CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

薬指が長いと浮気をしやすい!?医学的な根拠を持つ「指の長さ占い」とは

 世の中にはさまざまな占いがある。意外に知られていないようだが、手相や四柱推命など多くの占いは統計学だという。同じような手相を持った人や同じ生年月日の人に多い特徴を統計学に分析して、そのデータを占いに来た人に当てはめているということである。では、統計学だけではなく、医学的な根拠を持つ占いがあるのはご存じだろうか? それが「指の長さ占い」である。

オックスフォード大学とノーザンブリア大学の共同研究

 かの有名なオックスフォード大学とノーザンブリア大学が生み出したのがこの指の長さ占いだ。名前を聞けば信頼できそうなのは分かるだろう。この占いで見るのはいたって単純で、人差し指と薬指の長さを比べることである。イギリス人とアメリカ人合計600人のデータから、統計学的にそれぞれの特徴が分かった(※1)。

人差し指と薬指が長い人それぞれの特徴とは

 600人のデータから分かった特徴は以下のとおりである(※1)。
人差し指が長い人の特徴
・運動が不得意
・言語的な記憶力が高い
・不安障害や抑うつになりやすい

薬指が長い人の特徴
・運動が得意
・空間認識能力が高い
・ADHD(注意欠如多動性障害)や自閉症になりやすい

テストステロンの濃度が影響するという医学的なデータ

 ではなぜそうなるのか、それが医学的な話である。

人差し指と薬指の発達、実は男性ホルモンの影響を受けているのである。胎児期と生後に男性ホルモンであるテストステロンが多いと、薬指が長くなるということが分かっている。つまり、人差し指が長い人はテストステロンの影響が少なく薬指が長い人はテストステロンの影響が大きいのである。

 そしてテストステロンが多いと運動が得意であり、空間認識能力が高いという男性の特徴が出て来る(※1)。また、テストステロンが減少すると、抑うつや不安障害を引きこす。男性の更年期障害と言われるものに抑うつや不安障害が起こるのはこのためである(※2)。一方で、テストステロンが高いとADHDや自閉症を引き起こしやすいというデータも出ている。

 つまり、指の長さによってテストステロンの強さが分かり、その影響を受ける特徴を言い当てることができるというのが、指の長さ占いの正体である。

 そして、もう一つのデータとして、薬指が長いと浮気をしやすいという可能性があると研究チームのPintzka博士は述べている(※1)。こちらもやはりテストステロンが関係しているようだ。男性はもちろんのこと、女性の性欲にもテストステロンがかかわっている。実際に、海外では女性の性欲増強のためにテストステロン補充療法が行われているという。
 一方、浮気をしにくいのは人差し指と薬指の長さが同じ人だという。これに関しては、なぜかは不明である(※1)。

統計と医学に基づいた指の長さ占い、他の占いよりも信頼度は高そうに思う。占いなので信じる、信じないについては、それぞれの解釈にゆだねるが、会話のネタにはなりそうだ。自分の恋人やいいなと思う人の指のチェックをしてみよう。相手の薬指が長い場合には男女問わず、注意が必要かもしれない。

参考・引用

  • ※1:What do YOUR fingers say about you? Digit length may reveal if you are likely to be athletic, anxious or depressed http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3835971/What-fingers-say-Digit-length-reveal-likely-athletic-anxious-depressed.html
  • ※2:働き盛り世代を襲う男性更年期障害 男性ホルモン低下が招く多様な症状 http://www.nippon-shinyaku.co.jp/healthy/male_urinaryorgans/male_menopause.html

