CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

「犬は人間のパートナー」に納得!ヒトと犬で共通する遺伝子があった

 「犬は人間のパートナー」というが、犬にもそれぞれ性格がある。怖がりの子、フレンドリーな子、やんちゃな子・・・・・・。狼から現代の犬への進化の過程でヒトとの距離を縮めてきた犬だが、その進化の過程で何が起きているのだろうか? その一つの可能性として、ヒトとの距離感を決める遺伝子が発見された

ヒトとの距離感を決める遺伝子

 今回分かったその遺伝子は、26番目の染色体に存在するSEZ6Lという遺伝子。この遺伝子の中に、ヒトとの距離が近く、身体的な接触をする時間を長くとりたがるような犬に共通する遺伝子情報が含まれているということが分かった。言ってみれば、ヒトとの社会性を高める遺伝子が発見されたのである。

ヒトと犬に社会性を決める共通の遺伝子

 この発見をしたのがスウェーデンのリンショービング大学の研究チーム。彼らは190頭のビーグルの遺伝子を、SNPタイピングという方法を使い解析した。その結果、上で紹介したような、ヒトとの社会性が高い犬に共通の遺伝子を発見したのである。

 さらに驚くべきことに、同じ染色体領域にある遺伝情報に、ヒトの社会性を決めるものと同じ遺伝子があった。つまりヒトと犬で社会性を決める遺伝子が共通していたのである。

ヒトの社会性障害の解明につながる可能性

 そしてこの遺伝子の中には、ヒトの自閉症や青年期のADHD(注意欠如・多動性障害)に影響する遺伝子も含まれていた。この研究を行ったイエンセン博士は「もし、この遺伝子が他の種の犬でも確かめられたら、ヒトの自閉症などの社会性障害について解明することにつながる可能性がある」と語っている(※1)。

腸内細菌が犬の性格に影響

 では犬の性格は遺伝子が決めてしまうのだろうか? 実は犬の性格に関しては他にも面白い研究がある。こちらは同じ北欧のフィンランドにあるヘルシンキ大学の研究。

 この研究チームは、同じ食事を食べさせているジャーマンシェパードで、異常に活発な性格の子とそうでない子の血液成分を比較した。すると、異常に活発な子では、血中のトリプトファン代謝物の濃度が低いことが分かった。この代謝物は、腸内細菌がトリプトファンを分解しないと作られないことが分かっている。つまり、腸内細菌の違いにより、異常な活動性がもたらされたと考えられる。

犬の性格とヒトのADHDに共通するもう一つの要因

 さらに、その異常な活動性のある犬では、ヒトのADHD患者と同じく血中の脂質レベルが低いことも分かった(※2)。やはりヒトのADHDとある種の性格を示す犬には共通した要因がいろいろあるのかもしれない

 犬はヒトのパートナーとして数千年の歴史を持つ。昔は狩猟犬や牧羊犬として、今は警察犬や盲導犬、災害救助犬などとして、さまざまな分野でヒトのために働く犬も少なくない。もちろん、犬を飼うことは我々に癒やしを与えてくれ、セラピードッグとして活躍する犬もいる。それだけではなく、今回の実験のようにヒトの病気の解明にも、犬は貢献してくれるのかもしれない。共通の遺伝子を持った犬との関係が、ヒトにもたらすメリットは非常に大きい

参考・引用

  • ※1:Genomic Regions Associated With Interspecies Communication in Dogs Contain Genes Related to Human Social Disorders http://www.nature.com/articles/srep33439
  • ※2:Canine hyperactivity reflected in the blood count https://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-10/uoh-chr100416.php

