CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

発見のきっかけは京都の食べ物だった!「ラブレ菌」ってなに?

「ラブレ菌」という言葉を聞いたことがあるだろうか。もしかしたらコマーシャルやスーパーなどで、一度は耳にしたことがあるかもしれない。

実はこのラブレ菌は、京都の人が好んで食べる「ある食べ物」に多く含まれているのだ。今回は乳酸菌の一種である「ラブレ菌」の紹介と、その効果について研究結果も交えながら紹介をしていく。

京都の漬物「すぐき」から発見されたラブレ菌

ラブレ菌は、京都の人が昔から好んで食べている「すぐき」という漬物に多く含まれている。この「すぐき」というのは、かぶのような形をした野菜だ。これを塩に漬け、乳酸菌で発酵したものを京都では「すぐき」または「すぐき漬け」と呼んでいる(※1)。

このすぐきにラブレ菌が含まれていること発見をしたのは、京都となじみが深い医学博士の岸田綱太郎先生だ。先生は「京都人の健康寿命の長さ」に関心を持ち、晩年はその研究に注力していたという。

京都人の健康寿命の長さにつながるヒントは「普段食べる漬物」にあるのではないかという予測を先生は持っていた。その中で「すぐき」の中に、新種の乳酸菌であるラブレ菌が含まれていることを発見したのだった。

ラブレ菌の魅力は免疫力の強化にあった!

このラブレ菌は前述でも少し触れたが、乳酸菌の一種である。乳酸菌はその菌が作られる環境によって、動物性と植物性の2つに分けることが可能だ。今回のラブレ菌は野菜の中で発酵をしているため、植物性の乳酸菌に分類される。

この植物性の乳酸菌の強みは菌の生存力だ。動物性の乳酸菌と比べた場合、菌が生活しにくい環境である胃や腸においても生存することができ、菌の力を発揮することが可能である。

ラブレ菌は、菌自体の強さもあるが、免疫力の強化を助ける作用にこそ魅力がある。「インターフェロン-α」という物質は、私たちの体内に存在し、感染症やがんから体を守ってくれる細胞を活性化する働きがある。ラブレ菌がこのインターフェロン-αを増やすことが確認されているのだ(※2)。

ラブレ菌による病気抑制の効果とは?

非常に魅力的なラブレ菌であるが、これまでにどのような場面で効果が確認されているのだろうか。ここではインフルエンザと更年期障害のケースを見ていこう。

・インフルエンザの感染を押さえられる可能性
約3,000人近い小学生に対して行われたインフルエンザ罹患率の調査では、ラブレ菌を摂取していたグループの方がより感染しにくいということが統計的に明らかとなった(※3)。

・更年期症状の改善へ大きく貢献
冷えや便秘などの更年期症状を自覚している45歳〜55歳の女性に対しての調査では、ラブレ菌を摂取した方が摂取前と比べて自覚症状が緩和されていることが明らかとなった(※4)。

子どもだけではなく、大人にも効果を発揮することが研究から証明されつつある「ラブレ菌」。これだけ効果があると菌に頼りがちになってしまうが、日々の食生活と合わせて上手に取り入れられるかが、健康を保つ上で大きなポイントになるのではないだろうか。

参考・引用

  • ※1: 株式会社京都なり田 「すぐき」について http://www.suguki-narita.com/suguki.html
  • ※2:カゴメ株式会社 植物性乳酸菌大学 医学部 3.「ラブレ菌」で免疫力アップする!? http://www.kagome.co.jp/nyusankin/nyusankin-univ/medical/medical03.html
  • ※3: カゴメ株式会社 研究結果サマリー ラクトバチルス・ブレビス・KB290(通称:ラブレ菌)を含む飲料の 継続摂取によるインフルエンザ罹患率の低減を確認 ~インフルエンザ流行期に栃木県那須塩原市の小学校15校にて大規模調査を実施~ http://www.kagome.co.jp/research/summary/141016/
  • ※4: カゴメ株式会社 研究結果サマリー ラブレ菌(Lactobacillus brevis KB290)に 更年期症状(便秘や冷え、肩こり、腰痛など)を改善する効果が期待 ―カゴメ、石塚産婦人科の共同研究― http://www.kagome.co.jp/research/summary/120321/
  • 参考:カゴメ株式会社 植物性乳酸菌大学 医学部 2.京都の漬物から発見された「ラブレ菌」 http://www.kagome.co.jp/nyusankin/nyusankin-univ/medical/medical02.html
  •  カゴメ株式会社 植物性乳酸菌大学 農学部1.植物性乳酸菌とは http://www.kagome.co.jp/nyusankin/nyusankin-univ/agri/agri01.html

