CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

下の子が産まれるとき、上の子にどう伝えるべき?二人目育児で大切なこと

 わが家には8歳の女の子と6歳の男の子がいる。2人は1歳11カ月違いだ。つまり、上の子が1歳11カ月のときに下の子が産まれた。産まれる前3カ月間、産まれた後3カ月間のおよそ半年間は、穏やかで優しい性格のはずだった上の子は人が変わったかのように乱暴者になったことをよく覚えている。下の子が産まれる前は周りにいるお友達を、産まれた後はただただ寝ているだけの赤ちゃんの弟を、たたいたりして乱暴な行為を繰り返していた。

 どうしてこうなってしまったのだろう、どうしたらいいのだろうと、当時かなり悩んだ。保健所や育児サークルなどで相談してみたものの「そういう時期だから」、「仕方ないよ」、「大丈夫」などと言われ、解決策が見つからないまま、気付いたら長女は元の優しい女の子に戻っていた。今になって思うと、この原因は、赤ちゃんが産まれることの伝え方がうまくいっていなかったからではないか。そう思えてならないのだ。

1~2歳児は両親を独り占めできる時間を持つこと

 アメリカの小児科学会は、赤ちゃんが産まれることをうまく伝えるこつ、そして、子どもたちがどのような態度を取るのかは、年齢によって違うと説明。両親はどのように子どもに対応するべきかをまとめた。

 例えば、当時の長女と同じ年齢に当たる1~2歳児について、学会は「まだ、赤ちゃんが産まれることを完全には理解できない年齢だが、赤ちゃんが産まれることをきちんと伝えなければならない」としている。赤ちゃんが産まれるという内容の絵本を読んであげるのも1つの手だとしている。

 お兄ちゃんやお姉ちゃんになるとはいえ、本人もまだ、1歳2歳という小さな子どもだ。まだまだ両親とたくさん一緒にいたいし、注目してもらいたいと思っている。従って、赤ちゃんが産まれた後は、特別な時間を持ってあげると「自分は愛されている」と感じることができるという。例えば、おじいちゃん、おばあちゃんなどに赤ちゃんを預かってもらって、上の子が両親を独り占めできる時間を作ることが大切だ。ちなみに筆者は赤ちゃんが産まれることをきちんと説明した覚えがなく、さらに「独り占めの時間」が足りなかったと反省しているところだ。

2~4歳児に赤ちゃんの存在を伝えるのはおなかが目立ってから

2~4歳児への伝え方が最も難しいのかもしれないと思う。この年齢は、両親にべったりの時期だ。他の誰にも両親を取られたくないと思っているので、赤ちゃんから見ると「脅威の存在」だ。

 だから、赤ちゃんができることを伝えるのはおなかが目立つ妊娠後期になってから、というタイミングが大切になってくる。そして、赤ちゃん用のおもちゃも、まずは子どもに先に使わせて、それから赤ちゃんに渡すことなど、この年齢の子どもには「ちょっと気を遣って…」ぐらいの気持ちの方がうまくいく。

 また、1~2歳児と同じように赤ちゃんが産まれる絵本を読んであげることが大切だ。

小学生はお手伝いを褒めてあげて

 すでに子どもが小学生の場合は、年齢的にも完全な「兄」「姉」だ。従って、最初からそのように扱うことが大切だ。まずは、赤ちゃんが産まれてくることをきちんと伝えることから始まる。そして、産まれる前は新しい肌着やおもちゃを選んでもらうなど赤ちゃんが産まれてくる準備に参加してもらうこと、産まれた後は赤ちゃんのお世話をしてくれたことに対して、きちんと褒めてあげることを忘れないでいただきたい。

赤ちゃんが産まれることを伝える絵本

 子どもが乳児、幼児の時期には絵本を使って、ということだったが、どのような本を選べばよいのか迷うかもしれない。「お姉さん、お兄さんになる絵本」といった、そのような類いの絵本ばかりを集めたサイトもあるので参考にするとよい。保健所や児童館などでも教えてくれる

筆者のおススメは「ちょっとだけ」(瀧村有子著、福音館書店)だ。赤ちゃんが産まれたので、1人でがんばろうとする女の子のお話。でも眠くなったときにはお母さんに「ちょっとだけ」抱っこをお願いするのだ。きっと子どもに読んでいる最中に、思わず、ぎゅっと抱きしめたくなる作品だ。本屋で見かけたら、ぜひ手に取って読んでみてほしい。上にご紹介したようなこまごまとしたポイントが自然と感情から湧き上がってくるのではないかと思う。

