CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

セックスの経験人数はどれくらい?男性と女性で違うウソの傾向

 お酒の席や親しい友人との間で盛り上がるテーマのひとつが、ずばりセックスの話題。当人でないと知りえないテーマに、他人は興味津々だ。たとえば、よく話題に上がるのがセックスの経験人数。しかし、口にした人数と実際の人数は必ずしも一致するものではないようだ

セックスの経験人数で男性と女性がつくウソ

 アメリカのオハイオ州立大学で、セックスの経験人数について学生を対象にした調査が行われ、次のような結果が得られた(※1)。
・ヒアリング調査を行ったところ、セックスの経験人数は男性の平均は2.85人、女性の平均は2.7人だった。
・同じ質問に対してダミーの嘘発見器を使用したところ、男性の平均は1.96人、女性は3.35人に変化した。

 結果を見てみると、セックスの経験について男性は多めに、女性は少なめに答えているということが分かる。ちなみに、ダミーの嘘発見器を使用するのは、本物と思わせることで真実を引き出しやすくするためのテクニックだそうだ。

男性が見栄をはってしまうのはなぜなのか?

 セックスの人数について、男性が多めに申告する傾向があるのは、相手より優位に立ちたいという気持ちによるものだろう。アンケート調査によれば、女性の初体験の相手は全世代を通して、年上の男性が多くなっており(※2)、セックスが初めてであればなおさら、相手にリードしてもらいたいと思っているようだ。

女性が経験人数のサバを読む原因

 一方の女性はセックスの経験人数を多めに言えば、ワンナイト・ラブなどの衝動的なセックスの存在が垣間見えてしまう。古くから世界的に女性に貞操観念が求められてきたのも影響をしているのかもしれない。また、経験豊富な女性に対して男性が委縮してしまうということを、女性陣は熟知しており、女性ならではのあざとさがうかがえる。

男性も女性も、相手の理想をよく知っている

 今回の調査で、男性も女性も相手が理想とするセックスの経験人数を十分理解していることが分かった。しかし、男性の経験人数が多いと箔がつくと考えられている一方で、女性の経験人数が多ければ、ふしだらな印象を与えてしまう傾向にある。

 セックスはオープンになっているものの、セックスに関する偏見については昔と変わらないのかもしれない。

参考・引用

  • ※1:R25  嘘発見器で判明!経験人数、男は約1人水増し、女は… http://r25.jp/relationship/00052919/
  • ※2:相模ゴム工業株式会社 日本のセックス http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/experience_sex.html

WRITER

harappa

ARTICLE

  • それでも「寝てない自慢」続けますか?睡眠で得られる効果は多すぎる
  • 眠りのダーウィン「進化論」 効率的な眠りこそが生き残る?
  • 世の女性に朗報! いつまでも若々しい肌でいられるかも がん研究からの発見とは
  • 「私とスマホ、どっちが大事!?」 プチ断食が関係崩壊を救う!
  • あなたは今幸せですか? 「幸せな日本人」は10人に1人もいない現実
  • 不眠症の経済損失は年間11兆円以上! コスト削減策の第一は治療
  • デートなのに顔がむくんでる!そんな時の救済策 今すぐできる顔のむくみ撃退法
  • その体の不調、実は小麦アレルギーかも?グルテンフリーの食生活とは
  • 長い睡眠時間は健康に悪影響 何時間が
  • 避難生活での「眠れない」。睡眠に役立つTIPS紹介
  • 3Dプリンタはもう古い?自分で形を変える?4Dプリントの花が咲く
  • 衝撃。「007はアルコール依存症」“性的ミッション”も遂行不能?
  • フケや抜毛の徹底防止? オシャレ女子の正しい髪の洗浄法
  • 春の新挑戦シーズン!新しいスポーツへの挑戦が大人の脳も成長させる
  • 抗生物質の削減に世界が動く!安易な薬品使用が人類存続の危機を招く
  • よく聞く「腹式呼吸でリラックス」…でも正しい複式呼吸の方法を知る人は意外に少ない!?
  • かぶって寝るだけで熟睡 ハイテク帽子「スリープシェパード」
  • 蜂蜜・お茶・ビールのホップ 天然の抗菌スーパーフードで体を守る!
  • 「寝言に答えると夢から覚めなくなる」は都市伝説?
  • ある遺伝子が「体内時計の乱れ=がんの発生率」まで決めていた!?
  • 子どもの誤飲事故 ボタン電池には特に注意!
  • 飲酒の後によく眠る方法
  • 「心の健康なくして、健康なし」 2016年を元気に過ごす極意
  • 大黒柱になることは男性の健康に悪い!?夫婦二馬力のススメ
  • イスラム教徒の食事、ハラル食品 訪日外国人激増で整備急務
  • 赤ちゃんは胎内でも味を覚える にんじん嫌いを防ぐには妊娠中から!
  • <夏特集>:カラダづくり―胸板編
  • 「キラキラネームは深夜受診が多い」!? 波紋を呼ぶ医学論文発表
  • なぜ、野球選手はゲーム中にガムをかむ?そこに秘められたスゴイ効果
  • 街角でセクシーナース が下着の中を検査?そこには重大なメッセージが…
  • タブーにするべからず 9割のトップアスリート「月経で悪影響あり」
  • 「花粉=悪者」でもない!? 花粉が記憶や学習をつかさどる「海馬」を活性化
  • NASAの科学者が開発した「ベスト」着るだけダイエット アナログ過ぎるけど効果は抜群?
  • 「よく眠れた」は魔法の言葉 思い込みだけでハイパフォーマンスを発揮
  • 流産・早産の恐れアリ。妊婦さんの睡眠時無呼吸症候群(SAS)に要注意
  • 台所のスポンジ並みに汚い!? ネイルアートの爪の下は細菌だらけ
  • 昔の人は一日の眠りを2分割していた!睡眠事情から見る昔の生活とは?
  • 科学が明かした最強の勉強術 黙々と勉強、は一番ダメ。5感を駆使して学習を
  • 夏までに食べ物で皮膚を強化しよう ヨーグルトが紫外線から肌を守る
  • 1日で眠っちゃいけない時間帯がある!? 睡眠禁止ゾーンはどこだ
  • 運動による筋肉痛とまったく違う「風邪で筋肉痛」 その治し方は?
  • デンマークに登場。海の上を永遠に歩き続けることができる橋ってどんな橋?
  • 日本人と欧米人で脳が違う? 母国語で変わる脳内ネットワーク
  • 夏場のウィルス性胃腸炎に注意!身近なハーブでツラい胃腸炎に対処