CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

女性の体は7の倍数で変化する 美しく年をとるためのケアとは?

 年齢により、私たちの体はどんどん変化していく。いつのまにか肌にハリがなくなったと感じたり、以前と比べて太りやすくなったと感じたりする人もいるだろう。

 中国最古の医学書「黄帝内経素問」には、女性の体は「7の倍数で変化する」と記されている。ちなみに男性は8の倍数で体が変わるといわれており、男性と女性では、体の変化に年齢差がある。なお、現代は昔よりも成長が早くなっているため、全体的に少しずつ前倒しになっているようだ。

女性の体の7の倍数の変化とは?

  東洋医学の教科書ともいえる医学書「黄帝内経素問」の、女性の体の7の倍数での変化は以下のものだ(※1)。

7歳、永久歯に生え変わる。
14歳、初潮を迎える。
21歳、女性の体ができ上がる。
28歳、女性として体が最も充実する。
35歳、容姿の衰えが見え始める。顔がやつれ始め、髪も抜けやすくなる。
42歳、白髪が目立ち始める。顔にシワが目立つ、心身の不調が起こりやすくなる。
49歳、閉経、子を授かることが難しくなる。閉経前後の不定愁訴が起こりやすくなる。
56歳、肝気が衰え始める。イライラ、目の疲れ、体力低下が起こりやすくなる。
63歳、心気が衰え始める。動悸(どうき)、息切れ、慢性疲労、不眠が起こりやすくなる。
70、77歳、脾気が虚弱になる。 食欲不振、胃腸虚弱、便秘・下痢が起こりやすくなる。
84歳、排気が虚弱になる。かぜをひきやすく、皮膚の乾燥、せきが起こりやすくなる。
91歳、腎気が減少する。

体の曲がり角 35歳、42歳、49歳は、年齢に合う体のケアを

女性の体は28歳で最も充実する。「35歳になると容姿の衰えが見え始める。顔がやつれ始め、髪も抜けやすくなる」とあるのは、女性ホルモンが減少していくためだ。

 35歳になったら、女性ホルモンを効率よく体に巡らせて活性化させよう。午後10時から午前2時のゴールデンタイムに良質な睡眠を取ることで、女性ホルモンを活性化させることができる。

 42歳になると、肌の悩みが増えて白髪も目立ち始める。女性にとって外見を維持するための節目になる年齢だ。ストレスを感じやすく、体の代謝が落ちてくるので、太りやすくもなる。体の代謝を上げることが必要なので、冷たい食べ物を控え、 冷えない湯船にゆっくりとつかり体を温めよう

 49歳は、更年期。今までの生活を見直し、年齢に合うようにペースダウンするべき時期。しかし、無理をしない程度の軽い運動を習慣づけることで、筋肉を維持する必要もある(※2)。

年代別の美肌に効く食べ物

 いつまでも美肌でいるためには、年代別に女性ホルモンを分泌させる食べ物を摂取すると効果的だ。

 30代までの女性は、自力で女性ホルモンが分泌されるが、タンパク質と良質な脂肪はしっかり摂取しよう。肉や魚、卵や豆類がおススメだ。

 40代以上の女性は、女性ホルモンが分泌されにくくなるため、イソフラボンを積極的に摂取する必要がある。おススメは納豆や豆類などの大豆製品だ。中でも納豆は体内への吸収もよく、腸内細菌の働きにより女性ホルモン分泌の効果が期待できる。

 また、黒豆やナス、黒酢などの黒い食品は、女性の内臓機能を高めてくれるため、東洋医学では年代を問わず推奨されている食べ物だ(※3)。

老化を防ぐために東洋医学の知恵を使おう

 このように体の不調が出る前に対策をして、「未病を治そう」というのが東洋医学の考えだ。年代ごとの体の不調に合わせて漢方薬で体調を整えたり、睡眠や食事内容などの日常生活に気をつけたりすることで、老化を防ぐこともできる。

 年齢に負けないで美しさを維持するためには、まず健康でいること。そして、体の変化に合わせてライフスタイルや食べ物を変化させていくことが、美しく年をとる秘訣(ひけつ)なのだ。

 そしてどの年代も、自分の趣味や人付き合いを大切にして、心も充実した生活を送ることが、美しさを保とうとする意欲のもとになるようだ。

参考・引用

  • ※1:養命酒製造株式会社 http://www.yomeishu.co.jp/x7x8/baisu/index.html
  • ※2:女性自身 http://jisin.jp/serial/%E5%A5%B3%E5%BA%A6UP/beauty/9665
  • ※3:ウレハダ http://www.urehada.com/20161012/4526/

