CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

光を浴びると男性は性欲が高まる!?早朝30分の日光浴で性欲が3倍に!

 最近、ベッドに誘っても夫がどうしても乗り気にならない……なんて嘆いているのなら、そんなときは、パートナーに積極的な日光浴をおすすめするといいかもしれない。イタリアで実施されたある実験によると、うつ病治療で使用するライトボックスで光を照射すると、性欲が向上することが判明したのだ。

毎朝30分の光治療で性欲に変化?

 イタリアのシエナ大学分子発達医学部研究チームは、眩しい光を浴びることで男性の性欲と生理的反応にどのような変化が現れるかを調査した。対象となったのはセックスへの関心がないことが特徴的な「性的欲求低下障害」と「性的興奮障害」の診断を受けた男性38人。

 2つのグループに分けられた参加者たちは、冬季うつ病などの治療に使われる「ライトボックス」と呼ばれる機器を使い、2週間毎朝30分間光を浴びた。そのうち、片方のグループのみ光量を低くした設定で照射を行い、治療の前後に計測した性欲と男性ホルモン「テストステロン」の分泌量について、2つのグループを比較した(※1)。

2週間で性欲が3倍に!

 実験の結果、浴びる光量によって性欲とテストステロン分泌量に大きく違いがあることが分かった。治療前はどちらのグループも0~10点で性欲を表す指標において約2点ほどだったにもかかわらず、通常の光量を浴びたグループは、治療後このスコアが6.3まで伸びたのだ(※1)。

 通常、テストステロンは2.01~7.50ng/ml(1ナノグラム=10億分の1グラム)が正常値とされている(※2)。治療前は2.1ng/mlと最低ラインだったが光治療後は3.6ng/mlにまで上がったという(※1)。光量が少ないグループは、治療前後で変化はなかった。

光量が多い春~夏は性欲が自然に増加

 本来、北半球では、テストステロンは日が出る時間が短くなる11~4月に自然に減少し、春から夏にかけて次第に上昇する。テストステロンの分泌量が増えるほど性欲も増加することから、光量が性欲に関係していることは確かだろう。事実、妊娠数が最も多くなるのは、日差しが強くなり始める6月だという(※1)。

 詳しいメカニズムはまだ分かってはいないが、この先さらに研究が進めば、病気による性欲減退に悩む人たちを対象に、具体的な治療法が確立される可能性もある。

 最近セックスがご無沙汰でお悩みの方は、ぜひパートナーとの早朝お散歩デートを日課にしてみてはいかがだろうか? 付き合ったばかりの頃の新鮮な気持ちを取り戻すとともに、夜にはうれしいサプライズが待っているかもしれない。

参考・引用

  • ※1:European College of Neuropsychopharmacology(ECNP) Study Shows Lack of Interest in Sex Successfully Treated by Exposure to Bright Light https://www.ecnp.eu/about-ecnp/press/Faglioli.aspx
  • ※2:大東製薬工業 男性ホルモンについて http://www.daito-p.co.jp/reference/androgen.htm

WRITER

Ana

ARTICLE

  • たった30秒でハリウッド女優になれる? 3Dプリンター「MODA」で夢のメイクアップ
  • 運動による筋肉痛とまったく違う「風邪で筋肉痛」 その治し方は?
  • 衝撃。「007はアルコール依存症」“性的ミッション”も遂行不能?
  • 牛・象・ライオン 長時間睡眠王者は誰?
  • がん治療費に朗報?安価なかぜ薬から、がんの転移を防ぐ成分が!
  • その枕、体に合っている?最も重要なポイントは枕の「高さ」
  • 疲れやストレスがうまく抜けない時に、「マインドフルネス」のススメ
  • 健全な職場作り 上司と部下のデスク距離は13.8メートルがベスト?
  • 病気をねつ造して快感を得る? わが子を犠牲にする「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは
  • 「ラブレ菌」はニキビや腸内環境の改善に効果が期待できる
  • ミドリムシは昆虫? 世界の飢餓を救うか、超高栄養価の昆虫食の今
  • 絶対寝坊できないアノ職業人に学ぶ 朝が辛い人へ贈る究極の方法!
  • "年をとると筋肉痛が遅れてやってくる" のウソとホント
  • 眠れない・不眠に効果のある飲み物とは?超すっぱいあのジュース
  • 腸で性格を変える 腸内フローラのスゴい実力でうつや睡眠障害を治療?
  • 大黒柱になることは男性の健康に悪い!?夫婦二馬力のススメ
  • 恋愛もペット頼み? 特に男性は「モテたいならペットを飼うべし」
  • 幸福とは何かを考えさせられる研究結果。 幸福と健康は比例しないの?
  • 梅干しはいつでも私たちの味方!植物ポリフェノール梅リグナンとは?
  • トイレの便座より汚い!オフィスのパソコンは菌の宝庫
  • 日本人の多くが該当者 50万人以上の都市住人は睡眠障害予備軍!?
  • 東洋の陰陽論がヒトの眠りを改善? 注意力と睡眠の蜜月関係
  • 認知症と睡眠時の呼吸障害の関係 アルツハイマー病予防のカギはいびき対策?
  • 睡眠は選手の力を伸ばす!MLBヤンキース今年の秘策は「朝練禁止」
  • 永久の眠りか、それとも…「生き返り」を信じて、死体を冷凍保存する技術が現実に。
  • 寝不足が肌と心に大打撃!6時間睡眠でしわ45%増、自尊心低下でうつの原因にも
  • 瞑想とはそもそも何だろう 本来の力がみなぎるその効果とは?
  • だから「朝活」が続かない!? 世界でも突出。朝寝坊な日本人
  • クラシック=眠くなる は本当? 眠れない人必見!睡眠と音楽の深い関係
  • これであなたの体年齢がバレバレに? 家でもできる「ロコモ」度計測法ご紹介
  • ロマンチックな夜を過ごすには、前日に女性を早く就寝させよ! よく寝た女性は性欲がUP
  • 子どもの睡眠時間で頭の良さが変わる!? こんなに違う海馬の大きさ
  • 夜中に目が覚める…? 中途覚醒で血液ドロドロの動脈硬化の危険増大
  • 当時の平均寿命の倍以上を生きた 戦国武将徳川・毛利が実践した長寿健康法とは
  • 心の傷は時間との勝負! PTSDケアは最初の6時間が大切
  • STOP幼児虐待 暴力シーンを見るだけでも将来のうつ病発症率増加
  • 幽霊?オカルト?経験者は意外と多い「金縛り」のメカニズム
  • これであの痛い腸炎も怖くない? 日本が悪玉菌だけ抑える抗体発見!
  • 不安を感じにくくなる? 筑波大学がホルモン分泌メカニズムを発見
  • 日本の子どもの肥満事情「太ってる」この言葉がより子どもを太らせる
  • 社長の5人に1人はサイコパス?驚くべき統計結果
  • 外国人観光客にオススメの宿を聞かれてももう困らない!超人気宿特集
  • 夢の装置の出現はいつ? 「徹夜勉強VS記憶定着」のジレンマ解消か
  • ビールは社会の潤滑油!飲酒がヒトに与える影響とは
  • デンマークに登場。海の上を永遠に歩き続けることができる橋ってどんな橋?