CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

“iPS卵子”で体外受精ベビー iPS細胞からの受精卵で健康なマウスが誕生

夢の細胞といわれるiPS細胞が、不妊治療の切り札になるかもしれない。

京大などがマウスで成功「不妊の原因究明に」

 九州大や京都大などのチームが、マウスのiPS細胞から体外培養で卵子を大量に作ることに成功したのだ。この研究成果は英科学誌ネイチャーに掲載された(※1)。さまざまな細胞や組織に変化する能力を持つことから組織や臓器を修復する再生医療など多くの医療分野への応用が期待されるiPS細胞が、生命の誕生にも関与できる可能性が高まったことになる。

数年以内にヒトへの応用も? 課題は倫理面

 この研究が進めば、ヒトの卵子を作ることが数年以内に実現する可能性もあるという。研究チームは「不妊女性のiPS細胞を使って卵子の形成を再現すれば、不妊の原因究明につながる可能性がある」としている。この手法で卵子を体外で作ることができれば、絶滅危惧種の保護にも利用できるかもしれない」としている。といっても手放しで喜ぶのはまだ早い。ヒトの卵子を人為的に作ることは将来、子の誕生につながる可能性があり、倫理的な面での課題も浮上しそうだからだ。

マウスのiPS細胞から約1300個の受精卵を作製

 研究成果をかいつまんで紹介すると、次のようになる。文系の方にはちょっと難解かもしれないが、しばらくお付き合い願いたい。チームは、生後10週目のマウスの尻尾から作ったiPS細胞で、卵子や精子のもととなる「始原生殖細胞」を作製。それを体内で卵子ができる約5週間の過程を3段階に分けて培養して約4千個の卵子を作った。この卵子に通常の精子を使って約1300個の受精卵を作製した。

iPS細胞からの受精卵で8匹の健康なマウスが誕生

 この卵子に通常の精子を使って体外受精させると8匹が生まれた。子どもや孫を得ることもできた(※2)。通常の体外受精では、約6割の割合で子どもが生まれるといい、それに比べるとかなり低かったが、8匹はいずれも健康で、別のマウスとの間に孫も生まれた。従来は作製過程で受精卵をマウスの卵巣に移植する必要があり、ヒトへの応用につなげるのは難しいとされてきた。研究チームによると、通常の卵子を使う体外受精の成功率は60〜70%で、培養条件を改良するなどして卵子の質を高めることが課題という。

不妊の原因究明や絶滅危惧種の保護にも?

 チームの林克彦・九州大教授は「不妊女性のiPS細胞を使って卵子の形成を再現すれば、不妊の原因究明につながる。体外で大量の卵子を作ることができれば、絶滅危惧種の保護にも利用でようなきるかもしれない」と話している(※1)。

楽しみなようでもあり、ちょっぴり怖いような気もしてきそうだ。

参考・引用

  • ※1:中日メディカルサイト 「iPSで卵子大量作製 」 http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20161018141934196
  • ※2:朝日新聞デジタル 「マウスiPS細胞から体外で卵子、出産|九大など http://www.asahi.com/articles/ASJBK76VFJBKUBQU00L.html

WRITER

Masao Ando

ARTICLE

  • 68000人の調査で分かった ベッドメイキングと◯◯の意外な関係
  • 寝室温度で寝汗を止める!それでもたくさん寝汗をかくなら病気も疑え
  • 日本人は旅好き! その背後には「好奇心遺伝子」があった
  • シフトワーカーに贈る、体内時計を正常に保つTIPS
  • 働く女性の8割がストレスに悩む お風呂と寝室がストレス不眠解消の鍵
  • 子どもが歯ぎしり…なぜ!? ご安心を。原因はストレスではない…が?
  • 指しゃぶり・爪噛み 子どものアレルギー防止に役立つ?
  • 医療用ハイテクコンタクトレンズを目に埋め込む!? SFのような未来がすぐそこに
  • シエスタ=昼寝を義務化した町や企業があるってホント?そしてなぜ?
  • 嫌なことは寝て忘れろ、は間違い?強烈なストレスには睡眠不足も薬に
  • ホラー映画でドキドキ…のなぜ 恐怖の感情を消せる技術も誕生する?
  • 続きはまた次の夢で! 同じ夢を繰り返しみる理由が解明された
  • デート中彼氏や彼女にイライラする原因は? 少しのカロリー摂取で避けられる大げんか
  • 本屋でトイレに行きたくなるのはなぜ? 「青木まりこ現象」の謎に迫る
  • クリーンオフィスのススメ 換気した室内は認知機能が60%以上も向上!
  • 1日の歩数で保険料が決まる!? スイス最大手の保険会社が検討中の"顧客監視"制度とは
  • 頭の中で銃声!? 頭内爆発音症候群って?
  • 世界一の高身長オランダとラトビア 急速な高身長化は遺伝子要因ではない?
  • 「コーヒーナップ」で午後のパフォーマンスを上げる!昼寝前にコーヒーのすすめ
  • 今後の発展に期待大 海女さんの血管年齢は通常より11歳も若い!
  • ストレス社会で戦う男性へ。公共トイレでの「小便器」の選び方をマジメに検証
  • 赤ちゃんは胎内でも味を覚える にんじん嫌いを防ぐには妊娠中から!
  • 子育てでお疲れのママに朗報! 手作り食よりベビーフードが優秀だった?
  • パンダの赤ちゃん誕生も? 発情期をコントロールできる技術誕生
  • ボードゲームを制す者は人生も制す? 睡眠不足が招いた悲惨な連敗とは
  • 疲れやストレスがうまく抜けない時に、「マインドフルネス」のススメ
  • 患者が医師にうそをつくのはなぜ? 身を守るつもりが身の破滅に…
  • 片頭痛×コーヒーに注意 カフェインはもろ刃の剣だった
  • 睡眠時無呼吸症候群に新たな治療法「神経の刺激装置」の仕組みと効果は?
  • 将来のリタイア年齢は100才!? 年金問題解決のカギはどこに
  • 「睡眠に悩みながらも対策していない」が大半…老若男女に睡眠調査
  • セックス後の「賢者タイム」に気持ちは無関係。男性だけ眠くなる科学的根拠が明らかに
  • 子供を持つ主婦必見 夫に浮気をさせない方法を科学的に解明
  • 夫婦円満の秘訣は快眠だった? 不眠で夫婦喧嘩リスクは2倍になる!
  • 外より家の空気が汚い!? 日本でも年間4万人が室内空気汚染で死亡
  • 残業で女性は不健康に、男性は健康に!? ショッキングなデータ公開
  • 間も無く開始。脅威の嗅覚でガンを嗅ぎ分ける犬によるガン検査
  • 来日外国人観光客はどこで眠る? 大阪・西成が今バックパッカーに大人気
  • 夜の間食はNG…分かっているけど止まらない そんな夜にオススメの食べ物を一挙に紹介
  • 妊娠は胎児と母体と子宮の連携プレー 3者の時計の一致がカギ
  • 日本古来のアレの香りで目覚め一発! イグ・ノーベル賞の画期的発見とは?
  • ゴシップはうわさ話でしかない?有名人の訃報の悲しみだけではない効果
  • 軽症の睡眠時無呼吸症候群(SAS)に。マウスピース改善
  • 眠れない夜の「羊が一匹…」 は効果があるのか? の謎が今解明!
  • ツラい時差ボケをイッパツで治せるとっておきの方法、教えます