CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

セックスのない愛 世界に広がる「無性愛(アセクシャル)」とは?

 「アセクシャリティ=無性愛」という言葉、ご存じだろうか? これ、もしかすると世界で急速に広がっているのかもしれない。既婚率のみならず、恋人がいる人の割合や、性体験の経験率などが軒並み低下し続けている日本。その原因は、単に社会や生活様式の変化など、ヒトを取り巻く環境の変化ではなく、ヒトそのものの変化である可能性も考えられる。

日本では性的な活動が低下中

 2016年9月に公表された厚生労働省の出生動向調査によると、18歳から34歳までの未婚者のうち性体験を経験したことのない人の割合は男性で42%、女性で44%にもなっている。また、交際相手がいないと答えている人も男性で7割、女性で6割にも達している(※1)。男性が草食化しているとか、他の娯楽が増えたことが原因などとも言われているが、果たしてそれだけが原因なのであろうか。

「アセクシャリティ=無性愛」とは?

 その要因の一つとして考えられるのが、他人に対して恋愛感情や性的欲求を持たない「無性愛者」の増加であるという(※2)。無性愛者とは肉体的な性的に人を好きになることを体験しない人のことで、「Asexuality」「Asexual」アセクシャルまたはエイセクシャルと称される。また、その中で人と関わりの持ち方は多岐にわたり、多くの無性愛の人は恋愛的に人を好きになる気持ちを経験しているが、性的に行動に出る必要を感じてはいないというのが特徴である(※3)。

イギリス人の1%が「無性愛者」

 1990年代に行われた18,000人のイギリス人を対象とした調査では、無性愛者が1%程度いるという結果になった。そして、その7割は女性である。無性愛者の数は徐々に増えていると推測されている。

 無性愛者は、普通に恋愛感情のある人から理解されないどころか、自分が無性愛者だと気づいていない可能性すらあるという。周りからは、単に好きになれる人と会ったことがないだけだと言われたり、自分はゲイやレズビアンなのではないかと思ったりしている人もいるという。

無性愛者になる原因は今のところ不明

 無性愛者になるのには、どういった要素があるかはいまだに解明されていない。ただし、「性嫌悪症」などのように後天的な体験が主な原因ではないようだ。現在のところ、遺伝的なものや出生前のホルモンによる脳への影響、性ホルモンの不足などが考えられているが、どの人にも当てはまる原因は発見されていない

 実はこの無性愛は虫やげっ歯類、羊などでも確認され、研究もされているが、無性愛の究明のためにはさらなる研究が必要であるという(※2)。

ヒトそのものが急速に変化している?

 少子化対策として、社会の整備の必要性が叫ばれているが、動物が子孫を残すために必要な性欲を持たない人が増えているとすれば、まずは「無性愛」の原因追及が最優先となるだろう。また、セクシャルマイノリティについては偏見や誤解に生きづらさを感じる人も多く、非常に繊細な問題なのも事実だ。

 テクノロジーの発達に伴って急速に変化しているのは、社会だけではなく、ヒトそのものなのかもしれない。そして、お互いを受け入れる寛容な世の中であってほしいとも切に願う。

参考・引用

  • ※1:厚生労働省 第 15 回出生動向基本調査 第Ⅰ部 独身者調査の結果概要 http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_gaiyou2.pdf
  • ※2:I have never felt sexual desire http://www.bbc.com/future/story/20160621-i-have-never-felt-sexual-desire
  • ※3:AVEN http://www.asexuality.org/home/
  • 参考:中日新聞  「無性愛者」誤解しないで http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/popress/love_and_sex/CK2013011602000186.html
  • 参考:Anthony Bogaert, Brock University – Asexuality Studies http://academicminute.org/2015/01/anthony-bogaert-brock-university-asexuality-studies/
  • 参考:HEMPELS Liebe ohne Sex https://www.hempels-sh.de/fileadmin/user_upload/magazin_pdf/2015/HEMPELS_227.pdf

