CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

原因は睡眠不足?増える発達障害の子どもたち

 自閉症、アスペルガー症候群、多動性障害――。発達障害と診断される子どもが増えている。その原因が睡眠にある可能性が指摘されている。今回は発達障害と睡眠の関係についてお伝えしたい。

増える発達障害の子どもたち

 自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害(PDD)や注意欠如・多動性障害(ADHD)などの発達障害があるとされ、特別な支援を受けながら学校へ通う子どもたちは年々増えている。

 例えば、じっとしていられなかったり、ものごとに集中できなかったりといった特徴があるADHDでは、2006年には1600人あまりだったのが2014年には8500人に、対人関係やコミュニケーションに困難を示す自閉症では2006年に4000人、2014年には1万1000人と、どちらも大幅に増えている(※1)。

発達障害は睡眠不足が原因か?

 発達障害は「生まれつきのもの」だとされてきた(※2)。しかし、睡眠との関連を指摘する専門家もいる。熊本大学名誉教授で兵庫県立リハビリテーション中央病院子どもの睡眠と発達医療センター特命参与の三池輝久医師は、「発達障害の明確な原因はいまだはっきりしない」としながらも、生まれつきのものの他に、子どもたちが夜更かしをしたり睡眠不足になったりすることによって体内時計が狂うことが発達障害の原因になっていると指摘する(※3)。

双子で両方ともは発達障害にならないのはなぜか

 三池医師が睡眠不足といった環境的要因が発達障害の原因の1つと考えるのには理由がある。これまでの研究で双子が両方とも自閉症になる確率は、一卵性双生児で約60%、二卵性双生児ではほぼ0%という結果が出ているという。

 遺伝子異常といった遺伝的な要因が強いのであれば、一卵性双生児の一致率が100%になるはずなのだが、実際は「60%」。これは遺伝的な原因の他に環境的な原因が加わっているからと三池医師は考えている。それが冒頭で示したように、ここ数年、発達障害と診断される子どもたちの数が大幅に増えているという数字にも表れていると指摘する。遺伝的な要因であればこのような増え方はしないというのだ(※3)。

PDD、ADHDの子どもは「睡眠に問題アリ」

 国立精神・神経医療研究センター病院などの研究チームの報告でも、PDDと診断された子どもたちは「なかなか就床しない」「入眠できない」「夜中に起きて騒ぐ」「ちょっとしたことで起きてしまう」などの睡眠に問題があると指摘されている。

 PDDで睡眠に問題がある子どもの割合は、研究によって30%とも90%とも報告されていて幅はあるものの、健常児に比べて高い割合で睡眠の問題を抱えていることは間違いないと結論付けている。ADHDも高い割合で睡眠に問題があり、睡眠障害が多動を悪化させているのではないかと指摘されている(※4)。

治療の第一歩は睡眠から

 国立精神・神経医療研究センター病院などの研究チームは、PDDの中でも睡眠障害があるグループは、睡眠障害がないグループに比べて、情緒面や行動面で問題が多いことから、まずは睡眠障害に対処していくことが大切だとしている。三池医師が特命参与を務める子どもの睡眠と発達医療センターでも、発達障害の診断において、まずは睡眠問題があるかないかからアプローチし、睡眠問題から解決する方法を取っている(※5)。

子どもたちにとって睡眠はとても大切なこと

 このように睡眠は発達障害に大きな影響を及ぼす可能性があるのだ。子どもたちにとって睡眠は単純に“成長にとって大切なもの”だけにとどまらない、とても重要なことなのだ。まずはお子さんが早寝早起きできているか、十分な睡眠が取れているか、この極めて基本的な、そして大切なことを改めて確認していただきたいと思う。

