CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

トイレの便座より汚い!オフィスのパソコンは菌の宝庫

 インフルエンザが流行する季節になると「手洗い・うがい」の言葉を頻繁に耳にする。インフルエンザだけではなく、感染症の予防のためには「手洗い・うがい」が一番というのは、小さな子どもでも知っている常識だ。

 さて、今回は、パソコンが相当汚いという話だ。どれぐらい汚いかというと、トイレの便座より汚いということなのだが…。手洗いの常識が変わるかもしれない。

どのタイミングで手を洗う?

 感染症予防のための手洗い。1日のうちで、どのタイミングで手洗いをすると決めているだろうか。「外から帰ったら」「食事の前」「トイレの後」――。こうしたタイミングで洗う人が多いのではないだろうか。

 専門家も手洗いの適切なタイミングとして、これら3つはもちろん、それ以外にも、「人混みから出た後」「調理前」「動物に触った後」「ごみに触った後」「くしゃみや咳(せき)を手で押さえた後」を挙げている(※1)。なるほど、確かに、という項目だ。

 しかし、これらにもう1つ、追加すべき項目があるのだ。

パソコンのキーボードやマウスからトイレの〇万倍の細菌が!

 アメリカのITトレーニングサイト、CBTナゲットはオフィスのデスク周りにあるさまざまな機器がどれぐらい汚れているのかを調査した。それによると、パソコンのキーボードからは1平方インチ当たり354万コロニーの細菌が見つかった。これは、皆さんが汚いと思っているであろうトイレの便座の2万倍もの菌の量に相当する。マウスは1平方インチ当たり137万コロニーで、トイレのレバーハンドルの4万倍もの量だ。

スマホからも病原菌が数多くみつかった

 ショックかもしれないが、肌身離さず付けているあなたのスマホも相当汚い。1平方インチ当たり160万コロニーだ。この何万コロニーという中から食中毒の原因にもなる大腸菌などや、呼吸器の感染を引き起こす可能性のあるレンサ球菌など、あなたの体を侵しかねない病原菌が数多く見つかったのだ(※2)。

パソコン仕事しながらサンドイッチ…やってない?

 忙しくて外にランチに行く時間がないとき、パソコンを触りつつサンドイッチを食べて仕事を続けたり、パソコンを触りつつスナック菓子をつまんで資料作りをしたり…。これ、やっている人、多いのではないだろうか。

 パソコンのキーボードから手にうつった細菌は、サンドイッチやスナック菓子とともに体内へともぐり込んで行くのだ。極端な話をすれば、トイレの便座よりも汚い場所で仕事をしているのと同じことなのだ。

パソコン後の手洗いが大切

 では、どうしたらいいのだろうか。そう、手洗いだ。先ほどの手洗いのタイミングの項目の中に、「パソコンを使った後」を入れていただきたいのだ。また、パソコンを使ったら、手を洗うことを習慣にしてもらうとともに、パソコンそのものを清潔にしておくことが大切だ。OA用のアルコールを含んだウエットティッシュなどがさっと拭けて便利だ。市販されているので手に入りやすい。