WRITER

Daisuke Goto

ARTICLE

  • 通販でも畳マットは手に入る! 今すぐ欲しくなる畳のスゴイ効果
  • 視覚障害者のQOL劇的改善になるか 米国でウェアラブル3Dメガネが登場!?
  • アメリカの離婚事情 夫がフルタイムの仕事を失うと離婚したくなる?
  • 湯加減が睡眠に影響 ◯度以上のお風呂は不眠の原因にも
  • アメリカの睡眠事情「眠らない」州はどこだ?
  • 栄養学から見る食事「うなぎと梅干し=悪い食べ合わせ」に根拠ナシ!
  • 眠れない夜 ベッドで寝ながら刺激できる3つの「快眠のツボ」
  • あなたは短時間睡眠でOK? 早起きできないのは遺伝子のせいかも
  • <新年特集>今年の干支に学ぶ「長生きしたいならカロリー制限を」のウソ・ホント
  • 著名人も実践 朝活のハードルを下げるとっておきの方法
  • 皆の謎。ダイエットで運動…なぜいつも少し経つと体重減少が止まる?
  • 動物は意外なほど複雑な夢を見ていた! 睡眠中にもペットと絆が深まる方法とは?
  • 産後うつ?分娩トラブルによる死亡より多い「妊産婦の自殺」を食い止めろ
  • 米国退役軍人の睡眠障害が深刻 戦場での死亡者より多い帰国後の自殺者
  • ダイエット中なら女子会より合コン? 無意識でここまで違うカロリー摂取量
  • 子どもの野菜嫌いは「においで脳が毒物と判断する」が原因だった!?
  • セックスのない愛 世界に広がる「無性愛(アセクシャル)」とは?
  • 発見のきっかけは京都の食べ物だった!「ラブレ菌」ってなに?
  • 人間を悩ます「不安」を科学。睡眠障害やうつ病も引き起こすその正体とは
  • 問題。「白米 VS 玄米」快眠に良いのはどっち?
  • 野球観戦が認知症予防になる?西武ライオンズと大学の共同研究が開始
  • 睡眠中の大地震に備える。 生き残るために必ずやっておきたい準備
  • 九州で今秋からドローン救急医療、検証開始!
  • 睡眠でダイエット? 寝不足は人間を太らせる
  • 死亡事故最多は「みずがめ座」?警察のデータから見る交通事故と星座との関係
  • 2016年はバーチャルリアリティー元年 これで世界はどう変わる?
  • 時折テレビで紹介される"ごみ屋敷"…その原因は睡眠にアリ?
  • 「クレプトマニア」 整形手術後に万引の衝動が抑えられなくなる?
  • 朝が辛い…早起きできないあなたに贈る、絶対に?寝坊しない方法
  • 睡眠薬なしで寝られるようになった!「認知行動療法」で不眠症を克服
  • 読者限定!? 科学的に証明された見るだけで集中力がUPする画像
  • カップ一杯で男性力を取り戻す?精力コーヒー「スティッフブル」が米国で大流行
  • 日本の悪しき伝統「寝る間を惜しんで」。睡眠以外の脳力UP方法は?
  • 電車内。最高に気持ち良い「こっくりこっくり…」をするためのTIPS伝授!
  • 危険!「鉄分は多く摂れば良い」は間違い。がんや死亡率と大きく関連
  • なぜ世の中は美人だらけにならないのか 魅力的なハエが教えてくれるその答え
  • <冬特集>安くてうまくて、心も体もヘルシー 庶民の味方「おでん」に新種登場!?
  • 退屈すると砂糖と脂肪を欲す。 ジャンクフードがもたらす病気と中毒
  • ラッコはどうやって眠る? 可愛すぎるその眠り方に胸キュン
  • 子どもの頃貧乏だった人の方が長生きできる!? 所得と健康の深い関係
  • "眠気"がメジャーリーガーのパフォーマンスと将来を大きく左右していた
  • 子どもが高熱で幻覚、異常行動? 「高熱せん妄」に注意を!
  • やっぱり外見重視か。男は高身長、女はスリムが人生得してる?
  • 3Dプリンタはもう古い?自分で形を変える?4Dプリントの花が咲く
  • 女性がか弱いなんて大嘘? インフルエンザにかかりにくい=女性に軍配