WRITER

Daisuke Goto

ARTICLE

  • アップルiOSの新機能「Night Shift」で睡眠改善するか
  • 頭痛を軽減させたい!オフィスで今すぐできる対処法 プチ体操
  • 数年後に現れる恐怖の「隠れジミ」 カロテンを含むジュースで撃退!
  • まるで人肌…? 超進化系、極上コンドーム "GELdom"
  • 太る原因は不安定な睡眠のせい?忙しくてもできる生体リズムの整え方
  • 「無痛分娩」海外では一般的。日本では「痛みに耐えてこそ母」が美徳とされるのはなぜ?
  • 男性は暑がり、女性は寒がりなのはなぜ?
  • 問題。「白米 VS 玄米」快眠に良いのはどっち?
  • 眠れないからチョット1杯。睡眠前のアルコール習慣があなたの疲れの原因かも
  • 世界が驚き「inemuri(居眠り)」は日本独特の非常識な文化?
  • 京大発。人類史上最高の眠りへ誘うベッド? きっかけはチンパンジー!
  • 眠れない夜にはハーブティー 入眠に役立つハーブ4種をここだけ伝授
  • 寝室温度で寝汗を止める!それでもたくさん寝汗をかくなら病気も疑え
  • アレルギー性結膜炎「涙」で早期発見!痛くない診断方法を日本が開発
  • 日本の快挙が続くリオ五輪 料理で学ぶ開催国ブラジル
  • ガンやリウマチには「笑い」 笑えば免疫力はアップする
  • デンマークに登場。海の上を永遠に歩き続けることができる橋ってどんな橋?
  • 流産・早産の恐れアリ。妊婦さんの睡眠時無呼吸症候群(SAS)に要注意
  • 認知症患者も宇宙飛行士も救う? 最先端がLEDで体内時計・睡眠を調整
  • 米国で「薬用せっけん」が危険として禁止 しかし日本ではまだ流通中!
  • 立ち仕事or座り仕事はどちらが心血管疾患のリスクが高い?
  • 超簡単。しっかり寝た、と思い込むだけでテストの成績がアップ!? 睡眠のプラセボ効果
  • シフトワーカーに贈る、体内時計を正常に保つTIPS
  • 英語学習、ビデオ教材は遠回りかも 日本人の言語処理は変わってる?
  • 「子供はいない方が幸せ?」 約半数の先進国が「YES」
  • 胎児は無菌じゃなかった? 母親の腸内細菌や歯周病菌は子宮内にも
  • 「風邪をひいたらお風呂に入るな」は正解か ウソ・ホント◯つけ
  • 制汗スプレーは「皮膚の天然バリア」細菌まで壊してしまう?
  • 永遠の若さの鍵、DNAキャップ「テロメア」 短気な人はテロメアも短い
  • GW後は五月病? 新天地でグッタリしないために、今すぐできること
  • 政治家も経営者も 好感度アップには「声を低く」が鉄則!? 統計から見る当選率
  • プラセボも大いに治療に貢献! 病は気から、が医療の未来を創る?
  • 睡眠中に食べてしまう… 若者に多い「睡眠関連摂食障害」って何?
  • 生まれ月で寿命が決まる?  秋に生まれた人は長生きできるのはなぜか 
  • キリンは何時間眠る?驚愕、動物の平均睡眠時間
  • 自転車が救世主!? 先進国の共通問題「仕事のストレス」による不眠
  • 「よく眠れた」は魔法の言葉 思い込みだけでハイパフォーマンスを発揮
  • 東京ディズニーシー200分待ちにも耐えられる? セロトニンの効果とは
  • 毒素を排出する?痩せる?はウソ サウナの本当の効果とは
  • 子どもより受刑者の方が健康的?今の子の外遊び時間はたったの45分
  • 子供のいびき 成長に異常を感じたら睡眠時無呼吸症候群・SASを疑え
  • 20代でも認知症!? 他人事じゃない「若年性」今すぐできる自己診断法を紹介
  • 国内で年間約2.4万人。 「自殺」防止に有効なのは名所に近づかせないこと。
  • 驚き! スポーツによる足裏への衝撃で貧血に!?
  • 歯茎の色で健康チェック 「赤」なら糖質取り過ぎかも!