CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

揚げ物、炒め物は危険!糖尿病のハイリスク要因「AGE」ってなに?

 タイトルにあるように、今回の話題は、「揚げる」「炒める」という調理法が糖尿病のリスクを上げる原因になるのでやめようという話だ。「それ、知ってる」という声も聞こえてきそうだが、皆さんが想像しているような「オイルを使うのでヘルシーな調理法でないから」という単純な話ではないのだ。

糖尿病の原因に?「AGE」ってなんだ?

 今回の話の重要なポイントになるのが、「AGE」という物質だ。「終末糖化産物」といって、タンパク質と糖が加熱されてできた物質のことだ(※1)。AGEはそもそも、しみやしわなどの老化の原因とされていたのだが、それだけではないことが分かってきた。糖尿病のリスクを上げる原因になるというのだ。

加熱する温度が高いほどAGEが大発生!

 まずはAGEについて知識を深めていただこう。AGEは加熱してこんがり焼けたキツネ色の部分に発生する。例えば、ホットケーキの表面やステーキなどの焼き色が付いた部分だ。逆に、生野菜や刺し身は加熱していないのでAGEが少ない食品だ。

 注意したいのが、加熱する温度が高いほどAGEが多く発生するという点だ。加熱温度が高いのがオーブン料理や油を使う揚げ物や炒め物だ。揚げ物は油の温度が180度前後だし、オーブン焼きは200~300度とかなり高い。

 一方、加熱温度が低いのが、ゆでる、蒸す、煮るという調理法だ。これらは水分を使って調理するため、加熱温度が100度までに抑えられるのだ(※2)。専門家は、「揚げる」「炒める」ではなく、AGEの少ない「ゆでる」「蒸す」の調理法を勧めている

「ゆでる」「蒸す」は糖尿病予防にどれぐらい効果があるのか?

 アメリカのマウント・サイナイ医科大学の研究チームは50歳以上の糖尿病のリスクが高い100人を対象に、半分のグループは通常の調理法で、半分は「ゆでる」「蒸す」の調理で食べるよう指導。「ゆでる」「蒸す」の低AGEの調理法が糖尿病のリスクを下げるかどうかを1年間にわたって調べた。

 その結果、低AGEの調理法を続けたグループでは、インスリンが正常に働かなくなる「インスリン抵抗性」が下がっていた上、炎症のデータも改善していた。体重も減っていた。研究チームは、低AGE調理法は糖尿病の予防につながると考えている。

高AGE食品、低AGE食品を知ろう

 調理法を変えるだけでは糖尿病の予防にはつながらないと考える専門家もいる。食品そのものにAGEが多い場合があるからだ。

 食品100グラムあたりのAGE値を比べてみよう。例えばサーモン。刺し身の場合は500kU。焼いたら3000kUに跳ね上がる。ところが、野菜は焼いてもたったの200kUにしかならない。加熱したにもかかわらず、加熱していないサーモンよりAGE値は低いということになる。調理法の違いだけでなく動物性食品はAGE値が高い傾向があり、野菜など植物性のものは低い傾向があることは覚えておくと参考になる(※2)。

 運動、睡眠、食事の栄養バランスに加えて、健康になるために気を付けることはまだまだ山のようにあると、少々うんざりした人もいるかもしれない。一変に食生活を変える必要はない。少しずつ改善に取り組んでいただけたらと思う。

