CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

ホルモンの影響?男性と女性には性欲のピークにずれがある

 男性は7時54分、女性は23時21分。いったいなんだ? まるでなぞなぞのようであるが、れっきとした統計データである。皆さん、何の時間か想像つくだろうか? 意外な統計データの裏側を探ってみよう。

アダルトグッズメーカーが調べたこととは?

 この調査結果を発表したのはイギリスのアダルトグッズメーカー。そうなると多少予想がつくかもしれない。最初に出した時間、答えはセックスをしたくなる時間である。イギリスの2300人を対象にした調査の結果、このような時間になったということである。男性は意外に朝に欲求が高まるようだ。

男性と女性には性欲のピークにずれがある

 男性が朝早めの時間に性欲が高まるのに対し、その時間に性欲が高まる女性は11%だけであるという。女性の性欲は日中徐々に上がり、23時から深夜2時くらいに最も高いレベルになるようだ。しかし、その時間に性欲のピークが来る男性はわずか16%。男性と女性の性欲にこれだけ時間的なずれが生じるのはなぜなのだろうか(※1)。

男性が朝型である理由はテストステロン

 そこにはホルモンが影響している可能性が高い。男性ホルモンであるテストステロンは朝に濃度が最も高まるという日内変動がある(※2)。これが男性の朝の性欲につながっている可能性がある。
 また、日本の調査では、20代の男性は明け方に性欲が高まる傾向にあるという調査結果が出ている(※3)。20代は男性ホルモンが非常に活発な時期。つまり、テストステロンが強い人ほど、朝に性欲が高まるのかもしれない

女性は快眠ホルモン、メラトニンで性欲が高まる?

 女性の場合はどうだろう? 女性の性欲にはメラトニンが深くかかわっているという。このメラトニンは暗くなってくると高まってくるホルモンで、眠気を起こし、睡眠サイクルに重要なホルモンだ。しかし、メラトニンは女性の性欲を上げる働きもあるという(※4)。女性は睡眠前に最も性欲が高まる生き物であるようだ。

離婚の原因に性欲のタイミングも影響?

 この調査では、同じような性衝動のタイミングを持つ男女がうまくいく傾向にあるという。また、男女とも6割以上の人が性欲のタイミングが違う人と付き合ったことがあると答えている(※1)。離婚原因に性の不一致を挙げる人もいるようだが、このタイミングの違いも一つの原因になるかもしれない。夫婦でこの違いを頭に入れておくといいかもしれない。

なぜこのような時間のずれができているのか、その理由は定かではない。子孫を残すことだけを考えれば、男女の性欲のタイミングは一致する方がいいだろう。合理的な考えだけではうまくいかないのが、男女の関係ということなのだろうか。男性読者の皆さん、女性との関係を円満にするためには、23時21分を覚えておいてほしい。

参考・引用

  • ※1:Study Determines The Exact Ideal Times For Men And Women To Have Sex http://www.barstoolsports.com/newyork/study-determines-the-exact-ideal-times-for-men-and-women-to-have-sex/
  • ※2: 順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科HP http://juntendo-urology.jp/examination/mens_health/
  • ※3: セックスしたくなる時間を男女で調査!「朝」を好むのは… http://sirabee.com/2016/03/13/96848/

  • ※4: 女性の性欲 「35~45歳の10年間がピーク」と婦人科医解説 http://www.news-postseven.com/archives/20110831_29750.html

WRITER

Daisuke Goto

ARTICLE

  • 都市伝説? 健康のために人間の血を飲む人たちは本当に存在するのか
  • ステロイド治療に終止符?アトピー性皮膚炎、ワセリンが発症を予防か
  • 飲み過ぎないための最強の方法はコレだ しかも科学的なお墨付き!
  • まさに「着るレントゲン」!その場で腰痛リスクを知らせるウェア 介護現場などにも活用
  • つけるだけで視力回復コンタクト「オルソケラトロジーレンズ」って?
  • カラダづくり―くびれ編
  • 仕事始めの朝にはしょうが湯を! 正月ボケからいち早く抜け出す方法
  • <秋特集>お風呂シリーズ:半身浴が良いのはなぜ? 熱いお風呂やシャワーではダメ?
  • 両親が遺伝的に似ていないほど、子どもの身体も頭も優れている…は本当だった
  • 中年は不幸でうつも多い? 50〜54歳は人生の満足度と幸福度が最低
  • かざすだけでカロリー・アレルギー・添加物が分かるアイテムが間もなく発売?
  • 最新技術利用の赤ちゃん靴下が救う? 世界一困難な「親」という仕事
  • 「知ったつもり」に要注意! 女性がもっとも多く発症する癌「乳がん」をもっと身近に
  • クラシック=眠くなる は本当? 眠れない人必見!睡眠と音楽の深い関係
  • アメリカの離婚事情 夫がフルタイムの仕事を失うと離婚したくなる?
  • <秋特集>知っている? 漫画のように「温泉でぐいっと一杯」…は死と隣り合わせ
  • 11月8日は「いい歯」の日! 80歳でも固い酢ダコを楽しめる…睡眠と歯の健康の知られざる関係
  • 「夜中に目が覚める」…の対処法 魔法のパウダー簡単レシピ公開!
  • 外国では赤ちゃんは一人で就寝。 その深い理由とは?
  • 唾液検査で死期が分かる? 最新の研究が明らかにしたがんとの関連
  • 鼻づまりで眠れない、夜中起きてしまう…ツラい鼻づまりでも快眠を得る2つの方法
  • 就寝時間差1時間=体重5〜7Kgの差!? 睡眠は超楽チンなダイエット
  • シフト勤務が病気の原因に 食事時間を一定にすることでリスクを抑制
  • 「ラブレ菌」はニキビや腸内環境の改善に効果が期待できる
  • セックス上手はビジネスも上手だった コミュニケーションが勝利の鍵
  • 快眠のカギは「寝る2時間前を50ルクスで過ごす」 ところでこの50ルクスってどんな光?
  • 外より家の空気が汚い!? 日本でも年間4万人が室内空気汚染で死亡
  • あなたの「眠れない」はテクノストレス不眠かも? スマホにご注意を。
  • 軽症の睡眠時無呼吸症候群(SAS)に。マウスピース改善
  • 来日外国人観光客はどこで眠る? 大阪・西成が今バックパッカーに大人気
  • 日本人に多い過ち「眠れぬ夜に寝酒」が体を痛めつけている
  • 「明るい夜」の功罪? アルゼンチンの狩猟民族に見る自然光の睡眠効果
  • <秋特集>「雪山で寝るな」は知ってるけど…まさかの軽い登山でも遭難多発。遭難時にどう生き残る?
  • 日本のゲストハウスがイケてる!と外国人観光客にブーム
  • 日本のサラリーマン「月曜に心筋梗塞」ほかの曜日より30%も多かった
  • 思春期の難しい子どもをチャレンジ精神溢れる大人に育てる方法は
  • 2015年総集ランキング 育児編
  • 自転車が救世主!? 先進国の共通問題「仕事のストレス」による不眠
  • だから美容製品は売れるのか… 美容広告を見た時に女性に起こる悲しい心理とは
  • "年をとると筋肉痛が遅れてやってくる" のウソとホント
  • 子どもの頃貧乏だった人の方が長生きできる!? 所得と健康の深い関係
  • 不眠に効果抜群、荒療治?「眠ってはいけない」環境で眠れるように
  • 動物の冬眠メカニズムで SFのようなよみがえりが現実に?
  • 脳も健康に?「脳のための」ランニングのススメ
  • ゴキブリが災害時の人命救助に役立つ? 米国大学の新たな取り組み