CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

脳も健康に?「脳のための」ランニングのススメ

 近所の川沿いのランニングスポットを朝、車で通りかかると、たくさんの人がランニングを楽しむ姿をよく目にする。ランニング人口はこの10年間で1.5倍になった。今では、一時期の大ブームほどではないもの、それでも1000万人近い人がランニングを楽しんでいる(※1)。ランニングを始めるきっかけや続ける理由は人それぞれだが、ランニングをする理由が1つ増えそうな新たな研究結果が明らかになった

ランニングをする理由とは?

 人はなぜ走るのか。ランニング雑誌の出版社が2016年にインターネットで男女約1万3000人を対象に行ったアンケート調査によると、ランニングを始めたきっかけで最も多かったのは運動不足解消だ。次いで、健康のため、ダイエット、ストレス解消――と続く。レースに出場したい、楽しそうだからという理由を挙げている人もいる(※2)。

 走る理由の中に当然ながら「脳」に関するものは1つも出てこない。脳とランニング。あまり結びつかないイメージの2つだが、実は大いに関係あることが分かったのだ。

ランニングは脳にどのような影響を与えるのか

 カナダのオタワ病院とオタワ大学の共同研究チームは、Snf2hというタンパク質が欠損しているため小脳が一般的なマウスよりも小さい特殊なマウスを使って、ランニングが脳にどのような影響を与えるのかについて実験を行った。正常なマウスは寿命が1年以上あるが、このマウスの寿命はたったの25~40日程度しかない。また、体のバランスを取ることも難しいという欠点がある(※3)。

ランニングが脳の神経を強化する

 実験では、ケージの中にホイールを入れて、マウスがホイールを使って走れるようにした。この特殊なマウスをケージに入れて走らせたところ、寿命が1年以上に延びたのだ。また、走らせなかったマウスに比べてバランス感覚も良くなったことが分かった。

 走らせたマウスと走らせなかったマウスの小脳の神経を調べたところ、走らせたマウスでは「ミエリン」という物質が増えていることが分かった。ミエリンは神経線維を覆っている物質で、これがない場合、素早く十分な情報を伝達することはできない。研究チームは、走ったことでミエリンが増え、小脳の神経が強化されたと考えている(※3)。

ランニングは続けてこそ意味がある

 これらはまだマウスの実験の段階であり、ヒトでも同じような結果が見られるのかはまだ分からないが、走ることが脳の“健康”に影響を与えることは明らかになった。今回の実験では走るのをやめると、寿命もバランス感覚も元の状態に戻ってしまった

 あるスポーツメーカーの調査では、ランニングを始めたものの半年以内に挫折した人は7割に上り、継続できている人はたったの3割だという(※4)。ランニング人口は1.5倍に増えたというものの、やめる人も始める人も同じぐらいいる状態が繰り返されているのかもしれない。

脳の健康もランニングを継続しないと効果は得られないとのことだ。ちなみに、音楽を聴いて走ることが継続の秘訣(ひけつ)という調査結果が出ている(※4)。脳のためにも体のためにも、モチベーションを維持する対策をした上でランニングを続けていただきたいと思う。

