CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

猫にひっかかれて脳炎に!?お散歩フリーの猫が原因の「猫ひっかき病」に要注意!

 「猫ひっかき病」なる病気をご存知だろうか? 時折、外に飼い猫を放しているご家庭には注意していただきたい病気だ。屋外でノミに寄生された猫が人をひっかくと、体内に細菌が入り、ひっかかれた傷跡が化膿することがある。それだけでなく、リンパ節の腫れ、発熱、頭痛、食欲減退などの症状が現れ、まれに重篤化する危険性もあるというのだ。

「猫ひっかき病」とは

 猫から人への具体的な感染経路は、その名のとおり猫が「ひっかく」こと。外を出歩いた猫にネコノミがつくと、グルーミングなどで毛をなめたときに、猫の爪や歯がノミのフンに含まれるバクテリアに汚染される。そんなことを知る由もない飼い主が、飼い猫にひっかかれたりかみつかれたりすることで発症するのだ。

 ひどいケースだと、5~10%の確率で脳炎や心内膜炎を発症することもあるという(※1)。心内膜炎とは、心臓内側の膜が細菌の侵入によって炎症を起こし(※2)、心不全や脳梗塞などにつながる可能性もある、危険な病気だ。

毎年1万人以上が外来受診

 アメリカ疫病管理予防センター(CDC)とエモリー大学の共同研究チームによれば、アメリカでは毎年約1万2000人がこの病気で外来を受診しており、そのうち約500人が入院を余儀なくされている。5~9歳の子どもに発症するケースが最も多かったが、入院にまで至る症状は50~64歳の男性に多かったという(※3)。これは、65歳未満の猫ひっかき病患者を対象とした2016年10月発表の最新調査が明らかにした。

 日本中の飼い猫、約1450匹を対象に2003年に行った調査では、8.8%が猫ひっかき病の原因となる細菌に感染していた(※4)。具体的な患者数は示されていないが、人とペット両方が感染する病気の中でも特に受診率が高いことから、日本でも発生数が多いことは十分に考えられる。

感染を防ぐには「猫を外に出さないこと」

 それでは、感染を防ぐにはどうすればよいのだろうか。最も簡単で効果的な予防方法は、猫を外に出さないこと。もしくは、どうしても屋外に出す必要があるのなら、短時間にすることだと研究チームは警告する(※5)。また、猫にはノミ取りをきちんとして、人も猫を触った後には手洗いを心掛ける。これらを守ることでもリスクは減らせる。

 猫を自由に外へと行かせてあげられないことに対して、心苦しさを感じる飼い主さんもいるかもしれない。しかし、病気や事故を防ぐためにも、飼い猫は室内で過ごすほうがいいという見方もある。猫と人、両方の健康と安全を守るため、現在、飼い猫の外歩きを自由にさせているという方は、この機会に外歩きなしの室内飼いを検討してみてはいかがだろうか。

参考・引用

  • ※1:猫感染症研究会 猫の感染症 猫ひっかき病 http://www.jabfid.jp/disease/Pages/cat_scratch.aspx
  • ※2:日本心臓財団 ハートニュース 感染性心内膜炎とは(2004年発行) http://www.jhf.or.jp/heartnews/vol47
  • ※3:Cat-Scratch Disease in the United States, 2005-2013 Christina A. Nelson., et al. http://wwwnc.cdc.gov/eid/article/22/10/16-0115_article
  • ※4:Seroprevalence of bartonella Henselae, Toxoplasma Gondii, FIV and FeLV Infections in Domestic Cats in Japan Maruyama S., et al. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12680718
  • ※5:Health Day Cat Scratch Can Sometimes Lead to Serious Illness: CDC https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/pets-and-health-news-531/cat-scratch-can-sometimes-lead-to-serious-illness-cdc-715084.html
  • 参考:モダンメディア 2004年9月号 話題の感染症─猫ひっかき病─ http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0409-01.pdf

