CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

眠る前に、水が飲みたくなるのには理由があった

 眠る前になると喉が渇くので、水やお茶を飲むのが習慣になっているという人も多い。お風呂に入ったので喉が渇くのだろうと思っていたが、どうもそれだけではないようだ。

 眠る前に喉が渇くのは、体に水分が不足したので水分補給するという理由ではなかった。睡眠中に体の水分が不足するのを予防するために、脳が水分を摂取させていたのだ。

寝る前になると喉が渇く

 カナダのマギル大学医療センターで、脳の修復と総合神経科学を研究しているチャールズ・ボーク氏らは、睡眠前の喉の渇きと脳の神経システムに関する研究を科学雑誌ネイチャーのオンラインで 発表した。

 ボーク氏らの研究によると、睡眠前に喉が渇き水を飲みたくなるのは、睡眠前に脳の体内時計が喉が渇いているように感じさせるためだ、ということが明らかになった。

 睡眠前に実際に水分不足に陥っているためではなく、睡眠中に水分が不足するのを防ぐために、脳が睡眠前に喉の渇きを感じる神経を刺激して水を飲むように仕向けているようだ。

げっ歯類たちが睡眠前に水分を摂取するのはなぜ?

 科学者たちはこれまでにも、哺乳類のリスやネズミ、ヤマアラシなどのげっ歯類は、睡眠前の2時間の間は、水分摂取量が急増することを知っていた。
ボーク氏らの研究では、この行動は脱水などの生理的な理由によって引き起こされているのではないことを、明らかにした。それならば彼らは、なぜ水を飲むのだろうか?

マウスの睡眠前に水の摂取を制限してみた結果は…

 その理由を調べるため、マウスの睡眠前に水の摂取を制限してみた結果、睡眠から目覚める頃になると、マウスがかなりの脱水症状を起こすことが分かった。睡眠前に水分をたくさん摂取するという行動は、健康に必要な水分量を維持して、睡眠中に脱水症状を起こさないための予見行動だったのだ。

喉の渇きのメカニズムを解明

 次に研究者たちは、起きているときに喉の渇き反応を起こすメカニズムを探した。脳には、喉の渇きのセンサーとしての役割を果たしているニューロンがある。そのニューロンと概日周期を制御する脳の領域が、通信し合うのではないかと研究チームは考えた。

 それには、脳の部位であるSCN(視交叉上核)が生成する神経ペプチドのバソプレシンが、重要な役割を果たしていた。脳の体内時計を刺激した結果、その部位でバソプレシンが放出されていることが確かめられたのだ(※1)。

就寝中のために水分をしっかり補給しよう

 この研究はマウスでの研究だが、ヒトの睡眠前の喉の渇きの理由を説明できる、と研究者らは考えている。この発見が、時差ぼけや体内時計の調整に応用できる可能性もあるようだ。

 そして何よりも、就寝前に喉が渇くのは気のせいではないことが、はっきりした。水が飲みたくなるのは、脳からの睡眠中の脱水を防止するためのシグナルだったのだ。

 人は、就寝中には約コップ1杯の汗をかくとも言われている。就寝前には、就寝中の脱水防止のためにも、忘れずに水分をしっかり摂取するようにしよう。

参考・引用

  • ※1:MNT http://www.medicalnewstoday.com/releases/313186.php
  • 参考:nature http://www.nature.com/nature/journal/v537/n7622/full/nature19756.html

ARTICLE

  • 熱いキスのプレゼントはなんと…虫歯、歯周病にエイズウィルスまで?
  • 時間がない人は必見!睡眠を見直して1日を長くする方法
  • 不妊の原因の半分は男性にアリ。精子を増やす遺伝子を発見
  • 子は親を見て育つ 親のスマホ依存症は子どもに伝染する
  • 離婚率が下がる?夫婦のための月1回デートのススメ
  • 「性感染症の検査結果をFAXで」は嫌! 病院検査の結果通知は何がいい?
  • 若者vs高齢者、どっちが幸せ? 幸福感のカギは”知識”にあり
  • 今夜から結果が出るかも? 体内時計は腸内フローラと食生活で変わる
  • 米国で進む 小児がんの苦しみや辛さを和らげるセラピードッグの研究
  • 年齢に見合った生き方「ウェルエイジング」の根幹は胃腸の〇〇にある?
  • 20代でも認知症!? 他人事じゃない「若年性」今すぐできる自己診断法を紹介
  • 英語学習、ビデオ教材は遠回りかも 日本人の言語処理は変わってる?
  • 将来のリタイア年齢は100才!? 年金問題解決のカギはどこに
  • 脳も健康に?「脳のための」ランニングのススメ
  • タトゥーやアートメイクをしているとMRI検査を受けられない...は都市伝説か?
  • あなたとパートナーの関係は大丈夫? ケンカの多いカップルに肥満の影
  • 家庭が崩壊する前に… 眠ったままセックスをするという睡眠障害
  • 元気になるし美味しい!? でも意外に知らないエナジードリンクの体内への本当の影響
  • 心理戦でジャンケン必勝 まず初めに出すべきはどの手?
  • 「寝言に答えると夢から覚めなくなる」は都市伝説?
  • 何度も運動の継続に失敗している方必見!継続のTIPSを4つお教えします
  • <夏特集>われた腹筋、くびれたウエストをつくるための最強簡単筋トレ
  • 子どもは手指、大人は食べ物がカギ? 「知能の伸ばし方」講座 
  • 体内時計を意識した健康的な生活。ナチュラル・エイジングのススメ(後編)
  • 眠れない・不眠に効果のある飲み物とは?超すっぱいあのジュース
  • 視覚障害者のQOL劇的改善になるか 米国でウェアラブル3Dメガネが登場!?
  • 実は解明されていない「麻酔薬が効くメカニズム」
  • 男女の共同作業は難しい!? 脳レベルで同調できない男と女
  • 世界が驚き「inemuri(居眠り)」は日本独特の非常識な文化?
  • 昔のてんかん治療 「海馬」が無くなると人はどうなるのか
  • デンマークに登場。海の上を永遠に歩き続けることができる橋ってどんな橋?
  • 熟睡するための瞑想法 簡単4つのリラックス方法
  • 女性がか弱いなんて大嘘? インフルエンザにかかりにくい=女性に軍配
  • 日本発。地球規模の感染症に立ち向かう100円診断キット
  • 「人はなぜ眠るのか」? その大いなる疑問を斬ってみた!
  • 死亡率を4倍に跳ね上げる恐怖の生活習慣 気づかずあなたも…?
  • 名門ケンブリッジが科学で明かした。辛い朝にすっきり目覚める20曲
  • 実在するサイト「ドリームバンク」で昨夜のあなたの夢、分析してみませんか?
  • 体が硬くて何が悪い!…て実は本当に悪いの、知っていた?
  • もっとも睡眠障害に苦しむ人は男性の経営者? 性別・職業別睡眠調査
  • 合コンネタにいかが? 人間以外の動物の睡眠方法が面白すぎる
  • 匂いを感じる仕組みの解明でノーベル賞。 人の嗅覚は訓練によって鍛えられる!
  • 尿酸=痛風だけじゃない!尿酸が教える腸の異常
  • 就寝時間差1時間=体重5〜7Kgの差!? 睡眠は超楽チンなダイエット
  • 「高濃度」では見逃す可能性も!マンモグラフィーを受ける前に知っておくべきこと