CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

デスクに座りっぱなしは危険?ランチ休憩をしっかり取るべき理由

イギリス人のランチタイム――優雅なイメージを持っていないだろうか?おしゃれなカフェでランチを食べて、ゆったりとお茶を飲みながら雑談を楽しんだり、新聞や雑誌を読んだりしてリフレッシュ? そんなことは全くないようである。今日は現代のリアルな働くイギリス人の昼食事情を紹介しよう。

満足にランチ休憩が取れないイギリス人

マスターカードが、16~75歳のイギリス人、1,300人以上を調査したところ、非常に忙しいイギリス人のランチタイム事情が明らかになった。お昼休憩をしっかり1時間取れている人は全体のたった17%だけ。ランチタイムの平均時間は28分であり、実に12%の人が、ランチを食べる時間すらほとんどないと答えているのである。ランチを外で食べられる人は34%にとどまっている。

ランチ休憩をしっかり取るべき理由

「イギリスの企業はランチタイムの制度をしっかり整えるべきだ」とイギリスの有名テレビコメンテーターであるマウントフォード氏は警告する。「私はキャリアの中で、デスクに前のめりに座り、サンドウィッチにかぶりつく社員をたくさん見てきた。そういう人は生産性が低下し、創造性が欠落する傾向にある。また、多くの研究により、ランチタイムを短くする習慣が健康に悪いという結果が出ている。上司は、しっかりランチ休憩を取る習慣をつけるよう、部下に勧めるべきだ。それにより、社員がリフレッシュし、午後のための活力を得て、創造性や生産性、士気も高まるだろう」

ランチタイムもデスクに座りっぱなしは危険

ランチタイムが短い理由は、より良い仕事をしたいという意気込みの裏返しでもあると言われている。しかし、特にデスクワーカーで、座りっぱなしの生活をすることは健康への危険がある。

2015年に行われた調査によると、運動不足の人が長時間椅子に座っていると寿命が縮むようである。具体的には、週に運動を150分しかしない人が1日座ることで早死にのリスクが倍増するという。座っている時間の長い生活は、糖尿病や心臓病、肥満のリスクを高めるという報告もある。

イギリス保健省は、デスクワークの人は30分ごとに椅子から立ち上がるよう推奨している。

スマホを使うとリフレッシュできない

また、最近昼休憩によく見る光景で、良くない習慣があるという。それが、スマホである。スマホは簡単に情報を得たり、ゲームで暇つぶしをしたりするのにはうってつけのもので、昼休憩にスマホを見て過ごすという人も多いだろう。実際に、イギリス人の約半数がランチタイムにスマホを使っているとする調査結果がある。

しかし、スマホで昼休憩の時間を使ってしまう人は、同僚との会話、散歩、読書などをしている人に比べて午後に疲れが出やすいという調査結果がある。同僚との会話や散歩をすると、いったん仕事モードからオフに気分を切り替えることができるが、スマホでは昼休憩中に全くリフレッシュできないようである(※1)。

日本でもイギリスに似たランチタイム事情

日本のランチタイム事情もよく似ている。2016年に新生銀行が行った20代~50代の日本人への調査では、ランチタイムの平均時間は男性30.6分、女性38.5分と若干イギリスより長くなっている。ランチタイムに外食できる人は男性で15.9%、女性で9.4%と非常に少ない。また、ランチタイムの過ごし方は、男女ともスマホなどによる「インターネットの閲覧」が50%程度を占めて、一位になっている(※2)。

このように、イギリスと日本のランチ事情は意外と似ているのである。忙しい人は、「昼休みを取っている余裕なんてない」と思うだろう。しかし、昼休憩に得ることができるのは食事によるカロリーだけではない。昼休憩に心と体をリフレッシュすることで、午後への活力も得られるのである。

特に残業や長時間労働で頭が疲れていると感じている人は、たとえ10分でも15分でも長く昼休憩を取るようにしてみよう。仕事の効率が上がったり良いアイデアが浮かんで、休憩した時間以上の時間を節約できたり、いつもより良い仕事ができたりするかもしれない。

参考・引用

  • ※1:Give it a break! Average worker only spends 28 MINUTES on lunch - and it could be making them less productive http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3802525/Give-break-average-worker-spends-28-MINUTES-lunch-making-productive.html
  • ※2:新生銀行「2016年 サラリーマンのお小遣い調査」結果について http://www.shinseibank.com/corporate/news/pdf/pdf2016/160629okozukai_j.pdf