参考・引用

  • ※1:特別支援教育の現状について p5 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/100/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2013/09/10/1339412_1.pdf
  • ※2:発達障害 http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_develop.html
  • ※3:発達障害の理解に向けて http://www.tamana-medical.com/medical/development/explanation.html
  • ※4:子どもの睡眠 https://www.niph.go.jp/journal/data/61-1/201261010003.pdf
  • ※5:発達障害児の診療についてのお願い http://www.hwc.or.jp/hospital/kodomo/syouni_suimin_3.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 「あくびで脳に酸素を送っている」はウソ! じゃああくびは何のため?
  • 男性向けピル? 経口避妊薬がまもなく実現か
  • 睡眠不足は不利益に! 仕事から強制的に離れさせる荒療治も発動中
  • ストレス時代に森の香りの凄い力を その正体は「セドロール」
  • 米国の「ミレニアルズ」と日本の「ゆとり世代」はともに奥手?
  • おばあちゃんの知恵「風邪をひいたらネギを首に巻く」は本当だった
  • 東京ディズニーシー200分待ちにも耐えられる? セロトニンの効果とは
  • 出産は全治8カ月の"重傷" 女性の体は多大な損傷を受けている
  • 若者、男性、高学歴者は「近所」が広い? 健康と住環境の意外な関係
  • リオ五輪聖火を運びこの世を去った形成外科医が残した「豊尻手術」とは
  • 歯周病が膵臓がんに関係? 2つの口内細菌保持者のがん発生率が高い
  • "年をとると筋肉痛が遅れてやってくる" のウソとホント
  • たかが枕、されど枕。 飛鳥時代のゴージャス枕から最新の超スゴイ枕まで
  • 「クレプトマニア」 整形手術後に万引の衝動が抑えられなくなる?
  • 胎児は無菌じゃなかった? 母親の腸内細菌や歯周病菌は子宮内にも
  • 夜勤勤務の女性にケアを。男性に比べパフォーマンスや気分に大きな差
  • 網膜剥離などに光明?再生医療の研究 イモリの網膜に再生能力があるのはなぜか
  • 子どもの自閉症の原因に 殺虫剤・農薬の空中散布地域はリスクが急増
  • 体重によって運賃が決まる!? 乗る前にダイエットしたくなる航空会社とは
  • 中年太りのぽっこりおなかどうしたらいいの?原因から迫る、運動と胴回りの関係
  • 不快!と毛嫌いしないで! 「ため息」は人が自分を守る回復の試み
  • 「私とスマホ、どっちが大事!?」 プチ断食が関係崩壊を救う!
  • がん治療費に朗報?安価なかぜ薬から、がんの転移を防ぐ成分が!
  • 妊娠中のストレスに警告? うつ病は母から娘に“うつる”のか
  • ビタミンBで見たい夢を自在に見られる?人間は一生で5年間も夢の中
  • 世界に広がるレジ袋削減運動。マイバッグ=エコに疑問の声も
  • 実在するサイト「ドリームバンク」で昨夜のあなたの夢、分析してみませんか?
  • ヘリコプターペアレンツって何だ? 子どもの心を蝕む親の問題行動
  • 腸で性格を変える 腸内フローラのスゴい実力でうつや睡眠障害を治療?
  • 病院は睡眠妨害空間? 患者の眠りと回復を促す照明の色は何色?
  • 森には不思議な力。森林浴で自然のストレス・うつ・睡眠状態の改善も
  • 紫外線の悪影響は美容だけではなかった! 傷の治りにも影響
  • 皮肉な結果…長時間労働で仕事満足度は向上。一方でメンタルは増加
  • 未来の究極のダイエットは腸内細菌を「移植」!? 今夜からできる細菌の移植方法とは
  • 赤ちゃんの睡眠中の事故に厳重注意 新生児に枕、ブランケット、ぬいぐるみは厳禁
  • 衝撃。「007はアルコール依存症」“性的ミッション”も遂行不能?
  • 脳科学で分かった! 人間が成果を出し続けるために必要なものは
  • GW後は五月病? 新天地でグッタリしないために、今すぐできること
  • 「また来た…」繰り返す腰痛 この厄介者を撃退するストレッチご紹介
  • <秋特集>知っている? 漫画のように「温泉でぐいっと一杯」…は死と隣り合わせ
  • 「腸内フローラ」って何だ?あなたの「眠れない」は腸内環境のせいかも
  • 「寝過ぎ+運動不足+長時間座りっぱなし」で「早死に」率が4倍に!
  • 1日の歩数で保険料が決まる!? スイス最大手の保険会社が検討中の"顧客監視"制度とは
  • 「早起きは三文の得」は本当か? 早起きの人の年収比較
  • 湯船が快適な睡眠をもたらす!「加温効果」による効果的な睡眠とは