WRITER

Daisuke Goto

ARTICLE

  • 女性用コンドームは女性が主体になれる避妊具!…だが注意点も多数
  • 旅行中の「胃腸トラブル」 野菜・フルーツ・水分で対策を!
  • 豆電球をつけて寝ると肥満症のリスクありって、ホント?
  • ナウシカのメーヴェ遂に完成 人間の大空飛行は科学的に無理なのか
  • 睡眠不足や人間関係に影響!頻繁すぎる携帯メールはストレスの元
  • 東京大学が発見 体内時計のリセットと維持に酵素が深く関係!
  • その疲労感と不安感…栄養ドリンクが犯人かも? 大量の砂糖とカフェインのダブルパンチ
  • 将来の自立に影響。「今夜は一緒に寝たい!」赤ちゃんから思春期の子どもの心の声に耳を澄まして
  • ハイヒールは歯ぎしりのもと…歯ぎしりが及ぼす恐怖!?
  • その一口ちょっと待って!たった1日の暴飲暴食で睡眠の質が劇的悪化
  • 「セックス時計」は男女真逆! 男の「今日は疲れたから…」は正しかった!
  • 「貧乏ゆすり」名誉挽回の日も近い!? オフィスワーカーの死亡率を下げる優れた「運動」だった
  • 不眠症への簡単な対処法 短期睡眠行動療法 BBTIで解消?
  • 夫婦、カップルは1人で寝た方がいい? 2人で寝た方がいい?科学的な根拠を探してみた
  • ハンモックが睡眠障害の救世主? 揺れがもたらす最上の眠りとは
  • 背が高いほうが得なの? 世界各国地域によって様々なモテ身長
  • 春の新挑戦シーズン!新しいスポーツへの挑戦が大人の脳も成長させる
  • 秋の大統領選を睡眠切り口で見る!トランプ氏の失言は睡眠不足が原因?
  • 感動するなら現実的な絵画?神経学からみた芸術鑑賞のススメ
  • 病院内にワインバー!? 患者のQOLを重視した方針を採る病院が増加中
  • 疲労困憊ママに朗報 夜起きて泣く赤ちゃんにかまうべからず!?
  • 「よく眠れた」は魔法の言葉 思い込みだけでハイパフォーマンスを発揮
  • 酒・たばこ・ストレッチ 眠れない夜の原因と改善方法
  • <秋特集>行楽シーズン…なのに外反母趾が痛む。でも病院へ行くほどでもない…すぐにできる簡単ストレッチ法
  • <夏特集>なりたい美脚は身近にある。やってみよう美脚生活。
  • 関節にまつわる都市伝説 "関節を鳴らすと骨が太くなる"のホントのところ
  • 世界的にも冬が寒い日本。なのに家の中までこんなに寒いのは日本だけ!?
  • 経済損失なんと5兆円!睡眠不足がもたらす日本の悲劇
  • 眠れない夜の「羊が一匹…」 は効果があるのか? の謎が今解明!
  • 新春・初夢占い! 当たるも八卦、当たらぬも八卦
  • 睡眠中、1晩の歯ぎしりで一生分の咀嚼ダメージ!?その原因と治療法
  • もし世界中の女性が母乳育児をしたら82万人/年の命が助かる…!?
  • 絶対寝坊できないアノ職業人に学ぶ 朝が辛い人へ贈る究極の方法!
  • その体の不調、実は小麦アレルギーかも?グルテンフリーの食生活とは
  • 「花粉=悪者」でもない!? 花粉が記憶や学習をつかさどる「海馬」を活性化
  • まるで人肌…? 超進化系、極上コンドーム "GELdom"
  • 難局は寝てから考えろ! 睡眠不足のリーダーには「失格」の烙印?
  • 春先に多く発生 整体院に駆け込む患者さんに見るめまいや吐き気
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法 CPAPって?
  • 非モテの原因は睡眠不足だった!? 不眠で服装と外見に明らかな差
  • 森には不思議な力。森林浴で自然のストレス・うつ・睡眠状態の改善も
  • 出張すると眠れない!解決法は?
  • <夏特集>部活シーズン真っ盛り。全身が痛くなる子どもが増えるのはなぜ?
  • 数年後に現れる恐怖の「隠れジミ」 カロテンを含むジュースで撃退!
  • アメリカで画期的なプログラム。「仕事と家庭どっちを取るの?」…この葛藤があなたの睡眠を奪っていた