不足する栄養素を補う」ものなので、普段、栄養バランスが取れた食事をしている人には必要のないものだ(※1)。

 しかし、毎日、完璧な栄養バランスの食事をすることは難しいから足りない分をサプリメントで補ったり、コラーゲンは多めに取りたいからサプリメントで補ったり、といった使い方をする人が多いというのが実情だろうと思う。

どんなサプリメントが人気?

 2015年の日本の健康食品・サプリメント市場の推定市場規模は1兆5700億円で、年々拡大している(※2)。今や、コンビニやインターネットでもサプリメントが買えるようになったが、実際にはどれぐらいの人が使っているのだろうか。2014年にあるインターネット調査会社が1万2000人余りを対象に調査したところ、サプリメントを使ったことがある人は約6割いるものの、日常的に使っている人は3割ほどだった。

 どんな成分がよく使われているのだろうか。圧倒的な人気がビタミンだ。ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEが上位3つだ。続いて、コラーゲン、ブルーベリー。「健康維持」のために取っている人が最も多い(※3)。

サプリメント大国アメリカのサプリ事情

 サプリメント大国といわれ、国民の半分がサプリメントを利用しているというアメリカの事情は、日本と少し違っている。アメリカのメリーランド大学医学部などの研究チームが1999年から2012年の間、3万8000人のアメリカ人のサプリメント使用事情を調べた。

 その結果、この10年余りの間にマルチビタミンの利用が大幅に減ったことが分かった。マルチビタミンの他、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなどは、現在の日本と同じように以前は人気のあるサプリメントだったが、2012年までにサプリメントの選択に変化が表れたのだ(※4)。

人気No.1はオメガ3脂肪酸とプロバイオティクス

 一方、人気が上がったのがビタミンD、オメガ3脂肪酸、プロバイオティクスだ。オメガ3脂肪酸は、「DHA・EPA」と言った方が日本人にはなじみのある言葉かもしれない。青魚に含まれる成分だ。

 なぜ、これらが人気なのだろうか。これまでの研究で、魚の脂の成分が心臓発作や他の心血管のトラブルのリスクを抑えることができることや、ビタミンDががんや糖尿病から守ってくれることなどが明らかになっている。また、ビフィズス菌、乳酸菌などが含まれるプロバイオティクスは消化器系に良い(※4)。ただし近年、オメガ3脂肪酸「DHA・EPA」に関しては、食品からの摂取は効果があるとされているが、サプリでは効果不明という学説も発表されている(※5)。

研究結果が明らかになると市場も変化する

 新たな研究結果が日々明らかになることによって、サプリメント市場も変化することが分かった。日本もアメリカのような傾向に将来変わる可能性もあるが、簡単に手に入るからと安易に成分を判断して購入するのは避けたい。

 本当に自分に必要なのはどの成分のサプリメントなのか。サプリは薬ではなく「食品」の分類なので、それ自体の摂取は医師に相談とはいかない自己責任の範疇になる。しかし、持病のある方は処方薬との飲み合わせなどに問題がないか等、気になることは主治医に確認してから判断して頂きたいと思う。