参考・引用

  • ※1:AGE(終末糖化産物)とは? http://www.age-sokutei.jp/about/
  • ※2:AGE(終末糖化産物)の多い食品・少ない食品 http://www.age-sokutei.jp/food/
  • 参考:Fried, Grilled or Baked Foods? They May Affect Type 2 Diabetes Risk https://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/type-ii-diabetes-news-183/cooking-with-water-may-alter-type-2-diabetes-risk-714457.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 不整脈は女性の方が危険! すぐできる30秒チェックをしてみよう。
  • 「チョコ食べたい」…なら食べちゃえ! 「食べたい!」は体に必要な栄養素
  • 宇宙飛行士、視力が悪くてもOK。 じゃあ虫歯は? JAXAに聞く本当のところ
  • 離婚の少ない結婚年齢が統計で判明。チャンスはたったの3年間?
  • <夏特集>熱中症との混同に注意。夏に多く起こる脳梗塞
  • 著名人も実践 朝活のハードルを下げるとっておきの方法
  • 緑の多い場所に行くだけで寝不足解消!? 高齢の男性には特に効果大!
  • 実は解明されていない「麻酔薬が効くメカニズム」
  • 家族が風邪ひいた! うつされずに愛情たっぷりの看病をする方法は
  • 制汗スプレーは「皮膚の天然バリア」細菌まで壊してしまう?
  • 経済的損失は年間5兆円!お金を払っても寝るべき理由
  • ヘリコプターペアレンツって何だ? 子どもの心を蝕む親の問題行動
  • 睡眠習慣の違いはすれ違いを生みやすい?夫婦で似てくるものとそうでないもの
  • 誰にも起こるSFのような事実。自分の中に別人の臓器や意思が存在?
  • 冬の風物詩「柚子」をまるごと楽しみ、医者いらずの冬を過ごそう
  • 日本でも爆発人気「ポケモンGO」で健康快眠になる人が急増!?
  • 引き寄せの法則は本当?「自分ならやれる」その一言が成功と幸せをかなえる
  • サプリメントの摂取、トレンドは移り変わる?日本とアメリカの調査結果
  • 名門ケンブリッジが科学で明かした。辛い朝にすっきり目覚める20曲
  • 「個人の太陽」を手に入れて体内時計調整? 最新テクノロジー
  • あなたを年齢以上に老けさせる「青クマ・茶クマ」 すぐできる予防と対策
  • 「世界に3人」自分のそっくりさん 本当はもっと大勢いた!
  • 暑い時期だけじゃない、食中毒にご用心。予防は"調理者"の"いちいち洗う"から
  • 幸せも悲しみも全ては頭の中に… 幸福度の高い人に特徴的な「脳」を発見
  • 「ラブレ菌」はニキビや腸内環境の改善に効果が期待できる
  • 世界が注目。日本の大学が体内時計調節をも可能にする?新酵素を発見
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の救世主? シーパップの次世代アイテム「エアリング」
  • 家族との
  • ポイントは昼寝!夜に幼児をぐっすり眠らせる方法
  • 歯ブラシは濡らすな? 口内トラブル原因は排水溝のヌメリと同じだった
  • 性的興奮とは無関係 「朝立ち」にまつわる苦労と病気
  • 10-20代の若白髪人口が増加中!? その原因と予防法を一挙に紹介
  • 社会的地位や仕事が見合わない? 高学歴の女性は脳卒中リスク高
  • 疲れが取れない…ストレスや精神疲労には、アスタキサンチンが効果
  • マスクを外せない「マスク症候群」 あなたのそれ、依存症?
  • NASAの「26分昼寝」はベストじゃなかった? ならば何分が良いのか
  • 意外にシンプル… 「脳に塩分注入」で睡眠の治療をする時代が来る?
  • 睡眠ホルモンで天然のアンチエイジングを 
  • 「よく眠れた」は魔法の言葉 思い込みだけでハイパフォーマンスを発揮
  • 脳死患者の意識回復も夢ではない? 脳の覚醒スイッチが見つかった!
  • 子育てでお疲れのママに朗報! 手作り食よりベビーフードが優秀だった?
  • 「仕事のストレスで眠れない」?有名創業者が行う1分!解消方法とは
  • うつの兆候、悪夢を撃退 手ぶらでできる簡単な方法とは
  • 大人のゲームは要注意! 1時間以内に終えるべき理由とは?
  • 目と目で通じ合う 人と犬、見つめ合えば、“幸せホルモン”が増加