CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

眠っている中で学習することも夢ではない!?睡眠学習の可能性

 「寝ているだけで賢くなれたら良いのに!」とそのような夢のようなことを思いながらうたた寝をしていたのは筆者だけではないはずだ。誰しもが一度は考え、そしてあきらめてしまうこの願いが、もしかしたら実現するかもしれない。

 その鍵を握るのが、2012年8月にイスラエルの研究チームがNatureに発表したある研究だ。そのタイトルは「How to learn in your sleep(睡眠中に学習する方法)」だ。

 今回は、この研究の内容と、そこから発見されたことについて紹介をしていく。誰しもが夢見る内容について期待を膨らませつつ読んでいただきたい。

睡眠時に学習テストとは!?どのような方法で実験が進められたのか?

 この研究は、イスラエルのワイツマン科学研究所のAnat Arzi 氏らによって行われた。

 Anat Arzi 氏らは55人の参加者に対して、睡眠中に2種類の「におい」を嗅がせた。このにおいというのは、シャンプーのような良いにおいと腐った魚や肉のような悪臭である。

 続けてそれぞれのにおいに対応した「音」を聞かせることで、「におい」と「音」の関連性を植え付けたのだ。そして起床後に「におい」と「音」の組み合わせについてテストをすることで、睡眠時に学習ができているのかを確認したのだ(※1)。

睡眠時の学習にはノンレム睡眠が最適!

 結果はというと、彼らは起床後のテストで正しい組み合わせを選ぶことができた。さらにここで見つけられた面白い発見がある。

 それは学習をしたタイミングがレム睡眠かノンレム睡眠かによって学習の定着状況が異なっていたのだ。なんとノンレム睡眠の間に学習した人たちは、起床後も完璧に組み合わせを思い出すことができたのだ。

 ノンレム睡眠は、記憶を強固にするための基本となる睡眠と言われている。このことからも、眠りながら勉強するためには、ノンレム睡眠が理想的な状態であると言える(※1)。

 Anat Arzi 氏らは「この研究を通して、睡眠時における脳のメカニズムだけではなく、植物状態や昏睡などの意識変化に対しても調査を行いたい」と述べている(※2)。

睡眠時における学習の期待から治療への期待へ

 これまで「夢ではないか」と思われていた内容について大きな一歩が踏み出されたように思える。この研究が進展していくことで、 学習機能に障害がある人の治療改善はもちろんのこと、意識障害のある人が外部とのコンタクトを取れる日がやってくるかもしれない。また体調の関係で机に向かって学習することが難しい人が寝ながら学習できるようになれば、これまでに受けられなかった教育的なサポートが受けられるかもしれない。

 しかし、実用までには越えていかないといけない壁は多く存在する。今後、このような研究を通して教育や治療への応用が1日でも早くなされることを期待している。

参考・引用

  • ※1:WIRED睡眠学習が可能だという根拠と、そのメカニズム http://wired.jp/2012/09/10/sleeping_study/
  • ※2:Nature News How to learn in your sleep http://www.nature.com/news/how-to-learn-in-your-sleep-1.11274

WRITER

Ai Sugimoto

ARTICLE

  • 薬指が長いと浮気をしやすい!?医学的な根拠を持つ「指の長さ占い」とは
  • パクチーは石鹸の匂い? 遺伝子が決める食の「好き嫌い」
  • 新発見! サーカディアンリズム(体内時計)調節の分子メカニズム
  • 衝撃。「低血圧だから朝起きられない」に根拠無し!
  • 女性用コンドームは女性が主体になれる避妊具!…だが注意点も多数
  • 消防車のサイレンと同じ音量のイビキまで!? 自分のいびきで目が覚めない理由は
  • 食後のエネルギー消費量を増加させる方法 「〇〇する」だけ!
  • 女性の自己犠牲は心身の健康を脅かす!世界一眠れない日本の女性たち
  • 帰宅後すぐできる「食べ過ぎた!」を「無かったこと」に。 超簡単TIPS
  • 生まれた月で寿命が変わるってホント!? 北半球の日本では冬生まれに軍配
  • 「セックス時計」は男女真逆! 男の「今日は疲れたから…」は正しかった!
  • 平均身長183cmで世界一 オランダ人の高身長の秘密は乳製品?
  • 妊娠中のハイカロリー食はひ孫の代まで影響する? 驚きの最新研究
  • 脳科学からみる、赤ちゃんとお母さんのスキンシップの重要性とは?
  • 甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の「基本味」に続くか? 第6の味覚Oleogustusとは?
  • ナースコール回数に影響 睡眠時無呼吸症候群SASは患者を重症化?
  • スポーツマンの不眠はマグネシウム不足が原因?皮膚からオイルで吸収を!
  • 引き寄せの法則は本当?「自分ならやれる」その一言が成功と幸せをかなえる
  • 妊娠中のストレスに警告? うつ病は母から娘に“うつる”のか
  • ジムは敷居高い、という方に朗報 公営スポーツセンターが最近熱い?
  • 「無痛分娩」海外では一般的。日本では「痛みに耐えてこそ母」が美徳とされるのはなぜ?
  • 17年前の"STAP細胞"? 膝の裏にある光センサーのウソ・ホント
  • 脳震とう多発! 1シーズンで何と9割がケガをするラグビー ルール改正でタックルがなくなる?
  • 離婚しても性的関係を続けるカップル増加中。 なぜ…?
  • 日本人は旅好き! その背後には「好奇心遺伝子」があった
  • 親が感じる子どもへの間違ったシンパシー 実験から明らかになった思い込みとは?
  • 男性にも乳がんは起こる 女性の乳がんの1/100の確率…されど1/100
  • アフリカ部族の睡眠時間は日本人と同じ でも全然違うその質…なぜ?
  • 東洋の陰陽論がヒトの眠りを改善? 注意力と睡眠の蜜月関係
  • マンネリカップル必見!あんなキスの方法まで!? 実は11種類もあったキスの仕方
  • 続きはまた次の夢で! 同じ夢を繰り返しみる理由が解明された
  • 夫婦円満の秘訣は快眠だった? 不眠で夫婦喧嘩リスクは2倍になる!
  • 衝撃。「007はアルコール依存症」“性的ミッション”も遂行不能?
  • 片足立ちでスグ分かる潜在的な心の不安定さ
  • 白米大好き、日本人の超簡単ダイエット。お米を冷凍庫に入れるだけでOKって何で?
  • 関節にまつわる都市伝説 "関節を鳴らすと骨が太くなる"のホントのところ
  • その音量大丈夫!? 若者たちに増える難聴 耳をいたわる重要性
  • 衣類に付いたたばこの臭いで健康被害!? 「
  • 鼻づまりで眠れない…花粉症の根治治療 食べるだけの魔法のお米
  • 肩が痛い…四十肩や五十肩は年齢構わずやってくる! 原因と治療法は
  • <秋特集>睡眠時間6時間未満でなんと「4倍」も風邪をひきやすく
  • パンダの赤ちゃん誕生も? 発情期をコントロールできる技術誕生
  • 外国人観光客にオススメの宿を聞かれてももう困らない!超人気宿特集
  • 意外と知らない「虫の眠り方」
  • <夏特集>われた腹筋、くびれたウエストをつくるための最強簡単筋トレ