参考・引用

  • ※1:サプリメントとは http://www.skincare-univ.com/article/000536/
  • ※2:『健康食品・サプリメント市場実態把握レポート2015年度版』11月30日に発行 http://www.intage.co.jp/topics/news/20151125
  • ※3:サプリメントの利用(第7回) http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19715/index.html
  • ※4:Americans Are Changing Their Supplements of Choice https://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/vitamin-and-mineral-news-698/fish-oil-is-in-multivitamins-less-so-715731.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 犬を飼っている人は健康に?愛犬が救うこれからの高齢化社会
  • 更年期に頻発する睡眠の悩み 特に月経「前」に注意が必要
  • 元気になるし美味しい!? でも意外に知らないエナジードリンクの体内への本当の影響
  • もっとシェアして! 胃がんはピロリ菌の除菌で防げる一種の感染症
  • 翌日の疲労はそのせいだった!? 9時以降のスマホに要注意
  • 25歳は大人女子の分岐点 自分のこれからに向き合う年齢
  • なぜ世の中は美人だらけにならないのか 魅力的なハエが教えてくれるその答え
  • 大統領候補の健康維持法。あのトランプ氏の運動が「らし」過ぎる!
  • 性的興奮とは無関係 「朝立ち」にまつわる苦労と病気
  • 子どもの野菜嫌いは「においで脳が毒物と判断する」が原因だった!?
  • "夢から得たヒントで大成功"トレーニング次第で可能に? そのトレーニング法をコッソリ公開
  • オリンピック後に多発! 睡眠相後退症候群による不眠は「腸」で治す
  • 「新・関白宣言」? 女性の脳は男性の脳よりマルチタスクの処理に優れている
  • 「出産の際は8人に見守って欲しい」英国の10-20代平均…って誰を呼ぶの? 今話題のCrowdbirthing
  • スギ花粉に“余罪”あり! 肌のバリアーを低下させ荒れの原因に 
  • ストレス時代に森の香りの凄い力を その正体は「セドロール」
  • 「白髪は抜くと増える」は本当か。その対策法で美しい黒髪を手に入れよう
  • 眠る前に、水が飲みたくなるのには理由があった
  • NASAの「26分昼寝」はベストじゃなかった? ならば何分が良いのか
  • 満月はヒトに変化を?月の満ち欠けは子どもの行動と睡眠や牛の出産に影響はあるか?
  • 睡眠薬・睡眠サプリ・睡眠導入剤 それぞれの違いと効果は?
  • 何も悪い所がないのに眠れない…? アロマとツボ刺激のダブルアタックで不眠症緩和
  • PPK(ピンピンコロリ)はホントに理想的な死なのか?
  • 「食べると眠くなる」は都市伝説! 七面鳥は病気を防ぐ超高栄養食
  • 睡眠・快眠に効果のある食材は玉ねぎ!「硫化アリル」が眠気を誘う
  • 夜勤で体内時計を狂わせない方法は「日勤の生活に体内を合わせる」
  • ボードゲームを制す者は人生も制す? 睡眠不足が招いた悲惨な連敗とは
  • 超カンタン「仕事中毒」診断をしてみよう!働きすぎで精神疾患率UP
  • その化粧品、赤ちゃん用品、安全? 仏消費者団体が有害リスクを警告
  • 「食育」の次は「睡眠教育」。世界で、日本で、始まる最先端の取り組み
  • 自宅でのDIY健康診断が命を救う? 口臭・視力・認知症・心疾患…
  • これでもう邪魔されない! 集中するだけでメールも携帯もシャットアウトする未来の凄いテクノロジー
  • しゃっくりに隠れた恐ろしい病気とは? しゃっくりの原因と対策大解剖
  • 暑い時期だけじゃない、食中毒にご用心。予防は"調理者"の"いちいち洗う"から
  • 「睡眠不足自慢=仕事遅い・不幸せ?」 時代遅れの自慢バナシ
  • 「医療観光」。 他のアジア諸国に大きく先を越される日本の現状とは
  • よく聞く「腹式呼吸でリラックス」…でも正しい複式呼吸の方法を知る人は意外に少ない!?
  • 新社会人へ贈る! ビジネスマンに不可欠な「顔と名前の記憶法」
  • 「よく眠れた」は魔法の言葉 思い込みだけでハイパフォーマンスを発揮
  • 時差ぼけ 東京→欧州よりも、東京→北米の方がツラいって知ってた?
  • 牛・象・ライオン 長時間睡眠王者は誰?
  • "夢"って、一体何なんだ!? 古代ギリシャから綿々と続く"夢"へのあくなき探究
  • 最高の昼寝時間は何分?「90分ごとにひと休み」で劇的仕事効率改善
  • 医者の不養生は本当だった! 精神的疾患を抱えているのは実は医師
  • ストレス社会で戦う男性へ。公共トイレでの「小便器」の選び方をマジメに検証