CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

赤ちゃんをチャイルドシートで眠らせるのは危険?

 赤ちゃんの安全のために使用するチャイルドシート(ベビーシート)。ベビーベッドでは眠らない赤ちゃんが、車でドライブをするとスヤスヤと眠ってくれるという話を耳にすることは多い。

 しかし、アメリカでは、2歳以下の乳幼児がチャイルドシートで眠っている間に窒息死をしたという事故が何件も報告されている(※1)。大切な我が子を守るため、親はチャイルドシートで乳幼児が眠っているときの危険について、しっかりと理解しなくてはいけない。

 今回は、チャイルドシートに乗せた 新生児の心臓と肺の動きについて、英ブリストル大学で行われた 最新の研究結果を 紹介しよう。

なぜチャイルドシートで眠るのは危険なのか?

 研究に参加したのは出生から平均13日目の新生児40人。うち19人は正期産児で21名が早産児、平均体重は2.5kgだった。実験では、時速約50kmで走行している車の振動を再現できるシミュレーターを使用。水平から40度の角度に取り付けたチャイルドシートに新生児を30分間乗せ、心臓と肺の働きの変化を調べた。

 その結果、実験中に数名の新生児の心拍数が上がり、急激に血中酸素濃度が低下したことが判明した。これは、走行の振動で新生児が前かがみになることで気道が圧迫され、正常な呼吸ができなくなったからだ。新生児は頭を支える筋肉の発達が不十分なので、ドライブ中の振動で前かがみになってしまうと、自力で頭を適切な位置に戻すことはできない(※2)。

赤ちゃんの前かがみを防ぐチャイルドシートの取り付け方

 日本小児科学会では、新生児用チャイルドシートは後部座席に設置し、後ろ向きに水平から約45度の角度に取り付けるようにとしている。この角度は、赤ちゃんが前かがみになって気道が圧迫されるのを防ぐためだ(※3)。

 しかし、新生児が使うチャイルドシートは、体重10kgまでの乳幼児に使用可能とされている。体重が1.8kg~2.5kgの低出生体重児や早産児には大き過ぎ、前かがみを防ぐ機能のあるチャイルドシートを取り付けても、ドライブ中の振動で頭が下がってしまうのを防ぐのは難しい。

抱っこで子供の命は守れない

 イギリスの研究結果は、法律で定められたチャイルドシートの使用を決して否定するものではない。研究を行ったブリストル大学のピーター・フレミング教授も、「大人に抱かれている状態の乳幼児は、急ブレーキがかけられれば死に至ることもある。また、交通事故の衝撃で、乳幼児を抱いたままでいられる人はいない。だから、チャイルドシートは絶対に使用するべきだ」と警告している(※2)。

月齢にあったものを正しく取り付けることが大切

 日本では、6歳未満の子供にはチャイルドシートの使用が法律で義務付けられている。6歳未満の子供がチャイルドシートを使わず車に乗っていた場合、交通事故での死亡率は、チャイルドシートを正しく使用したときの約25.7倍という調査結果も出ているのだ(※4)。

 赤ちゃんを大人が抱っこして車に乗せたり、月齢に合ったものでないチャイルドシートの利用、または、取り付け方を間違えたチャイルドシートに乗せたりして車を走らせることが、どれだけ危険かはお分かりだろう。

ドライブ中の赤ちゃんの安全を守るために

 親にとって、赤ちゃんが安心して眠っている時間はつかの間の休息だ。けれども、チャイルドシートで赤ちゃんが眠っているときは、チャイルドシートに乗せているからと安心してはいけない。特に2歳以下の乳幼児は、必ず同乗者の大人が後部座席のチャイルドシートの隣に座り、頭の位置や呼吸などの状態を常に確認するようにしてほしい。

参考・引用

  • ※1:Hazards Associated with Sitting and Carrying Devices for Children Two Years and Younger. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25917769
  • ※2:MailOnline Health fears over letting babies sleep in car seats http://www.dailymail.co.uk/news/article-3820586/Health-fears-letting-babies-sleep-car-seats-Newborns-slump-forward-blocking-airways.html
  • ※3:日本小児科学会 提言:車での安全な移動について―子どもの場合 http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/080702_teigen.pdf
  • ※4:警察庁 子供を守るチャイルドシート https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/childseat/
  • 参考:SUNDAY EXPRESS Warning as 31 babies killed by car seats: Holders can be ‘lethal’ for sleeping tots  http://www.express.co.uk/news/uk/621160/Car-seats-babies-killed 

