CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

赤ちゃんの視覚力はゆっくりと成長する 成長環境に気を付けよう

 赤ちゃんには、大人と同じ世界は見えていない。生まれたばかりの赤ちゃんの目は、まだ明かりがぼんやりと見える程度だ。

 生後1歳半くらいになるとはいはいをしたり、よちよち歩き始めたりして、動く範囲が広がって活動的に動き始める。この頃になると、大人と同じような世界を見ているようにも思いがちだが、実はそうではないようだ。

 新潟大学の視覚研究によると、大人が当たり前のように行う効率よく景色を認識する視線の動かし方の習得にも、長い年月がかかることが分かった。赤ちゃんの視覚力は、ゆっくり発達をしていくようだ

動き回るのに必要な視線コントロール力

 私たちが歩いたり走ったりして移動すると、目に見える景色も変わり続ける。両目で左右180度ほどの景色が見えているが、実際には、そこにあるものすべてに視線を向けるわけではない。

 移動方向の中心に視線を向けて、歩いたり走ったりするスピードに合わせて、移動するために必要な情報を、効率よく認識できるようにピックアップしながら見ている。このような視線の動かし方は、大人であれば誰でも無意識に行うことができる

 新潟大学人文学部の白井述准教授と、新潟国際情報大学の伊村知子准教授の研究グループは、この視線の働きは、何歳ごろにどのように発達していき、まだ動かない赤ちゃんはどのような視線の動きをしているのか、という疑問についての調査をした。

効率的に視線を動かす大人、ばらつく視線の赤ちゃん

 実験には、生後4カ月〜18カ月までの赤ちゃん100名と、20名の大学生が参加した。実験では、多くの点が放射状の軌道に沿って動く動画を、赤ちゃんと大学生の両方に見せた。そして、動画を見ている視線が、いつ、どの部分にどのように動くかを、アイトラッカーという装置で測定し詳細なデータを取った。

 実験の結果、大学生はこれまで知られていたように放射状の中心に視線が集中していた。しかし、一方で月齢の低い赤ちゃんほど、進行方法には視線が向かず、むしろ周辺部分に視線が偏ることが分かった。月齢が高くなり1歳半に近くなると、視線はだんだん中心部分に集まり始めるが、大学生と同じ水準にはならなかった(※1)。

赤ちゃんの視線の動かし方は独特

 この実験から、はいはいなどで移動できるようになった赤ちゃんでも、大人とは異なる視線の動かし方で、周囲を見ていることが分かった。まだ、見る必要があるものとないものの選択が、できないのかもしれない。

 大人であれば当たり前にできる、景色からピンポイントに必要な情報を見分ける能力は、赤ちゃんが大きくなる過程で、比較的長い時間をかけて獲得していく能力のようだ

視覚は発達や運動能力に影響する

 視線の動かし方と同じように、視力もまたゆっくりと発達していく。生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、0.02くらいしかなく、3歳児健診の頃に0.5くらいになる。そして大人と同じレベルの視力になるには、9歳までかかるとも言われている(※2)。そのため乳幼児期は、視覚を発達させる大切な期間でもある。散歩をしたり、公園で走ったり、かくれんぼをしたり、という日々の遊びの中で、視線の動かし方も学んでいくのかもしれない。

 視線の動かし方の能力が何歳で身に付くのかは、まだ明らかになっていないが、視覚の発達には、長い時間と多くの経験が必要だ。見る能力は、成長してからの発達や運動能力にも大きく関わってくる。見る力がしっかり育つように、大切な乳幼児期の環境は、できるだけ気を付けてあげたい。

参考・引用

  • ※1:新潟大学 http://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2016/10/281011.pdf
  • ※2:いこーよ http://iko-yo.net/articles/311
  • 参考:Scientific Reports http://www.nature.com/articles/srep34734

