CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

25歳は大人女子の分岐点 自分のこれからに向き合う年齢

25歳という年齢は、昔も今も女性の分岐点であるようだ。30年ほど前の女性は25歳までが結婚適齢期で、クリスマスケーキのように25歳から価値が下がると言われ、結婚の分岐点だった。

しかし、いまどきの25歳の女性に対して資生堂が行ったアンケートでは、“25歳は素敵な大人の女性になるための分岐点”になっているようだ。

若さや美容、恋愛、仕事などの分岐点

セルフメーキャップブランド「インテグレート」は、メインターゲットである25歳女子の今の気持ちを検証するために、25歳のフルタイム勤務の未婚女性300名、および35歳・45歳・55歳のフルタイム勤務女性各100名(既婚を含む)の合計600名に、インターネットでの「25歳女子のイマを解き明かすアンケート調査」を実施した。

その結果、8割以上の女性が、“25歳は素敵な大人の女性になるための分岐点“と考えていることが分かった。特に「若さ」や「美容」そして、「恋愛」や「仕事」を分岐点ととらえて、うまく乗り越えようとしている姿が浮かび上がってきた。

25歳のリアルな気持ち

25歳が分岐点だと思う理由で、目立ったものは「経験」と「選択・決断」だった。社会に出て責任ある仕事も増えてきて、ストレスも感じる。新しい仕事にチャレンジできる機会も増えて、仕事内容が高度なものに変わってくる。自分のこれからのキャリアを、どうするべきなのか転職も含めて考え始める。

一方で、85.3%の人が、周りに結婚や出産する人が増えてきたと感じる。以前よりも結婚と出産を強く意識するようになり、働き続けても結婚できるのか不安になり始める人も68%に達する(※1)。

高い意識を持つ今の女性像

30年前の頃とは違い結婚への社会的なプレッシャーは無くなっていても、やはり仕事と結婚を意識する年齢であることには変わりがないようだ。また、年齢からくる肌の変化などを感じて、「キレイでいたい」という気持ちが強くなる年齢でもある。

今までの経験を踏まえて自分を見つめ直し、これからの仕事や生き方などさまざまな方向性を選び直す、選択と決断の年齢なのだ。それを前向きにとらえ、将来魅力ある自分になるために取り組み始めようという、高い意識を持つ今の女性像が見えてくる

著名人たちの25歳は?

スポーツや音楽などで活躍している著名人にとって、25歳はどんな年だったのだろうか。女性を中心にピックアップしてみた。

“霊長類最強女子”のレスリング吉田沙保里選手が25歳ごろ、2001年以来の連勝記録が119でストップした。北京オリンピックでは、レスリング女子55キロ級で2大会連続の金メダルに輝いた。

歌人の俵万智が25歳ごろ、高校の教員をしながら出版した『サラダ記念日』が第32回現代歌人協会賞を受賞。日常を若い感性でみずみずしく歌い上げた歌集が、ベストセラーとなった。

シンガーソングライターの矢野顕子が25歳ごろ、ミュージシャン坂本龍一との長女・美雨を出産した。また、シングル「春咲小紅」を発売し、オリコンのシングルチャート最高位5位になる。

ちなみに男性だが、ビートたけしが25歳ごろ、ストリップ劇場時代の浅草フランス座で、エレベーターボーイを務めながら芸人修行を始めた(※2)。25歳ですでに自分の道を見つけて活躍をする人がいる一方で、全く先の見えない新しい道に思い切って飛び込んでいく人もいる

かつての25歳からのアドバイス

かつて25歳だった女性たちへのアンケートでは、25歳の時に恋愛や結婚、自分磨きができなかったと後悔している人が多かった。

先輩たちからの今の25歳へのメッセージは、まだ若いのでやり直しもできる、いろいろなことに積極的にチャレンジしてほしいというものが多い。25歳というのは、後から振り返ると幅広い未来が広がっている、わくわくするような年齢なのだ

参考・引用

  • ※1:資生堂 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000679.000005794.html
  • ※2:age http://kogu-age.appspot.com/age/25

