CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

カフェインに強い遺伝子? 寝る前にコーヒーを飲んでも眠れる人がいるのはなぜか

 先日、旅行先で夜遅くにホテルに到着。「疲れたなあ。コーヒー1杯飲みたいなあ」と思ったが、シャワーを浴びたらすぐ寝なくてはならない時間で諦めた。もし、眠れなくなると翌日に響いて困るからだ。

 一般的に、寝る前にコーヒーや緑茶などカフェインを多く含む飲み物を飲むと眠れなくなることは知っている人も多いだろう。しかし、コーヒーや緑茶を飲んでも、特に睡眠に影響はないという人もいる。いったい、この差は何によるものなのだろうか。

カフェインは覚醒作用が強い 医薬品にも

 コーヒーや緑茶を飲むとなぜ眠れなくなるのだろうか。コーヒーや緑茶に含まれているカフェインはアルカロイドという化合物の仲間で覚醒作用がある。また、カフェインは眠気や倦怠(けんたい)感を除去するための医薬品として使われているほど効果があるものだ(※1,2)。寝る前のコーヒーは眠気覚ましの薬を飲んでいるようなものと言っても過言ではないのだ。

カフェインに強い遺伝子

 カフェインを多く含む飲み物は眠れなくなるから、寝る前は飲まないようにしているという人もいる一方で、飲んでも全く睡眠に影響しないという人もいる。アメリカのノースウェスタン大学の予防医学が専門の研究チームは、カフェインに強い人と弱い人がいるのは遺伝子が関係していると考えていて、ヨーロッパ系人種の約1万人の遺伝子の変異とカフェインを摂取した後に血中に現れる化学物質の関係について調べた。その結果、「CYP2A6」という遺伝子の変異体がカフェインの代謝に関係していることを発見したのだ(※3,4)。

代謝のスピードと消費量の関係

 「CYP2A6」の変異体を持っている人は、カフェインの代謝のスピードが速いという。つまり、「CYP2A6」の変異体を持っている人は、寝る前にコーヒーを飲んでも、すぐにカフェインが分解されてしまうので睡眠に影響しないのだ。また、この遺伝子変異体は、カフェインの代謝が速いことだけでなく、同時に、カフェインを大量に消費することにも関係していると研究チームは考えている(※3,4)。寝る前にコーヒーを飲んでも平気、しかもたくさんコーヒーを飲むという場合、この遺伝子変異体による可能性は高い。

医療にも役立つ可能性

 「CYP2A6」以外にもカフェインの代謝に関わる遺伝子が多数見つかっている。研究チームによると、これらの遺伝子はカフェインの代謝だけでなく、ニコチンの代謝にも関係していたり、不眠症、パーキンソン病、高血圧などの治療に使われる薬の代謝にも関係していたりすることが分かったという(※4)。ある特定の薬が効きにくい人、効きやすい人という違いにも遺伝子が関わっているのだ。

 さて、話をコーヒーに戻そう。コーヒーを寝る前に飲むと眠れなくなるという経験がある人は、遺伝子が関係している以上、その性質が変わる可能性は低いので、やはり寝る前に飲むのは避けた方がいいし、問題なしという人はおそらくずっと問題なく眠れるだろう。自分の代謝の特徴を見極めながら、寝る前のコーヒーを楽しむかどうか判断していただけたらと思う。

参考・引用

  • ※1:カフェイン http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/caffeine
  • ※2:眠気除去薬 エスタロンモカ錠 http://www.ssp.co.jp/product/all/estm-t/
  • ※3:Coffee's Impact a Matter of Genes? https://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/caffeine-health-news-89/coffee-consumption-a-matter-of-genes-715984.html
  • ※4:Java gene study links caffeine metabolism to coffee consumption behavior https://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-10/nu-jgs101716.php