ARTICLE

  • 100年後の正確な天気予報や人工晴れも? 最新の気象テクノロジー
  • 地上のりんご「カモミール」 飲めば死亡リスクが約3割も減少
  • 調査で判明。世界的危機!? 現代人、睡眠欲が性欲を大幅に上回る
  • 外食でもOK! 高血圧改善の「DASH食」 が美容にも最適と話題
  • NASAが認めた!天才脳を育てるトランポリンの実力
  • 体重によって運賃が決まる!? 乗る前にダイエットしたくなる航空会社とは
  • ダイエット失敗の元は寝不足?睡眠不足でマリファナ同様の食欲増進
  • 「睡眠不足は美肌の大敵」もう常識? 実験が明らかにした驚くべき結果
  • 世界が驚くその心理。 日本人は行列好き?背後に「協調」アリ?
  • 心を体を大切に。統計で明らかになる、人工中絶した女性のその後
  • 肥満でなくても糖尿病に! アジア人は、特に糖尿病の危険性にさらされている?
  • 発熱時に関節や皮膚が痛くなるのは、体内物質が体を破壊するのを防ぐための防衛反応!脅威のメカニズムを紐解く
  • 75年間の壮大な調査で判明 人間が最後に幸福を感じるために必要なもの
  • 歩きスマホに罰金2000円? そこまで来ている“スマホ狩り”
  • 犬を飼っている人は健康に?愛犬が救うこれからの高齢化社会
  • 難局は寝てから考えろ! 睡眠不足のリーダーには「失格」の烙印?
  • "夢から得たヒントで大成功"トレーニング次第で可能に? そのトレーニング法をコッソリ公開
  • ブルーライトカット眼鏡は本当に睡眠快眠に良い?体内時計への影響は
  • 睡眠薬なしで寝られるようになった!「認知行動療法」で不眠症を克服
  • 約1/3のドイツ人が実行中の「クラインガルテン」て何だ? 週末の農業体験で健康に
  • <夏特集>われた腹筋、くびれたウエストをつくるための最強簡単筋トレ
  • 超危険・過激なエクストリームスポーツが大人気! それは脳のせい?
  • 衝撃。肛門より汚い口の中!朝の口腔内には1兆個の細菌が!? 万病の元を防ぐ歯磨き方を紹介
  • ペットフードに信じがたい量の添加物?がん、アレルギーの元にも
  • 飲み過ぎないための最強の方法はコレだ しかも科学的なお墨付き!
  • 発見。子どもの睡眠時無呼吸症候群治療はてんかん発生をも軽減する
  • 体内のカルシウムの99%は骨と歯。残りの1%が睡眠に効く?
  • アメリカの睡眠事情「眠らない」州はどこだ?
  • 指しゃぶり・爪噛み 子どものアレルギー防止に役立つ?
  • 「チョコ食べたい」…なら食べちゃえ! 「食べたい!」は体に必要な栄養素
  • 夢の寝るだけダイエット!? 脂肪燃焼のカギ「遺伝子スイッチ」が発見された
  • 更年期に頻発する睡眠の悩み 特に月経「前」に注意が必要
  • 女性が特に影響大! 「かくれ不眠」による髪の毛トラブル増加中
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の救世主? シーパップの次世代アイテム「エアリング」
  • 男らしさ、女らしさは勝手な思い込み? 男女の脳に違いはほぼ無し
  • 天然の睡眠薬? うつ病治療にも使われるトークセラピーで不眠症を改善する
  • 日本人の多くが該当者 50万人以上の都市住人は睡眠障害予備軍!?
  • 「若作り」で何が悪い! 気持ちが若いと入院リスクが減る
  • 自撮りはサメよりも怖い? ディズニーランドでも自撮り棒禁止に
  • 睡眠中のショッピング? 睡眠随伴症の原因と対策法とは
  • あの教授が驚愕発表。ビデオゲームが子どもの脳をスカスカ・依存症に
  • <秋特集>行楽シーズン到来…なのに少し歩くだけで足の裏が痛くなって辛い。どうすれば良いの?その原因と対処法を紹介
  • 軽症の睡眠時無呼吸症候群(SAS)に。マウスピース改善
  • 「勉強しなさい」は逆効果! 数学と言語の力がアップする方法とは?
  • <新年特集>今年の干支に学ぶ「長生きしたいならカロリー制限を」のウソ・ホント