タグ

ARTICLE

  • 自転車が救世主!? 先進国の共通問題「仕事のストレス」による不眠
  • シフトワーカーに贈る、体内時計を正常に保つTIPS
  • 就寝時間差1時間=体重5〜7Kgの差!? 睡眠は超楽チンなダイエット
  • 防腐剤や抗生物質不使用。米マクドナルドは健康志向へ! さて日本は?
  • あなたのご両親は大丈夫? 加齢による視力低下がもたらす心と体の不調
  • ご当地睡眠事情 あなたの県は何番目によく眠る?
  • 幽霊?オカルト?経験者は意外と多い「金縛り」のメカニズム
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の救世主? シーパップの次世代アイテム「エアリング」
  • 熟睡には体温調整。一番簡単な方法は室温を調整することだった!
  • 「1日2リットルの水を飲め」はうそ?!この話には続きがあった!
  • ウィルスや菌すらも「記憶」する!? 深い睡眠が脳の本当のチカラを呼び覚ます
  • あなたの5年以内の死亡リスクが数分で分かる ネットで話題の計算ツール「UbbLE」
  • 大人のゲームは要注意! 1時間以内に終えるべき理由とは?
  • 睡眠時間は人種で違う! 黒人は睡眠不足?アジア人は?
  • 赤ちゃんの安心感を優先して。 添い寝のススメ
  • 未来の日本をも言い当てる? 世界中で最も検索された病気とは
  • 1月31日は愛妻の日! 夫婦間の満足度 男女に大きな隔たり
  • 残念な継承…「早寝早起き朝ごはん」親ができないと子もできない
  • 日本中が沸いたラグビー そういえば、「魔法の水」はなぜ消えた!?
  • <秋特集>ブルマはなぜ導入され、なぜ消えたのか その意外な歴史に迫る
  • すべての暗記を「音」でする? 誰でも訓練次第でミュージシャンの耳をもてる
  • 妊婦さんに本当に必要なサプリメントはたった2つ。あとは「不必要」?
  • 2015年総集ランキング 睡眠編
  • そのストレス、“感染”します。 感染から身を守るとっておきの方法は
  • 大黒柱になることは男性の健康に悪い!?夫婦二馬力のススメ
  • SNSで嘘の妊娠報告まで?行き過ぎたナルシシズムは心の病の可能性
  • その音量大丈夫!? 若者たちに増える難聴 耳をいたわる重要性
  • 日本食にプラスして疲労回復! 夏の疲れを癒す抗疲労食とは
  • 睡眠障害の背後には胃液逆流症の影!? 放っておけないその関係
  • 「高濃度」では見逃す可能性も!マンモグラフィーを受ける前に知っておくべきこと
  • 夫婦円満の秘訣は、睡眠スケジュールを〇〇にすること?
  • 「髪が伸びるのが早いとエッチ」は都市伝説か? 科学的に調べてみた
  • お金をかけずに不眠解消! 手軽でコスパも良い3つの方法とは?
  • 「無痛分娩」海外では一般的。日本では「痛みに耐えてこそ母」が美徳とされるのはなぜ?
  • 腸で解消?ツラい時差ボケ
  • 唾液検査で死期が分かる? 最新の研究が明らかにしたがんとの関連
  • 骨や肌だけじゃない。超・快眠効果まで! 大豆のスゴいチカラ
  • 今夜から結果が出るかも? 体内時計は腸内フローラと食生活で変わる
  • 栄養学から見る食事「うなぎと梅干し=悪い食べ合わせ」に根拠ナシ!
  • 同性愛者への理解が急拡大中「同性間セックスOK」が40年で4倍に!
  • 脳に最高のBGM選び。勉強ならクラシック、あなたのその仕事には…
  • アメリカの離婚事情 夫がフルタイムの仕事を失うと離婚したくなる?
  • メカニズム解明。睡眠不足でイライラ! ストレスの正体はゴキブリと関係?
  • 日本の睡眠時間、またも世界最短。 仕事が日本人を眠らぬ民族に?
  • 今夜は蒸し料理で決まり! 夕食の「食材と調理法」で睡眠の質アップ!