WRITER

Ana

タグ

ARTICLE

  • 豊胸手術をした女性は授乳をしない? 母乳育児を諦める母親たち
  • 将来の自立に影響。「今夜は一緒に寝たい!」赤ちゃんから思春期の子どもの心の声に耳を澄まして
  • 既婚者は知っておきたい!離婚や死別で脳卒中リスクが3割上がる
  • 日本人は睡眠障害になりやすい民族だった ハーバード大研究で明らかに
  • ボードゲームを制す者は人生も制す? 睡眠不足が招いた悲惨な連敗とは
  • ダイエット中なら女子会より合コン? 無意識でここまで違うカロリー摂取量
  • 誰でも夢は毎晩何度も見る。ではなぜ夢は「変で論理的でない」のか?
  • 女性が特に影響大! 「かくれ不眠」による髪の毛トラブル増加中
  • 日本の子どもの肥満事情「太ってる」この言葉がより子どもを太らせる
  • 日本も続くか、受動喫煙から赤ちゃんを守れ 英国では禁煙法で8%も新生児死亡や死産が減少
  • <秋特集>「私、臭いかも!?」根本的な消臭対策は体の中から。 体臭撃退食品を紹介
  • よく寝る女性は性欲が強い?!
  • ファストフード店付近の在住者 教育レベルが低い人ほど不健康?
  • マスクをはがしたら別人に? 「第二の皮膚」で若返り
  • つけるだけで視力回復コンタクト「オルソケラトロジーレンズ」って?
  • 自分の部屋は世界のどの街と同じレベル? 新型空気清浄機が登場
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法 CPAPって?
  • 緑の多い場所に行くだけで寝不足解消!? 高齢の男性には特に効果大!
  • ストップ・ザ・性感染症! 色で警告するコンドーム、中学生が開発
  • 枕でいびき予防 自分や家族のいびきを防いで良い睡眠を
  • 鼻づまりで眠れない…花粉症の根治治療 食べるだけの魔法のお米
  • 電車内。最高に気持ち良い「こっくりこっくり…」をするためのTIPS伝授!
  • 宇宙飛行士が、もし負傷したらどうなる?気になる宇宙空間での緊急医療事情
  • たばこのせいで寝たきりに? 筋肉そのものを弱らせる働きも
  • 金縛り?幽霊?
  • 従来の常識を覆す結果が…夫婦の不仲が夫の病気リスクを減らす!?
  • イスラエルから最新研究結果報告 ストレスに勝てる“脳トレ”とは
  • 世界中存在する木の本数は? 天文学的な統計を米イエール大学が何と実地で解明
  • 唾液検査で死期が分かる? 最新の研究が明らかにしたがんとの関連
  • 「睡眠不足自慢=仕事遅い・不幸せ?」 時代遅れの自慢バナシ
  • 衝撃。肛門より汚い口の中!朝の口腔内には1兆個の細菌が!? 万病の元を防ぐ歯磨き方を紹介
  • NASAが認めた! 部屋に置くべき観葉植物ベスト15
  • 夢のスイッチが見つかった!? 日本の最新研究が明らかにしたレム睡眠の「謎」
  • 脳科学からみる、赤ちゃんとお母さんのスキンシップの重要性とは?
  • 「また来た…」繰り返す腰痛 この厄介者を撃退するストレッチご紹介
  • "夢から得たヒントで大成功"トレーニング次第で可能に? そのトレーニング法をコッソリ公開
  • 心のSOSかも!? 夢遊病や夜驚症…子どもの睡眠随伴症の原因と治療法
  • 楽しい時間は早く過ぎ去るが うつ病になると時間は遅く感じる
  • 寝不足の女性はなぜコワい? 生物学的要因から見るイライラへの対処法とは
  • 1日の歩数で保険料が決まる!? スイス最大手の保険会社が検討中の"顧客監視"制度とは
  • 人間を悩ます「不安」を科学。睡眠障害やうつ病も引き起こすその正体とは
  • 体内時計の調整で時差ぼけ即撃退! ポイントは「14時間の絶食と食事のタイミング」
  • 「寝る」は簡単かつ効果的なダイエット でもそれって何で!?
  • 睡眠不足による能率低下。 ビタミンEが救世主って知ってた?
  • 安いのに…日でも米でもジェネリックはなぜ普及しない?