WRITER

kix

タグ

ARTICLE

  • 名門オックスフォード大学が発表!「9時の始業は拷問」とは…
  • こまった大人のニキビ・吹き出物 「あご」にばかり現れる本当の理由は
  • 失敗は成功のもとは科学的に正しい? 検証結果はYES!でもなぜ?
  • 体内時計が105分も乱れる?夜の明かりとカフェインで眠れなくなる
  • JAXAの超人気バイト! 宇宙での睡眠ストレス体験で報酬38万円也
  • 超カンタン「仕事中毒」診断をしてみよう!働きすぎで精神疾患率UP
  • 日本古来のアレの香りで目覚め一発! イグ・ノーベル賞の画期的発見とは?
  • 「犬は人間のパートナー」に納得!ヒトと犬で共通する遺伝子があった
  • つけるだけで偏頭痛が治る? ベルギー発のとっておきウエアラブルデバイス
  • たばこのせいで寝たきりに? 筋肉そのものを弱らせる働きも
  • 日本人は旅好き! その背後には「好奇心遺伝子」があった
  • 甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の「基本味」に続くか? 第6の味覚Oleogustusとは?
  • 「不眠」で「痛く」なる?そのメカニズムは
  • 政治家も経営者も 好感度アップには「声を低く」が鉄則!? 統計から見る当選率
  • 「不妊」をハーバード大が明らかにした 妊娠しにくい女性の「働き方」
  • 指の長さで浮気性、病気からアソコのサイズまで分かっちゃう!?
  • ビタミンとハーブで乗り切る!女性の4割以上が悩む月経前の睡眠障害
  • 女性が特に影響大! 「かくれ不眠」による髪の毛トラブル増加中
  • 眠れない人は眠らなくてよい…と言うより眠っちゃダメ!? 注目の睡眠制限療法とは
  • 小学生のランドセル、大丈夫? 背負う荷物の重さは体重の20%まで
  • 業績を上げたいなら社員を眠らせよう 社員の睡眠不足は高くつく
  • 「妊婦さん=温泉NG」はもう古い!? 世界一の温泉大国日本の温泉を味わい尽くす旅に出よう!
  • 幸せも悲しみも全ては頭の中に… 幸福度の高い人に特徴的な「脳」を発見
  • 誰でも夢は毎晩何度も見る。ではなぜ夢は「変で論理的でない」のか?
  • よく眠れない…ベッドの上のアレが原因かも? 片付けが苦手なあなたに送る快眠のカギ
  • 幸せになる能力とは?満足できる休息時間が幸福度を上げる
  • 年代別の睡眠を徹底解剖!  巨大調査からみる日本の眠り
  • 心のSOSかも!? 夢遊病や夜驚症…子どもの睡眠随伴症の原因と治療法
  • ジカ熱、デング熱はテクノロジーが撲滅? 進む「蚊」対策
  • <秋特集>「雪山で寝るな」は知ってるけど…まさかの軽い登山でも遭難多発。遭難時にどう生き残る?
  • 問題。「白米 VS 玄米」快眠に良いのはどっち?
  • 「扇風機をつけて寝ると死ぬ」あの恐ろしい都市伝説の真実
  • 「ビビビっ!」男はボルト選手の100Mよりも速く恋に落ちる? 一目惚れのプロセスを科学が解明!
  • 2016年、子どもの睡眠障害急増中!その症状と対処法は
  • アメリカの離婚事情 夫がフルタイムの仕事を失うと離婚したくなる?
  • 睡眠に最適な照明は何色?何ルクス? 豆電球でもまだ「明るすぎ」!
  • 最高の昼寝時間は何分?「90分ごとにひと休み」で劇的仕事効率改善
  • 新生児のママ必見 3ヶ月で赤ちゃんは昼夜の区別がつく! リズム作りで子育てをちょっぴり楽に?
  • 分化した細胞が再びES細胞に戻る?再生医療の発展に大きな期待
  • 「睡眠に悩みながらも対策していない」が大半…老若男女に睡眠調査
  • 続きはまた次の夢で! 同じ夢を繰り返しみる理由が解明された
  • 体をつねると より強い眠気が襲うって知ってた? 居眠り運転…アノ香りが身を守る
  • アレルギー性結膜炎「涙」で早期発見!痛くない診断方法を日本が開発
  • 睡眠・快眠に効果のある食材は玉ねぎ!「硫化アリル」が眠気を誘う
  • コーラで歯が溶ける、は本当だった! 炭酸飲料は歯を溶かす原因に