タグ

ARTICLE

  • 夢のスイッチが見つかった!? 日本の最新研究が明らかにしたレム睡眠の「謎」
  • セフレの理想的な数は7.5人!? これって多いの?少ないの?
  • 超画期的!手軽に睡眠時無呼吸症候群(SAS)を記録できるアプリがもう間もなく登場
  • 都市伝説じゃない? 満月の夜に出産が多いのは本当だった 
  • たった一晩の徹夜が体を長期に渡って苦しめる 疲労・肥満が永続する可能性すらも?
  • 木登りやサッカー? 大人の記憶力が50%もアップするスゴイ運動
  • 高齢者の概日リズム解明。 不治とも言われていた認知症治療に光か
  • 休日の寝過ぎに注意!身近で起きる時差ボケとは!?
  • 台所のスポンジ並みに汚い!? ネイルアートの爪の下は細菌だらけ
  • 睡眠不足で高血圧に? ごく数日の睡眠不足が恐ろしい病気をもたらす
  • 疲労困憊ママに朗報 夜起きて泣く赤ちゃんにかまうべからず!?
  • その洗いたてのバスタオル、本当に綺麗? 洗濯機で洗うだけではダメ
  • 悲しい事実… やけ食いはストレスを増やす以外の何物でもなかった
  • 傍観者でいることの罪!いじめは環境によって左右される
  • ホルモンの影響?男性と女性には性欲のピークにずれがある
  • 自宅でのDIY健康診断が命を救う? 口臭・視力・認知症・心疾患…
  • 昔のてんかん治療 「海馬」が無くなると人はどうなるのか
  • 世界的にも冬が寒い日本。なのに家の中までこんなに寒いのは日本だけ!?
  • 23年前に少し会った人を覚えている自信はある? 凄まじいゾウの記憶力
  • がん細胞は毎日できている 睡眠の長さや質、特に乳がんの生存率に影響
  • Googleにグレートな社員が多いワケ 世界で、日本で、進む「健康経営」
  • 2015年総集ランキング 運動編
  • 母親の生活習慣と幼児の睡眠習慣の関係
  • 脂肪・砂糖・食物繊維…悪者は?食事で快眠を得る方法とは
  • 臨月の妊婦さん 横向きで寝る時右左どっちを下にするかで母体・胎児への影響が違う どっちが正解?
  • "年をとると筋肉痛が遅れてやってくる" のウソとホント
  • 「ため息」はもはや悪者ではない!意図的につけばモチベーション向上に
  • 高齢出産で生まれた子どもは優秀!?  高齢出産のリスクとメリット
  • <秋特集>お風呂シリーズ:本気で疲れを取りたい、湯冷めを防ぎたい人に送る 上手なお風呂の入り方
  • 夜の間食はNG…分かっているけど止まらない そんな夜にオススメの食べ物を一挙に紹介
  • 電子カルテ導入で患者の不満爆発? 医師が向き合う相手は誰なのか
  • 衣類に付いたたばこの臭いで健康被害!? 「
  • 出産してないのに!? 「10人に1人のパパがマタニティーブルーになる」のナゼ
  • 何度も運動の継続に失敗している方必見!継続のTIPSを4つお教えします
  • 星空を眺めながら、眠りの世界へ…その名も「熟睡プラ寝たリウム」
  • 猫にひっかかれて脳炎に!?お散歩フリーの猫が原因の「猫ひっかき病」に要注意!
  • 「知ったつもり」に要注意! 女性がもっとも多く発症する癌「乳がん」をもっと身近に
  • なかなか痩せない人必見 寝不足が「ながら飲食」からの「肥満」原因に?
  • 半分は「親」で決まっていた!身長、体重、睡眠時間も!?
  • <夏特集>部活シーズン真っ盛り。全身が痛くなる子どもが増えるのはなぜ?
  • 危険! ポテトチップスは脳が求める合法ドラッグ?
  • 子育てでお疲れのママに朗報! 手作り食よりベビーフードが優秀だった?
  • 「寝言に答えると夢から覚めなくなる」は都市伝説?
  • 「暑くて/寒くて夜中に起きる」人へ。クーラーとの上手な付き合い方
  • 北欧だけじゃない、日本でも。日光の少ない時期の「冬季うつ」に要注意