WRITER

Loa

ARTICLE

  • キリンは何時間眠る?驚愕、動物の平均睡眠時間
  • 切タイマーで9割が中途覚醒!睡眠時は28度のエアコンつけ放しがベスト
  • <夏特集>エアコンをめぐるクールでホットな“エアハラ” 職場や家庭で勃発中!
  • 睡眠・快眠に効果のある食材は玉ねぎ!「硫化アリル」が眠気を誘う
  • 妊娠中のハイカロリー食はひ孫の代まで影響する? 驚きの最新研究
  • 高血圧・心臓発作予備軍は猫と暮らそう? 猫と病気のスゴイ関係
  • 手紙のススメ 今だからこそ「ここぞ」で手紙が生きてくる
  • 「野菜と果物は健康に良い」は本当か 20年越しの研究が示す真実とは
  • 今年は申年! ベッドで熟睡…猿は良質な睡眠のプロだった
  • 不安を感じにくくなる? 筑波大学がホルモン分泌メカニズムを発見
  • 睡眠に満足している人も要注意!「睡眠不足症候群」とは
  • 香りで病気を防ぐ 森の香りフィトンチッド・アロマ自然のカラダケア
  • なぜ、人間社会は「一夫一妻制」になったのか?
  • そのプラスチック容器「BPAフリーだから安心」? 背後に潜む危険
  • 街角でセクシーナース が下着の中を検査?そこには重大なメッセージが…
  • 女子サッカー界のレジェンド、澤選手が実践していたヘアケアとは?
  • 社長の5人に1人はサイコパス?驚くべき統計結果
  • 母の遺伝子が寿命を決める? すぐにできる抗老化 睡眠と食事
  • 昼寝のススメ2 昼寝のベストはなぜ15分? 
  • ネットの読み込み中に眠くなるのはなぜ? イライラと眠気の意外な関係
  • 日本人は世界的にみてもいびきをかきやすい人種 原因は平たい顔にあり
  • 皮肉な結果…長時間労働で仕事満足度は向上。一方でメンタルは増加
  • ズルい!? 高身長の新たなメリット発見 「高い空間認識力」
  • 夜悪夢にうなされる子ども、寝言の多い子ども 寝室のアレが原因かも?
  • 働く女性に朗報!女性向けお昼寝カフェまとめ
  • なぜ、ぽっこりおなかの人は生活習慣病になりやすいのか?
  • 未来の究極のダイエットは腸内細菌を「移植」!? 今夜からできる細菌の移植方法とは
  • アンチエイジングにゴマが効く? 小さなゴマの大きな力で美と健康を
  • 死亡事故最多は「みずがめ座」?警察のデータから見る交通事故と星座との関係
  • 大事な商談を控えた出張時に使いたい あなたのパフォーマンス最大化をサポートするカンデオホテルズ
  • 紫外線の悪影響は美容だけではなかった! 傷の治りにも影響
  • 遺伝子検査は夢の医療か? 最先端、米国に見る医療現場の戸惑い
  • 「高齢出産はハイリスク」のなぜ カギとなる物質を日本の研究機関が発見
  • 夢の装置の出現はいつ? 「徹夜勉強VS記憶定着」のジレンマ解消か
  • <冬特集>「歩く肺炎」? マイコプラズマ肺炎に注意!
  • 世界の珍しい保存食を紹介 日本のアレはケタ違いの保存期間だった!
  • セレブに流行の「グルテンフリーダイエット」に待った!? 超重要な栄養素を欠く可能性アリ
  • もし世界中の女性が母乳育児をしたら82万人/年の命が助かる…!?
  • 植物にもストレスと戦うホルモンが! 葉をちぎった時の"草の匂い"は植物の必死の抵抗だった!?
  • 知っていた!? 睡眠時間6時間で徹夜後と同じ脳のパフォーマンス
  • 今夜は蒸し料理で決まり! 夕食の「食材と調理法」で睡眠の質アップ!
  • 事故や認知症による記憶の喪失に光。逆に楽しい記憶を人工的に植え付けることが可能に!?
  • 衣類に付いたたばこの臭いで健康被害!? 「
  • 健康と快眠に効果。新ルールは「納豆は朝じゃなくて夜食べる」!
  • 技術はここまで進んだ!発展途上国の救世主となるか、iPhoneでマラリア診断が可能に