参考・引用

  • ※1:成人のジョギング・ランニング実施率の推移(1998年~2014年) http://www.ssf.or.jp/research/sldata/tabid/381/Default.aspx
  • ※2:ランナー世論調査2016 https://runnet.jp/project/enquete/2016/result/01.html#q13
  • ※3:Running triggers brain repair and extends life in mouse model http://www.medicalnewstoday.com/articles/313399.php
  • ※4:スポーツの秋にランニングを始めたランナーの68%が6ヶ月以内に挫折した『燃え尽きランナー』継続できているランナーと、挫折したランナーの意外な境界線 http://www.descente.co.jp/column/running_research.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 動物は意外なほど複雑な夢を見ていた! 睡眠中にもペットと絆が深まる方法とは?
  • 睡眠薬を飲むのは嫌!…ならばサプリや食品は? グリシンで不眠解消
  • マリフアナが体内発生? 睡眠不足で「抗いがたい食欲」が止まらない
  • なぜ世の中は美人だらけにならないのか 魅力的なハエが教えてくれるその答え
  • <冬特集>冬こそカレー! 美味しいだけじゃない、カレーがもたらすスゴイ健康
  • 何とスプーン25杯分のものまで!? 温かい飲み物の甘さにご用心
  • 朝食で男女産み分け? 種の生存戦略まで示唆する驚きのプログラム
  • 退屈すると砂糖と脂肪を欲す。 ジャンクフードがもたらす病気と中毒
  • 夜のストレスケアのススメ 体内時計の変化はストレスも原因?
  • 5種類のうたた寝・仮眠で仕事の能率UP!キツいときほど昼寝しよう
  • 肉食動物のライオンやネコ 今流行りの「野菜バーガー」で生きられるのか? ポイントは内臓にあり
  • 働いても働いても貧困状態「ワーキングプア」 生活困窮者の実態は
  • 写真の二重顎にがっかり…でも諦めないで!「ついで」のテクで簡単撃退
  • 日本の子どもの肥満事情「太ってる」この言葉がより子どもを太らせる
  • 「眠れない」をアロマで解消…は本当に効果があるのか
  • チョコを食べないとむしろ体に悪い? 英国で行われた美味しい研究
  • えっ!添い寝ダメなの? 親の添い寝は子どもの睡眠不足の原因に。
  • 眠れないからチョット1杯。睡眠前のアルコール習慣があなたの疲れの原因かも
  • 脳科学からみる、赤ちゃんとお母さんのスキンシップの重要性とは?
  • 号外 今日は世界睡眠デー 乗り遅れるな!日本、世界でコンナコト
  • 食後のエネルギー消費量を増加させる方法 「〇〇する」だけ!
  • ポイントは昼寝!夜に幼児をぐっすり眠らせる方法
  • 生まれ月で寿命が決まる?  秋に生まれた人は長生きできるのはなぜか 
  • NASAが認めた! 部屋に置くべき観葉植物ベスト15
  • 日本発。地球規模の感染症に立ち向かう100円診断キット
  • メタボに朗報! チョコをチョコっと食べると血圧下がるってホント?
  • 女性が特に影響大! 「かくれ不眠」による髪の毛トラブル増加中
  • 家族が風邪ひいた! うつされずに愛情たっぷりの看病をする方法は
  • 不登校原因の多数がコレ。子どもが精神疾患なんて…と考えないで
  • 頭の中で銃声!? 頭内爆発音症候群って?
  • 3Dプリンタはもう古い?自分で形を変える?4Dプリントの花が咲く
  • 眉の描き方ひとつで「目の大きさ」と形が自由自在に? 科学論文が明らかにしたメイク術
  • 妊娠中のハイカロリー食はひ孫の代まで影響する? 驚きの最新研究
  • 米国で熱視線!ふわっふわのクラウドブレッドで美味しくダイエット?
  • エコノミー症候群を防ぐ! 座りながらできるストレッチ大公開
  • 驚き! スポーツによる足裏への衝撃で貧血に!?
  • 緊急事態「ジカ熱」男性が感染源にも? 妊婦だけの問題じゃない。
  • あなたの髪の毛が語る…生活習慣の乱れ
  • 子どもの頃貧乏だった人の方が長生きできる!? 所得と健康の深い関係
  • 「よく眠れた」は魔法の言葉 思い込みだけでハイパフォーマンスを発揮
  • 絶対寝坊できないアノ職業人に学ぶ 朝が辛い人へ贈る究極の方法!
  • <秋特集>行楽シーズン到来…なのに少し歩くだけで足の裏が痛くなって辛い。どうすれば良いの?その原因と対処法を紹介
  • 10代の女子は要注意 化粧品の成分で生殖機能に異常?
  • 女性が男性より不眠・睡眠障害を多く抱える理由。 答えはホルモンに
  • 「この人の名前忘れた!」を防止 脳構造で考えるかなりユニークな方法