WRITER

harappa

ARTICLE

  • <夏特集>自由研究のテーマはこれで決まり! かき氷を食べるとなぜ起こる?頭痛の謎を科学的に解明
  • PPK(ピンピンコロリ)はホントに理想的な死なのか?
  • 脳や体に悪影響。寝不足だけじゃない、寝すぎは逆に疲労や不健康の元
  • 夜勤で体内時計を狂わせない方法は「日勤の生活に体内を合わせる」
  • あなたの「眠れない」はテクノストレス不眠かも? スマホにご注意を。
  • あの恐ろしい都市伝説は本当?最新科学でその真偽を調査 その1
  • 「平均睡眠時間ワースト2位の日本」で一番寝ていないのは?職業別睡眠時間
  • 「白髪の人はハゲない、海藻を食べればハゲない」…薄毛にまつわる都市伝説を科学的に検証してみた
  • 仕事や人生に疲れたらオ・ト・ナのぬり絵!? ココロとカラダに効く芸術療法とは
  • 子宮への刺激がすくないのが利点 「異常なし」に重きを置いた新型出生前診断の今
  • 春先に多く発生 整体院に駆け込む患者さんに見るめまいや吐き気
  • 幸せも悲しみも全ては頭の中に… 幸福度の高い人に特徴的な「脳」を発見
  • 60歳を20歳に若返らせる!? 不老長寿サプリが臨床実験開始
  • 不眠に効果抜群、荒療治?「眠ってはいけない」環境で眠れるように
  • 睡眠時間世界比較「日本人は夜型で寝不足」世界に類を見ないその睡眠習慣とは
  • 女子サッカー界のレジェンド、澤選手が実践していたヘアケアとは?
  • 「外国からやってくる」大気汚染。 肺の奥の奥まで届いてしまう恐怖の粒子物質
  • 科学と統計学で判明 旅行が人生の幸福度と健康度を向上させる
  • 秋こそ要注意!「秋は子どもたちの安全に対するリスクが高くなる季節」と専門家が指摘
  • たばこのせいで寝たきりに? 筋肉そのものを弱らせる働きも
  • 「おくるみ」は乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクだった
  • 大人のゲームは要注意! 1時間以内に終えるべき理由とは?
  • 赤ちゃんの睡眠中の事故に厳重注意 新生児に枕、ブランケット、ぬいぐるみは厳禁
  • <秋特集>「雪山で寝るな」は知ってるけど…まさかの軽い登山でも遭難多発。遭難時にどう生き残る?
  • すぐにイライラ… 睡眠不足が原因かも? 深すぎるその関係とは
  • <夏特集>英国人が実践中!? 暑い夜に負けない、一風変わった知恵9つ
  • エボラウイルスでも死なない!? 超強力な免疫力のあの生物に迫る
  • 日中超眠い人は要注意? 過度の眠気や長い昼寝は病気リスクを高める
  • 死亡率を4倍に跳ね上げる恐怖の生活習慣 気づかずあなたも…?
  • 病院は睡眠妨害空間? 患者の眠りと回復を促す照明の色は何色?
  • ペットフードに信じがたい量の添加物?がん、アレルギーの元にも
  • 暑い時期だけじゃない、食中毒にご用心。予防は"調理者"の"いちいち洗う"から
  • 「腹が減っては判断できぬ」 空腹時には合理性と決断力が劇的に低下
  • 次のスーパーフードはゴキブリのミルク!? 気持ち悪すぎる完全栄養の正体は
  • 気を抜くと瞬く間に再生…お風呂に繰り返し現れる「アイツ」と戦う戦法を伝授
  • 幸せ度が高い人ほど体重が増える 「幸せ太り」は本当か?
  • 「医療観光」。 他のアジア諸国に大きく先を越される日本の現状とは
  • 「白髪は抜くと増える」は本当か。その対策法で美しい黒髪を手に入れよう
  • シエスタ=昼寝を義務化した町や企業があるってホント?そしてなぜ?
  • 不快!と毛嫌いしないで! 「ため息」は人が自分を守る回復の試み
  • 時差ぼけ 東京→欧州よりも、東京→北米の方がツラいって知ってた?
  • 鉄分添加ミルクに注意 乳児期の過剰摂取が将来の認知症リスクを増大
  • 愛のホルモン・オキシトシンでダイエット?衝動的行動をコントロール
  • これを読んだら草食化した若者もやみつきに!? セックスがもたらす素晴らしき効果3つ
  • 抱擁が足りない?ロマンチックな関係を持続するために、するべき行動とは