CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

傍観者でいることの罪!いじめは環境によって左右される

 いじめや犯罪など人間の暴力性にかかわる問題を考えるとき、人間は生まれながらに善なのか、それとも悪なのかという話題になることがある。いじめのケースを検証した結果、人間は2つのどちらのタイプにも属さず、環境によって変化する可能性が考えられるという。

被害者が自殺したとき、いじめの加害者の気持ちは?

 いじめのなかには、被害者を自殺にまで追い込んでしまうような悲惨な例もあるが、いじめの加害者が、すぐに後悔するとは限らない。具体的には次のような例があるという(※1)。

・通夜の席で棺桶に収められている被害者の顔を見て、笑っていた。
・被害者が亡くなって、加害者が「死んでせいせいした」「(いじめのターゲットがいなくなって)毎日がつまらない」などと発言する。

 いじめの発生には、加害者の家庭環境や社会環境などが複雑にかかわっているものだが、加害者のこのような言動は、もともとの性格が残忍であったのではないかと思う人も多いだろう。

いじめをしてしばらく経つと、自分の行動を不思議に思う

 しかし、いじめの加害者の中には、学校を卒業すると「なぜ自分があんなことをしたのだろう」と思う人も多いという。明治大学の准教授である内藤朝雄氏は、実際にあったいじめのケースの検証をして、人間の性格は性善説や性悪説のように2タイプに分けられるものでなく、一定条件の環境下では「平和相」と「暴力相」2つのタイプに変化ができるという説を唱えている。さらに、内藤氏は環境を調節することで、平和的な状態を維持できるのではないかとしている(※1)。

いじめの環境において日本は傍観者タイプが多い

 いじめの環境となるのは、舞台そのものである学校だ。いじめの国際比較のデータによると、日本では「傍観者タイプ」が多く、いじめを止めるような「仲裁者タイプ」が少ないことが分かった(※2)。さらに、日本では「いじめられる側にも原因がある」という考えもあるため、学校の教室のような閉鎖的な空間では、傍観者の共感を呼ぶかどうかで、いじめの加速度は異なるだろう。

いじめを止めるには傍観者がカギとなる

 いじめを加害者と被害者だけで解決することは到底無理であることが多く、解決には傍観者の行動がポイントとなる。傍観者が被害者を直接いじめることはなくても、いじめ行為をはやしたてれば、内藤氏の語る「暴力相」がさらに増し、いじめはエスカレートしやすくなるだろう。逆に傍観者が被害者に同情などの共感をすれば、直接止めることはできなくても、教師に知らせるなど何かしらのアクションが起こるかもしれない。

 黙って見ていることは間接的にいじめの環境を肯定し、被害者を追い込んでいることになる。教室の大部分を占める傍観者もいじめを取り巻く環境に大きくかかわっていることを把握し、教育現場でも対策をとることが必要だ。

参考・引用

  • ※1:日本の研究.com 人類の本性は暴力か平和か?—いじめ研究を用いて、どちらでもない第三のモデルを解明 文学部 内藤朝雄准教授 https://research-er.jp/articles/view/50443
  • ※2:ストップ!いじめナビ 統計データ http://stopijime.jp/data

WRITER

harappa

ARTICLE

  • 残念な継承…「早寝早起き朝ごはん」親ができないと子もできない
  • 二度寝で「眠りの黄金郷」? 最高に気持ちいい二度寝のためのTIPS
  • 汗で「感情」が伝わる!? 汗をかいた人とそのにおいを嗅いだ人の心情が一致
  • 病院へ行くのは面倒、恥ずかしい、怖い… そんな方はアプリで診断!? 最新のAPP事情
  • 気を抜くと瞬く間に再生…お風呂に繰り返し現れる「アイツ」と戦う戦法を伝授
  • 大きさは無関係? 世代と人種を超えたバストの理想黄金比が明らかに
  • 長時間通勤があなたを苦しめる? 通勤を楽しんでしまえばツラくない
  • 節分の豆まきをしたくなるはず!? 大豆の持つスゴイちから
  • 「起きたら体が痛い」は寝具に問題アリ? 低反発マットレスの功罪
  • 目には目を、歯には歯を。立ちションには…!? 世界で始まったスゴい対抗策
  • 夢はなぜ見るのか。レム睡眠中の超膨大な脳活動、画像処理があなたを夢見させている
  • 東京五輪の切り札? 体重が"半減"する魔法のランニングマシンで超ハイテクトレーニング
  • 「ストレス脳」チェックしてみよう 今改めて考えるストレスの功罪とは
  • 心のSOSかも!? 夢遊病や夜驚症…子どもの睡眠随伴症の原因と治療法
  • 今や「昼寝」は当たり前? 過半数の会社員が会社で昼寝
  • うつぶせ寝が顔にシワを作る!? スパナ型枕でつるりん肌を目指す
  • ゾンビ襲来を英国医学誌が真面目に論じた!? 感染症への備えは万全か
  • 人間の体の驚異!体内で骨は毎日壊されていた
  • 脳卒中の主因に大気汚染との関連性!?常識を覆す研究結果
  • 見過ごさないで!不正出血は女性のカラダが発する重要なサイン 怖がらずに受診を
  • 小学生のランドセル、大丈夫? 背負う荷物の重さは体重の20%まで
  • アイデアの創出だけじゃない?新しい会議の仕方「ウォーキングミーティング」の効果とは
  • 空腹だと女性はロマンチックになれない まずは食事に誘おう!
  • なぜテロや大量殺人は起きるのか 社会への不満と彼らの掲げる正義
  • ネットの読み込み中に眠くなるのはなぜ? イライラと眠気の意外な関係
  • 頭の中で繰り返すメロディーは「耳の虫」 それを消す方法があった!
  • 世界的にも冬が寒い日本。なのに家の中までこんなに寒いのは日本だけ!?
  • 実は危険!「布団に入ってすぐ眠れる人」
  • 世界の珍しい保存食を紹介 日本のアレはケタ違いの保存期間だった!
  • 「魅力的な体」作りのために。 ジムで失敗しないマシン選び
  • スマホが「こころ」の治療法?うつや不眠にも効果。オンライン認知行動療法
  • 草食系女子に朗報? “女性用バイアグラ”初承認、米国で近く販売
  • 3月18日は「世界睡眠デー」新学期の節目に考えたい、今改めての睡眠
  • 自分の呼び方一つで気持ちが変わる?「私」をやめるとラクになる
  • 新発見。睡眠時無呼吸症候群(SAS)ががん細胞の増殖を許していた
  • 人間を悩ます「不安」を科学。睡眠障害やうつ病も引き起こすその正体とは
  • 女性と同じく男性にも周期がある!? 77日周期で変わる精子産生
  • やっぱり旬でカラフルが一番! 睡眠に効く食材 保存版
  • <秋特集>「雪山で寝るな」は知ってるけど…まさかの軽い登山でも遭難多発。遭難時にどう生き残る?
  • 湯加減が睡眠に影響 ◯度以上のお風呂は不眠の原因にも
  • 集中力持続時間を劇的に変える!「ポモドーロテクニック」とは
  • 「食育」の次は「睡眠教育」。世界で、日本で、始まる最先端の取り組み
  • 来日外国人観光客はどこで眠る? 大阪・西成が今バックパッカーに大人気
  • デスクワークの方に朗報! 職場で座ったままできる簡単筋トレ
  • 日本発。地球規模の感染症に立ち向かう100円診断キット