 パソコンは毎日、使うものだ。清潔に保ち、「パソコンに感染症をうつされた」と、そんなことのないようにしていただきたい。

参考・引用

  • ※1:手洗いの正しい方法とタイミング http://www.skincare-univ.com/article/010911/
  • ※2:Why your office could be making you sick: Keyboards 'contain 20,000 MORE bacteria than a toilet bowl' http://www.dailymail.co.uk/health/article-3838418/Why-office-making-sick-Keyboards-contain-20-000-bacteria-toilet-bowl.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 中高生の保護者必見 10代の「なぜか肩が凝って痛い」は自律神経の乱れかも
  • 世の女性に朗報! いつまでも若々しい肌でいられるかも がん研究からの発見とは
  • 認知症患者も宇宙飛行士も救う? 最先端がLEDで体内時計・睡眠を調整
  • ふくらはぎの血管がボコボコ、血管が網目状に…下肢静脈瘤という病気かも その原因と対策は
  • <秋特集>ブルマはなぜ導入され、なぜ消えたのか その意外な歴史に迫る
  • 不眠に効果 ツボ・アロマ・ハーブ・食べ物 睡眠薬を使わない解消法
  • 2016年はバーチャルリアリティー元年 これで世界はどう変わる?
  • いびき博士と呼ばれた男、池松武之亮氏 1万人のいびきを収集
  • 「睡眠に悩みながらも対策していない」が大半…老若男女に睡眠調査
  • 泊まれる本屋がある! 本を読みながら至福の寝落ち
  • ダイエット中もお肉を食べたい方必見! かなり意外なお肉カロリー対決
  • 日本中が沸いたラグビー そういえば、「魔法の水」はなぜ消えた!?
  • 石器時代の暮らしが現代の眠りを救うってどうゆうこと?
  • 誰でも夢は毎晩何度も見る。ではなぜ夢は「変で論理的でない」のか?
  • <夏特集>「熱中症の常識」それ本当? ウソ・ホント◯付け
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)にも効く? 身近な食品6種でいびき改善
  • 美容と健康の大敵「活性酸素」は睡眠中ほとんど生成されない
  • 「子どもにお酒一口味見」が将来の大量飲酒や薬物使用の引き金に
  • 夜悪夢にうなされる子ども、寝言の多い子ども 寝室のアレが原因かも?
  • 「ラブレ菌」はニキビや腸内環境の改善に効果が期待できる
  • 世界に広がるレジ袋削減運動。マイバッグ=エコに疑問の声も
  • 眠れない夜にやりたい超簡単、不眠に効くストレッチ 
  • ポイントは昼寝!夜に幼児をぐっすり眠らせる方法
  • 残業で女性は不健康に、男性は健康に!? ショッキングなデータ公開
  • 環境ホルモンも一緒に食べている? ファストフードの注意点
  • 仕事中毒は精神障害を併発?あなたの中毒度、記事内でチェックします
  • その鍛え方間違ってない? 正しい方法・睡眠・栄養で筋肉隆々に!
  • 病気の治癒や予防にも。 ガーデニングで快眠を 
  • 脳死患者の意識回復も夢ではない? 脳の覚醒スイッチが見つかった!
  • 「明るい夜」の功罪? アルゼンチンの狩猟民族に見る自然光の睡眠効果
  • 頭の中で銃声!? 頭内爆発音症候群って?
  • 事故や認知症による記憶の喪失に光。逆に楽しい記憶を人工的に植え付けることが可能に!?
  • 睡眠障害による損失を無くせ! 従業員の睡眠をモニタリングする企業続々
  • クラシック=眠くなる は本当? 眠れない人必見!睡眠と音楽の深い関係
  • おねしょの病気、「夜尿症」がすぐに治せるかも? エジプトで研究中の磁気を使った治療法
  • 「コーヒーナップ」で午後のパフォーマンスを上げる!昼寝前にコーヒーのすすめ
  • 気持ちよすぎる? 熟睡できる住まいは木の家。中でも無垢材が最高
  • 長時間通勤があなたを苦しめる? 通勤を楽しんでしまえばツラくない
  • パパママ必読。 5歳までの睡眠がその子の心と体の将来を決める
  • 離婚率が下がる?夫婦のための月1回デートのススメ
  • 「目薬後は目をパチパチ」は間違いだった! 意外に多い薬の服用法
  • 猿の温泉、湯冷めしないの? 「安心してください、毛がありますよ!」
  • 二日酔い防止に最適! ナシの二日酔い予防効果が科学的に立証された
  • 植物にもストレスと戦うホルモンが! 葉をちぎった時の"草の匂い"は植物の必死の抵抗だった!?
  • ウィルスや菌すらも「記憶」する!? 深い睡眠が脳の本当のチカラを呼び覚ます