CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

犬を飼っている人は健康に?愛犬が救うこれからの高齢化社会

 犬の数が減っている。意外に思うかもしれないが、日本の犬の飼育頭数は2008年をピークに徐々に減っているのである。2015年の調査では、犬の飼育頭数が991万頭と1,000万頭を割りこみ、猫の飼育頭数987万頭とほとんど同じになった(※1)。今年にも、犬と猫の飼育頭数は逆転するのではとみられている。

 猫派の人が増えているというが、猫の飼い主には得ることのできない、犬を飼うことのメリットがあるようだ。

散歩は犬を飼うことの大きなメリット

 犬を飼う人の多くは、心の癒やしを求めている人が多いだろう。それはきっと猫の飼い主でも一緒だろう。しかし、犬の飼い主に必要で、猫の飼い主がほとんどしないこと、思い浮かぶだろうか? 犬だけに必要なこと、それは散歩。散歩をしなければならないのは犬を飼うことのデメリットの一つとも考えられがちだが、実はこれ我々の健康のメリットになっているという研究結果が出ている。

犬を飼うことは心と体を健康にする

 犬を飼うことは心の健康だけでなく、肉体の健康にもいい――そんな研究を発表したのはアメリカのマイアミ大学。マイアミ大学の研究チームは、アメリカで2012年に行われた「健康と退職に関する調査」から50歳以上の男女771人のデータを分析した。その中で犬を飼っていたのは271人。その271人には、散歩の頻度や時間以外にも「愛犬をパートナーとして考えているか」「愛犬のことを他の人に話すか」といった質問も行われた。

愛犬との心の距離が近いほど健康につながる?

 その結果、犬をパートナーと考えて飼っている中高年は、体の不調が少なく、病院へかかる頻度も少なく、BMIも低いことが分かった。単に犬を飼っているというだけでなく、愛犬との心の距離が近いほど、散歩の頻度が多く、時間も長くなり、それが健康につながるようである。

犬への愛情が、社会生活の充実にも

 さらに犬の散歩は、他の飼い主や地域の人とのコミュニケーションの機会も増やしてくれるため、地域社会とのかかわりという面でもメリットがある(※2)。犬への愛情が、体の健康・社会生活のどちらも充実という形で返ってくるのである。

 高齢化社会が進み、高齢者が健康で充実した生活を送れる社会作りが必要になってきている。医療費の高騰や、社会とつながりを持てない高齢者の問題なども取り組むべき問題である。

 そうした問題を解決するカギのひとつは意外にも「犬」かもしれない。愛情を持って犬を飼うことで、きっと犬はたくさんのメリットを私たちに与えてくれるだろう。

参考・引用

  • ※1:平成27年(2015年)全国犬猫飼育実態調査の結果について http://pedge.jp/reports/breeding-research-2015/
  • ※2:イヌが“健康”を与えてくれる!~病気や老化予防のスペシャリストが太鼓判 http://healthpress.jp/2016/06/post-2447.html
  • 参考:Senior adults can see health benefits from dog ownership https://www.sciencedaily.com/releases/2016/04/160420162947.htm

WRITER

Daisuke Goto

ARTICLE

  • 幸せ成分、オキシトシンのチカラ
  • 寝不足が肌と心に大打撃!6時間睡眠でしわ45%増、自尊心低下でうつの原因にも
  • 眠っている間に英単語が覚えられる!? 夢の「睡眠学習」は可能説が有力に
  • ワーキングマザーは生産性が高い!調査結果から明らかになったこと
  • 体内時計を意識した健康的な生活。ナチュラル・エイジングのススメ(前編)
  • セックスレスの原因は睡眠時間にアリ!? 女性はぐっすり眠ると性欲が高まる
  • 間も無く開始。脅威の嗅覚でガンを嗅ぎ分ける犬によるガン検査
  • 「朝のこわばり」リウマチの関節の痛みに体内時計が影響
  • 子どもの野菜嫌いは「においで脳が毒物と判断する」が原因だった!?
  • <冬特集>布団が冷たくて眠れない!お布団の中でできるあったかマッサージ
  • 音でオーガズム!? 聞いて快感を感じる「ASMR」って一体何だ
  • 怖すぎる“金縛り”体験を科学的に解明してみた
  • ご当地睡眠事情 あなたの県は何番目によく眠る?
  • 認知症治療に光? 「今ココにいる」場所認知の脳活動は睡眠中も。
  • 睡眠に最適な照明は何色?何ルクス? 豆電球でもまだ「明るすぎ」!
  • 夢のスイッチが見つかった!? 日本の最新研究が明らかにしたレム睡眠の「謎」
  • 女性がか弱いなんて大嘘? インフルエンザにかかりにくい=女性に軍配
  • 統計調査で判明 ケンカは「夫婦で同じ時間に就寝」で防げた!
  • 30年後の自分に睡眠投資。中年期によく寝た人は将来の記憶力が良い
  • 腸内細菌に良いのはコーヒーとワイン! 反対に悪い食べ物は…?
  • あの人は意外と寝ていた!? 「成功者」はどれぐらい眠るのか
  • 仕事・試験・試合で最大能力を発揮できるか? 瞳孔で分かるあなたの最高"ゾーン"
  • 時差ぼけ防止アイマスク つけるだけで出張や旅行の辛い時差ぼけの対策に
  • 薄毛の人は心臓発作を起こしやすい!? 統計で見る「身体的特徴×疾患」の驚くべき関連性
  • 「寝言に答えると夢から覚めなくなる」は都市伝説?
  • 臓器と感情と時間は密接にリンクしている 心身の不安定の解消法とは
  • 昼寝のススメ1 昼寝が東大合格への近道!? 
  • 女性4人中3人は「自分の裸が好きではない」 ポイントはお腹とお尻
  • ついに虫歯を治せる歯磨き粉が英国で登場。 日本での発売は?
  • 血圧の治療にも、胎教にも?モーツァルトの音楽がもたらすもの
  • 失敗は成功のもとは科学的に正しい? 検証結果はYES!でもなぜ?
  • ワクチンはマスクとヨーグルトを越えられるか?インフルエンザ予防法の現在
  • 今こそ長年の論争に終止符を。靴下履いて寝るのはOK or NG? を解明
  • 植物には知性がある?世界の研究者が見つけた、知られざる植物の能力
  • 赤ちゃんの睡眠中の事故に厳重注意 新生児に枕、ブランケット、ぬいぐるみは厳禁
  • 中年世代でも確認・検証済み! たばこをやめると友達が増える
  • 光を浴びると男性は性欲が高まる!?早朝30分の日光浴で性欲が3倍に!
  • 春の新挑戦シーズン!新しいスポーツへの挑戦が大人の脳も成長させる
  • その鍛え方間違ってない? 正しい方法・睡眠・栄養で筋肉隆々に!
  • 国内で年間約2.4万人。 「自殺」防止に有効なのは名所に近づかせないこと。
  • 悪夢とうつと不眠の深刻な関係。 頻繁に悪夢を見る人の3割はうつだった
  • 仕事始めの朝にはしょうが湯を! 正月ボケからいち早く抜け出す方法
  • ステロイド治療に終止符?アトピー性皮膚炎、ワセリンが発症を予防か
  • 足を組んで座るのはNG? 超簡単、安全な足の組み方は?
  • 日本食にプラスして疲労回復! 夏の疲れを癒す抗疲労食とは