WRITER

Ai Sugimoto

ARTICLE

  • 「寝過ぎ+運動不足+長時間座りっぱなし」で「早死に」率が4倍に!
  • 来年こそ!じゃなくて今スグ禁煙したくなる… 恐ろしすぎる「たばこ病」とは
  • ラッコはどうやって眠る? 可愛すぎるその眠り方に胸キュン
  • 冷え性や抑うつにまで効果 今改めて、ローヤルゼリーの凄いチカラ
  • 見たい夢を見る。そんな「夢」が現実に
  • “iPS卵子”で体外受精ベビー iPS細胞からの受精卵で健康なマウスが誕生
  • 夜型の人は無理な生活を強いられている!?クロノタイプを知ろう
  • 変貌した下町 “山谷” が外国人観光客の人気宿泊街に!
  • 体内時計に合った生活?きれいな肌を保つための理想の一日の過ごし方
  • <冬特集>どう防ぐ? この冬の新型ノロウイルス大流行に備えた具体的アクション
  • 「起きたら体が痛い」は寝具に問題アリ? 低反発マットレスの功罪
  • 線路、幹線道路、航路近くの住民に警鐘 騒音が人を太らせる
  • 危険!「鉄分は多く摂れば良い」は間違い。がんや死亡率と大きく関連
  • 細胞へのカルシウムの出入りが睡眠を支配? 睡眠障害治療に光
  • 乳酸菌やヨーグルトによる腸内環境改善で「うつ病リスク」が大幅低下
  • 中高年の朝の運動に赤信号!命まで落としかねない重大なリスクとは?
  • アスリートのパフォーマンス、体内時計が決めていた!?
  • 海外旅行中は「シャワーで歌」に気をつけろ!?安全な旅をするために
  • いつか絶対ここで寝たい… 世界で最も夜空が美しい場所はどこ?
  • 目の色で性格が分かる 日本人は人当たりは良いが痛みに弱い?
  • 女性が男性より不眠・睡眠障害を多く抱える理由。 答えはホルモンに
  • 「寝る」は簡単かつ効果的なダイエット でもそれって何で!?
  • 浮気不倫は遺伝子のせい!? ある遺伝子が人を禁断の関係に走らせる
  • セックスレスの原因は睡眠時間にアリ!? 女性はぐっすり眠ると性欲が高まる
  • 「今年こそ痩せたい!」なら、「食べない」じゃなく「XXない」が鍵
  • 昔のてんかん治療 「海馬」が無くなると人はどうなるのか
  • おせちにまで使いたくなる!? マルチでスゴイ、ニンニクのちから
  • 36%も脳のパフォーマンスが改善! NASA式“パワーナップ”とは
  • 自撮りはサメよりも怖い? ディズニーランドでも自撮り棒禁止に
  • だからダイエットが成功・長続きしない!? 睡眠と肥満の深い関係
  • 誰でも夢は毎晩何度も見る。ではなぜ夢は「変で論理的でない」のか?
  • 今、時代はヘルシーおやつ 医者お墨付き「ドクターズスイーツ」とは
  • 薬のレシートは取っておこう! 2017年から始まるセルフメディケーション税制とは
  • 暑い時期だけじゃない、食中毒にご用心。予防は"調理者"の"いちいち洗う"から
  • 故・プリンスさんの死因、鎮痛剤のオーバードーズが起こす悲劇とは
  • 従来の常識を覆す結果が…夫婦の不仲が夫の病気リスクを減らす!?
  • 元気になるし美味しい!? でも意外に知らないエナジードリンクの体内への本当の影響
  • くしゃみでの感染を物理的に防御? MITが全貌を高感度カメラで解明
  • 絶対寝坊できないアノ職業人に学ぶ 朝が辛い人へ贈る究極の方法!
  • 昼寝のススメ2 昼寝のベストはなぜ15分? 
  • 植物にもストレスと戦うホルモンが! 葉をちぎった時の"草の匂い"は植物の必死の抵抗だった!?
  • 子どもの頃貧乏だった人の方が長生きできる!? 所得と健康の深い関係
  • 仕事中毒は精神障害を併発?あなたの中毒度、記事内でチェックします
  • 今夜から結果が出るかも? 体内時計は腸内フローラと食生活で変わる
  • 「子どもの朝食、パンとご飯どっちがいい?」長年の論争に今こそ終止符を。