CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

ウイルスは朝型?体内時計は免疫機能にも大きな影響

 体温、血圧、ホルモン分泌など、生体活動のありとあらゆるリズムを調整している体内時計。最近、ケンブリッジ大学などでの研究で、ウイルス感染は朝に起こりやすいことが示された。私たちの免疫機能も、体内時計に大きな影響を受けているようだ。いつまでも若く健康に過ごすためには、体内時計の仕組みを知ることが必須といってもいいかもしれない。

パンデミックを予防する新たな方法とは?

 日中の活動によって傷んだ細胞や、紫外線によって傷つけられた遺伝子は、睡眠中に修復される。また、成長ホルモンの働きによって、体の種々の細胞が再生され、免疫力が高まる。傷が治ったり風邪が治ったりする――いわゆる「自己治癒力」――を促すのが成長ホルモンであり、睡眠である(※1)。免疫力が高まるということは、がんにもなりにくくなるということだ。

 また、ケンブリッジ大学の研究で示された、ウイルス感染は朝に起こりやすいという事実は、私たちのウイルスに対応する免疫機能の働きは朝低いということであり、それだけでなく、ウイルスの増殖機能は朝高いことを示唆している。このことは、ウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)を予防する新たな手立てとなる可能性がある。

睡眠不足 その深刻な影響とは?

 睡眠は、私たちの疲労した脳や体を休息させ、回復させる。睡眠不足だと元気がなくなったりイライラしたりするが、睡眠不足の長期化でそれが積み重なると、取り返しのつかない大問題を引き起こすことにもなる。

 例えば、次のようなトラブルが挙げられる(※1)。

・脳機能がうまく働かなくなり、記憶力、判断力、問題解決力などが低下する
・精神的不安定になり、うつ病などの精神疾患になることがある
・高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病にかかりやすくなる
・免疫力が低下し、がんや感染症になりやすくなる
・内蔵の働きが低下する
・肌が荒れる
・老化が促進される

 このように、睡眠が私たちのライフスタイルに与える影響は計り知れない。常日ごろから睡眠に対する意識を高めることで、生き生きとした健康な生活が送れることは間違いない。

不規則な生活が及ぼす影響はとても大きい

 私たちは、地球のリズムに合わせて24時間の生活リズムで生活をしている。体もそのようにできていて、血圧、ホルモン分泌、睡眠・覚醒リズムなども、24時間の規則正しい“体内時計”を持っている。

 しかし、昼夜問わず活動的な現代社会において、このリズムは乱れがちだ。すると、睡眠障害だけでなく、高血圧、肥満、糖尿病といった生活習慣病のリスクや、免疫力の低下によるがんや感染症のリスクも大きくなる(※2)。不規則な生活が及ぼす影響はとても大きく、決して軽視できるものではない。

参考・引用

  • ※1:長生きの健康常識はウソばかり 根来秀行
  • ※2:睡眠医療プラットフォーム http://sleepmed.jp/platform/entry17.html

  • 参考:Proceeding of the National Academy of Sciences of the United States of America(PNAS). Cell autonomous regulation of herpes and influenza virus infection by the circadian clock Rachel S. Edgar., et al. http://www.pnas.org/content/early/2016/08/10/1601895113

WRITER

Hashimoto.M

ARTICLE

  • 睡眠障害の背後には胃液逆流症の影!? 放っておけないその関係
  • 「秋冬に美白ケア中断」で生涯損失なんと66万円も!?
  • 24時間サイクルは生物が生き残る術だった! 進む「体内時計」研究
  • 「制汗剤でがんになる」? 単なる都市伝説か、噂の真相はここに。
  • 夫婦円満の秘訣は快眠だった? 不眠で夫婦喧嘩リスクは2倍になる!
  • つけるだけで視力回復コンタクト「オルソケラトロジーレンズ」って?
  • 座る時間と死亡リスクは比例する! デスクワーカー必見の対処法とは
  • 食事の時間・食事内容が体内時計を狂わす原因に どんな食事がNG?
  • 1日で眠っちゃいけない時間帯がある!? 睡眠禁止ゾーンはどこだ
  • ズルい!? 高身長の新たなメリット発見 「高い空間認識力」
  • 睡眠時間の減少ついに止まる 睡眠教育で変わるか日本人の特異な意識
  • 犬を飼っている人は健康に?愛犬が救うこれからの高齢化社会
  • まぶたのけいれん…単なる目の疲労? 統計が明かす「仕事への不満」
  • 切タイマーで9割が中途覚醒!睡眠時は28度のエアコンつけ放しがベスト
  • 「金髪女性はおバカ」は本当か 実際にIQをはかってみた
  • 睡眠不足と日常パフォーマンスの関係。ヒントはイルカにあり?
  • 快眠のカギは「寝る2時間前を50ルクスで過ごす」 ところでこの50ルクスってどんな光?
  • 不規則な体内リズムは不調のもと! 狂った体内時計のリセット法5つ
  • ドーピングしてまで勝ちたい!…だけじゃない悲しいドーピング事情
  • 寝かせ方、禁煙、母乳育児…乳幼児突然死症候群(SIDS)を防止する方法
  • 不眠に効果抜群、荒療治?「眠ってはいけない」環境で眠れるように
  • 寝ながら体のゆがみ矯正!? 寝る前にベッドで実践するだけで体の痛みを軽減できる簡単ストレッチ
  • 昔の人は一日の眠りを2分割していた!睡眠事情から見る昔の生活とは?
  • 日本の快挙が続くリオ五輪 料理で学ぶ開催国ブラジル
  • ジムは敷居高い、という方に朗報 公営スポーツセンターが最近熱い?
  • 男性不妊治療開始のきっかけに? iPhoneで精子検査「Seem」
  • 夏真っ盛り! 体内時計はこの暑さで動きが変わるのか?
  • 頭痛を軽減させたい!オフィスで今すぐできる対処法 プチ体操
  • 写真の二重顎にがっかり…でも諦めないで!「ついで」のテクで簡単撃退
  • レム睡眠=夢を見るだけではない レム睡眠の意義を日本人が解明
  • 無くなるまで髪の毛を抜いてしまう…「抜毛症」とはどんな病気?
  • 再生医療の未来 手足の再生は夢じゃない?
  • イランの若者は何で幸福を感じる? 日本とイランの意外な共通点
  • 眠る前に、水が飲みたくなるのには理由があった
  • 離婚率が下がる?夫婦のための月1回デートのススメ
  • 光で時差ぼけ防止 出張族や旅行好きの方に朗報 ガジェット続々登場
  • 「ため息」はもはや悪者ではない!意図的につけばモチベーション向上に
  • パンダの赤ちゃん誕生も? 発情期をコントロールできる技術誕生
  • <年始特集>箱根駅伝 山の神を目指すランナーの難敵「低体温症」
  • 今すぐ恋人や家族を熱くハグしたくなる! オキシトシンで医者いらず
  • 運動神経の決め手は脳のGPSだった
  • 睡眠欲が泉のように湧き出る…? 世界に比類なき最高の睡眠「ビーチ編」
  • ストレスより脅威? 睡眠不足で風邪をひくリスクは何と4.5倍!
  • 出産してないのに!? 「10人に1人のパパがマタニティーブルーになる」のナゼ
  • <秋特集>知っている? 漫画のように「温泉でぐいっと一杯」…は死と隣り合わせ