参考・引用

  • 参考
    How to Prepare Your Child for a New Brother or Sister https://consumer.healthday.com/women-s-health-information-34/birth-health-news-61/briefs-evergreen-aap-expert-tips-to-prepare-children-for-a-new-sibling-715502.html
  • お姉さん、お兄さんになる絵本 http://www.ehonnavi.net/special.asp?n=61&st=2&pg=1#seriesIndex

WRITER

kix

ARTICLE

  • その会議ホントウに今やる!? 脳科学から見た会議に最適な時間帯とは
  • 統計調査は語る。 睡眠薬の使用で自動車事故のリスクが2倍に
  • インドア派が危ない!? 子どもの骨が曲がる!? 戦後消えたはずの「くる病」が増加中
  • 人間の眠りは複雑怪奇!? CIRCL的「睡眠」の定義 
  • よく眠れない…ベッドの上のアレが原因かも? 片付けが苦手なあなたに送る快眠のカギ
  • すぐにイライラ… 睡眠不足が原因かも? 深すぎるその関係とは
  • 実在するサイト「ドリームバンク」で昨夜のあなたの夢、分析してみませんか?
  • 世界的にも冬が寒い日本。なのに家の中までこんなに寒いのは日本だけ!?
  • そのプラスチック容器「BPAフリーだから安心」? 背後に潜む危険
  • 星空を眺めながら、眠りの世界へ…その名も「熟睡プラ寝たリウム」
  • 小学校低学年、子どもの早すぎる身体の成長に注意 腫瘍の可能性も
  • 欧米では電子たばこが大流行 喫煙しないから安全。それ本当?
  • 石器時代の暮らしが現代の眠りを救うってどうゆうこと?
  • 写真の二重顎にがっかり…でも諦めないで!「ついで」のテクで簡単撃退
  • 眠りの質を最大限に改善するには? 寝室環境見直しのススメ
  • 1000人に1人発症!? デート中に突然眠り始めてしまう障害
  • 植物にもストレスと戦うホルモンが! 葉をちぎった時の"草の匂い"は植物の必死の抵抗だった!?
  • すぐ頭痛になる頭痛持ちさんへ贈る、自分でできる超カンタン頭痛撃退法
  • 睡眠からエボラ出血熱の治療まで!? 素晴らしき暗黒のホルモン「メラトニン」って何だ
  • 「世界に3人」自分のそっくりさん 本当はもっと大勢いた!
  • <夏特集>夏のビールはなぜうまい? ビールの「うまさ」のわけに迫ってみた
  • 睡眠時無呼吸症候群・不眠の改善があなたをうつから救う
  • 日本人は世界的にみてもいびきをかきやすい人種 原因は平たい顔にあり
  • 若い命を守る 飲酒可能年齢は21歳になってからが良い?
  • 赤・ピンク・緑 色とりどりのリボン運動、いくつ知っている?
  • 社会的地位や仕事が見合わない? 高学歴の女性は脳卒中リスク高
  • 幸せ太り? 結婚するとかかりやすい/にくい疾患が変わる!
  • お金・物・名誉では幸せになれない日本人? ミニマリストは幸せか
  • 病気も肥満も性格も腸内細菌次第? 重要なキーとなる日和見菌はどれだ
  • テレビの見過ぎで骨折!? 20歳までの生活が将来の骨密度を左右する
  • 2015年総集ランキング 運動編
  • 「花粉=悪者」でもない!? 花粉が記憶や学習をつかさどる「海馬」を活性化
  • ご当地睡眠事情 あなたの県は何番目によく眠る?
  • セックスレスの原因は睡眠時間にアリ!? 女性はぐっすり眠ると性欲が高まる
  • 永遠の若さの鍵、DNAキャップ「テロメア」 短気な人はテロメアも短い
  • 最低賃金約100円上昇で赤ちゃんの死亡率は4%下がる?
  • <夏特集>夏休み 頭痛を訴える子供に マッサージで体も心も柔らかく
  • 中学時代に勤勉、まじめ、忍耐強かった人は高収入 性格と収入の深い関係
  • 自転車が救世主!? 先進国の共通問題「仕事のストレス」による不眠
  • 夜の間食はNG…分かっているけど止まらない そんな夜にオススメの食べ物を一挙に紹介
  • 脳にはカーナビ機能がある 暗闇でもトイレにたどり着ける理由
  • 更年期に頻発する睡眠の悩み 特に月経「前」に注意が必要
  • 肩こりがヒドくて頭痛まで…オフィスでできる一発撃退!簡単解消法
  • 統計調査で判明 ケンカは「夫婦で同じ時間に就寝」で防げた!
  • ビジネスパーソン必見 休日の寝だめが「眠れない」を引き起こす