CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

アメリカでは死亡例も!子どもに絶対飲ませたくないあの飲み物

 近年、日本でも人気のあるエナジードリンク。ここぞという頑張りどきや、徹夜が必要なときに飲む人も多いだろう。しかしこのエナジードリンク、小さい子どもが飲まないように注意されたい。

子どもがエナジードリンクを飲んでしまうとどうなる?

 アメリカのウェイン州立大学等の研究グループは、エナジードリンクの誤飲事故について、次のことを発表した(※1)。エナジードリンクに関する報告で、6歳未満の子どもに心臓や神経の重大な症状がみられたものが4割以上だった。子どもが意図せずに飲んでしまったケースは約4割だった。

 そのほかの国でも、エナジードリンクによっていらだちや不安などの症状が出ているとの報告がある(※2)。

エナジードリンクに警告はあるけれど

 エナジードリンクにはカフェインが多めに含まれており、海外のものではアルコールの一種であるエタノールが含まれているものがある(※1)。そのため、通常エナジードリンクの商品ラベルには子どもや妊婦が飲まないように注意書きがされているものだ。

 その一方で、エナジードリンクの見た目は缶ジュースのようであり、子どもが誤って飲んでしまうことは十分ある。さらに、注意書きそのものは決して目立つように記載されていないために、子どもに試し飲みをさせてしまったというケースもあるかもしれない。

エナジードリンクによる子どもの死亡例も

 アメリカではエナジードリンクによって子どもが死亡した例もある。亡くなったのは14歳の少女で、彼女は24時間のうちにエナジードリンク2本を摂取したという。死因はカフェイン中毒とされており、少女の遺族はメーカーを相手取り裁判を起こしたそうだ。

 少女が飲んだエナジードリンクはカフェイン量にすると480㎎で(※3)、コーヒーに換算すると約8杯分に値する。この量を多いととるか、少ないととるかは個人差があるかもしれないが、カナダや韓国が成人の1日のカフェインの最大摂取量を400㎎としていることを考えれば(※4)、子どもにとってはかなり多い量となる。

大人も注意したい!エナジードリンクを飲む量

 エナジードリンクに注意すべきなのは、子どもだけではない。心臓や血圧に問題がある人は、飲む量に注意した方がよいだろう。

 そもそもエナジードリンクは無理して体にエンジンをかけるようなもの。エナジードリンクを子どもが誤って飲まないように注意するとともに、大人もエンジンがかかりすぎたあまりに、命まで失わないように気をつけたい。

参考・引用

  • ※1:Cinnamon Challenge leads to poison control calls, ER visits in U.S.
    http://www.cbc.ca/beta/news/health/cinnamon-challenge-leads-to-poison-control-calls-er-visits-in-u-s-1.1326553 
  • ※2:Energy drinks do as much harm as drugs: Ban them from schools, urges health expert http://www.dailymail.co.uk/news/article-2542769/Energy-drinks-packed-sugar-caffeine-dangerous-drugs-banned-schools-government-adviser-warns.html
  • ※3:AFPBB News カフェイン過剰摂取で少女死亡、遺族が栄養飲料製造会社を提訴 http://www.afpbb.com/articles/-/2908471?pid=9720273&utm_source=yahoo&utm_medium=news&utm_campaign=txt_link_Tue_p1
  • ※4:東京都食品安全FAQ コーヒーを飲むと胎児に影響があると聞きましたが、本当ですか? http://food-faq.jp.net/modules/faq/?action=Detail&faqid=50

WRITER

harappa

タグ

ARTICLE

  • 睡眠は選手の力を伸ばす!MLBヤンキース今年の秘策は「朝練禁止」
  • 疲れる、眠れない…不眠の解消法「朝日を浴びて朝食」が体をリセット
  • 日本国内の梅毒感染が急拡大中! その症状・治療法・予防法とは?
  • 自転車が救世主!? 先進国の共通問題「仕事のストレス」による不眠
  • 絶対寝坊できないアノ職業人に学ぶ 朝が辛い人へ贈る究極の方法!
  • 熟睡するための瞑想法 簡単4つのリラックス方法
  • 実は解明されていない「麻酔薬が効くメカニズム」
  • 木登りやサッカー? 大人の記憶力が50%もアップするスゴイ運動
  • <冬特集>毛布は掛け布団の上?下? 素材によって違うその正解
  • 妊婦さんのマニキュアは要注意? 有害物質が爪から体内に
  • <新年特集>今年の干支に学ぶ「長生きしたいならカロリー制限を」のウソ・ホント
  • 「制汗剤でがんになる」? 単なる都市伝説か、噂の真相はここに。
  • 夜勤勤務の女性にケアを。男性に比べパフォーマンスや気分に大きな差
  • ビールは社会の潤滑油!飲酒がヒトに与える影響とは
  • 誰にも起こるSFのような事実。自分の中に別人の臓器や意思が存在?
  • 時間ストレスを感じる女性たち 睡眠時間や自分時間づくりが日々を充実させる
  • 子どもの野菜嫌いは「においで脳が毒物と判断する」が原因だった!?
  • カンガルーのポケットに学んだ子育てお助け装置 クラウドファンディングで資金調達中
  • 「水槽で泳ぐ魚を見る」だけでよく眠れる!? 心拍数も脳波もリラックス状態に。
  • これがなければ年を越せない?縁起だけじゃない、超健康食品「そば」の力
  • BMIで肥満度計る、はもう古い?肥満大国アメリカの最新算出法とは
  • セックス上手はビジネスも上手だった コミュニケーションが勝利の鍵
  • 歩き方から攻撃性が分かる?危険人物かどうか見極めるには
  • 眠れない人は眠らなくてよい…と言うより眠っちゃダメ!? 注目の睡眠制限療法とは
  • 「森の中を歩いていたら…」 8つの質問で分かるあなたの本当の心理 
  • 寝ても寝ても眠い、異常な眠気に襲われる ひょっとすると「過眠症」かも?
  • 日本人の連続受賞で再注目間違いなし!? 謎だらけの"嗅覚"の解明でノーベル賞
  • 朝が辛い…早起きできないあなたに贈る、絶対に?寝坊しない方法
  • 加齢で忘れっぽく…を防ぐために今から鍛えるべきは「脚」のナゼ
  • 夫婦円満の秘訣は、睡眠スケジュールを〇〇にすること?
  • 1月31日は愛妻の日! 夫婦間の満足度 男女に大きな隔たり
  • 「朝のこわばり」リウマチの関節の痛みに体内時計が影響
  • 意外と知らない「虫の眠り方」
  • おばあちゃんの知恵「風邪をひいたらネギを首に巻く」は本当だった
  • 出張すると眠れない!解決法は?
  • お金・物・名誉では幸せになれない日本人? ミニマリストは幸せか
  • 外国人観光客泣かせの和式トイレ、和式スタイルに秘められた意外な健康効果とは?
  • 子どもに多い「爪かみ」 原因は親子関係にあり? 
  • いよいよ千葉大病院で実用化間近 オンラインで不眠症を根本から克服
  • 飲酒による死亡リスクは、飲む量よりも「運動習慣」が重要
  • 健康にとらわれすぎて不健康に… 今注目の「オルトレキシア」とは
  • 新緑の京都で至福の眠りを 「ねむり展」でよく学び、よく眠ろう
  • 脳科学からみる、赤ちゃんとお母さんのスキンシップの重要性とは?
  • <秋特集>睡眠時間6時間未満でなんと「4倍」も風邪をひきやすく
  • 猫とヨガをするスタジオ!? 思わぬ効果で人気上昇中