CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

スメルハラスメントの認知も影響?「自己臭恐怖症」が増加中

 近年、口臭などの体臭が他人に不快感を与えるという「スメルハラスメント」への認識が広まっている。自分の体のにおいは、なかなか気づきにくいものだが、その一方で、必要以上に自分の体臭を気にする「自己臭恐怖症」も増えているという。

自己臭恐怖症とはなんだ?

 自己臭恐怖症とは、実際はそこまで体臭が強くないのに「自分の臭いが他人に不快感を与えているのではないか」と不安を感じてしまう対人恐怖症のひとつである。

 ワキガや多汗症の治療を中心に行う五味クリニック(新宿区)では、来院する患者の7割が自己臭恐怖症と診断されているという。クリニックの院長である五味常明医師は、スメルハラスメントの認知が広くなったここ数年、自己臭恐怖症の患者が増えていると指摘している(※1)。

自己臭恐怖症のきっかけは他人の一言から

 自己臭恐怖症は、他人からにおいを指摘されたことをきっかけに発症することが多いとされている。体臭は時間帯やタイミングによっては強くなるものだ。

 たとえば、だ液の分泌が少ない朝は口臭が強くなるし、気温が高い夏はワキガでない人でも汗のにおいは増すだろう。確かに体臭が強めの人も存在するが、一般的に体臭の強さを本人に指摘することは難しいものだが、指摘するときは相手の気持ちにも配慮するようにしたい

自己臭恐怖症になりやすいタイプ

 自己臭恐怖症になりやすい人には、几帳面や完璧主義といった特徴があるという。ひとたびこの病気を発症すれば、鼻を手で覆うなど他人のちょっとした動作が、自分の体臭によるものと思ってしまう。

 また病状がさらにエスカレートすれば、職場や人間関係のトラブルが生じたときに、原因が自分の体臭であると思い込んでしまうこともあるそうだ(※2)。もう一度確認しておくと、自己臭恐怖症の人はそこまで臭ってはいない。

自己臭恐怖症の克服法

 自己臭恐怖症になると、周囲の人が「臭っていない」と言っても信じられなくなってしまう人が多い。家に引きこもりがちになり、一人で悩みを抱えてしまうため状況は深刻だ。

 自己臭恐怖症は心の病気であり、精神科で認知行動療法や薬物療法が行われている。もしもあなたが、自分の臭いが異常に気になっているようであれば、自己臭恐怖症の可能性も一度考えた方がよいだろう。それが原因で生きづらいと感じているならば、専門医を尋ねてみてもいいかもしれない。

参考・引用

  • ※1:産経ニュース 自分のニオイが怖い「自己臭恐怖症」が増えている! ホントはクサくないのに… http://www.sankei.com/life/news/161010/lif1610100007-n1.html
  • ※2:カウンセリングルームWILL大阪 自己臭恐怖症 http://www.counseling-will.com/yakudatu/taijinkyoufushou/自己臭恐怖症.html

WRITER

harappa

ARTICLE

  • 毎月決まって"アノ頃"にやってくるツラい不眠症 解消のカギは?
  • 11月8日は「いい歯」の日! 80歳でも固い酢ダコを楽しめる…睡眠と歯の健康の知られざる関係
  • 米国で熱視線!ふわっふわのクラウドブレッドで美味しくダイエット?
  • 朝食で男女産み分け? 種の生存戦略まで示唆する驚きのプログラム
  • 睡眠中、1晩の歯ぎしりで一生分の咀嚼ダメージ!?その原因と治療法
  • 寄生虫が妊娠率を高める!? 不妊治療のさらなる発展に期待
  • 「笑う健康法」は本当?体のスタミナやメンタルヘルスへの影響
  • 10-20代の若白髪人口が増加中!? その原因と予防法を一挙に紹介
  • 身寄りのない人へ温かい最期の言葉を。 米国の神父が紐解く その人生
  • 会議中に襲ってくる眠気に勝つ!座りながらでもできる眠気解消方法
  • 日本の快挙が続くリオ五輪 料理で学ぶ開催国ブラジル
  • 眠ってる間に英語がペラペラに?夢の睡眠学習とは
  • 尿酸=痛風だけじゃない!尿酸が教える腸の異常
  • 早産による未熟児によく起こる壊死性腸炎 腸内フローラが重要なカギ
  • 都市伝説じゃない? 満月の夜に出産が多いのは本当だった 
  • 日本人に多い過ち「眠れぬ夜に寝酒」が体を痛めつけている
  • 薄毛には植毛?植毛先進国アメリカでトラブル急増中! 慎重な判断を
  • 衣類に付いたたばこの臭いで健康被害!? 「
  • 緊急事態「ジカ熱」男性が感染源にも? 妊婦だけの問題じゃない。
  • 新春・初夢占い! 当たるも八卦、当たらぬも八卦
  • 家族との
  • 夜のストレスケアのススメ 体内時計の変化はストレスも原因?
  • 不眠に効果 ツボ・アロマ・ハーブ・食べ物 睡眠薬を使わない解消法
  • 国内で年間約2.4万人。 「自殺」防止に有効なのは名所に近づかせないこと。
  • 女性4人中3人は「自分の裸が好きではない」 ポイントはお腹とお尻
  • 台所のスポンジ並みに汚い!? ネイルアートの爪の下は細菌だらけ
  • 人への応用にも期待! 不安性のラットを社会的に成功させる方法解明
  • 認知症治療に光? 「今ココにいる」場所認知の脳活動は睡眠中も。
  • 疲れやストレスがうまく抜けない時に、「マインドフルネス」のススメ
  • 人はなぜ睡眠不足の時Facebookを見るのか…その謎に迫る
  • かぶって寝るだけで熟睡 ハイテク帽子「スリープシェパード」
  • 「遅寝遅起き」なあなたは火星移住計画を?体内時計と自転の蜜月関係
  • 悲しい事実?エナジードリンクもコーヒーも3日以上の寝不足に効果なし
  • シフト勤務が病気の原因に 食事時間を一定にすることでリスクを抑制
  • 指紋で健康が分かる時代に。 指紋×健康 最新テクノロジー
  • 街角でセクシーナース が下着の中を検査?そこには重大なメッセージが…
  • 交通事故に睡眠時無呼吸症候群(SAS)の影 運転とSASの深すぎる関係
  • 日本の伝統的な「三角食べ」を科学的に検証してみると… 実はダイエットには不向き
  • 「13日の金曜日」は本当に怖い? その由来と統計調査が表す真実とは
  • ADHDと睡眠障害は表裏一体 睡眠改善が誤診を防ぎ治療にも役立つ
  • 睡眠不足や人間関係に影響!頻繁すぎる携帯メールはストレスの元
  • 今すぐ恋人や家族を熱くハグしたくなる! オキシトシンで医者いらず
  • 口呼吸睡眠で虫歯!? 口腔内は歯のエナメルが溶け出すほどの酸性に
  • その音量大丈夫!? 若者たちに増える難聴 耳をいたわる重要性
  • さあ、アイドルの写真を机上に置こう! 美しい顔で記憶力がUP