CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

子どもの誤飲事故 ボタン電池には特に注意!

幼い子どもは何でも口に入れてしまう。特に生後5~6カ月を過ぎた頃から、周りにあるいろいろなものに興味を持ち始め、なめてみることで「これは何かな」と確認しているのだ。その時期は特に、それが食べ物なのかどうかが区別できない年齢でもある。だから、誤飲事故が起きる。子どもの誤飲事故と注意すべき点についてお伝えする。

タバコが誤飲事故のトップ

幼い子どもはどのようなものを誤って飲み込んでしまうことが多いのだろうか。厚生労働省の調べによると、最も多いのがタバコで誤飲事故の5分の1を占める。次いで薬、磁石やねじなどの金属類、ビニール袋やシールなどのプラスチック製品、おもちゃ、電池と続く。

最も誤飲事故が多いのが6~11カ月の赤ちゃんで3割を占めている。周りにあるものに興味を持ち始める時期、ハイハイやつかまり立ちを始める時期、これらの条件が重なって事故が多くなるのだ(※1)。

特に危険!もし、ボタン電池を飲み込んだら……

誤飲事故の中で、最も多いタバコよりも注意しなければならないのが電池の事故だ。日本で報告されている電池の誤飲事故の全てが実は「ボタン電池」だ

なぜボタン電池が危険なのか。ボタン電池は、体の中で消化管などに張り付いて、穴を開けてしまう可能性があるのだ。飲み込んでからたったの15分でそういった損傷が始まる。しかも、誤飲してから時間がたつと、張り付いたまま取り出せなくなってしまうこともある。

ボタン電池を誤飲したことが分かったら、直ちに医療機関を受診しなければならない緊急事態だと判断していただきたい(※1,2)。

イギリスでボタン電池の誤飲事故が急増

日本の調査結果ではボタン電池の誤飲事故は数としてはそれほど多いわけではないが、イギリスでは急増しているという。ボタン電池を使った電化製品が年々増えていることによるものだ。ボタン電池を使った電化製品は子どもの手の届かない場所に保管しておくよう、医師らが注意を呼び掛けている(※2)。

5センチのものでも誤飲する

こんなに大きなものが幼い子どもの口に入るのかと思われるかもしれないが、3歳の子どもが口を開けたときの最大口径は約4センチ、のどの奥までは約5センチもある。その大きさの範囲内のものなら、飲み込む可能性があるといってよい(※3)。

周りの大人が日頃から誤飲防止を

子どもの口の大きさを想定した誤飲チェッカーなども出ているので、「このおもちゃは本当に大丈夫か」と、日頃から周りの大人が1つ1つ丁寧に確認作業をしていくことが、子どもの誤飲事故の防止につながる。

参考・引用

  • ※1:平成26年度 家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告 http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11123000-Iyakushokuhinkyoku-Shinsakanrika/0000119051.pdf
  • ※2:Keep button batteries away from children, doctors warn parents https://www.theguardian.com/society/2016/sep/22/button-batteries-keep-away-children-doctors-warn-parents
  • ※3:子どもの事故防止教材 「誤飲チェッカー」「誤飲防止ルーラー」 http://www.jfpa.or.jp/mother_child/prevent/002.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • うっかり押しちゃう?! Facebook「よくないね!」30-40歳女性が統計上アブない
  • 生理は伝染る!?仲良しの友達と周期がかぶる理由はハーレム回避?
  • 必見!超イタい首の寝違えにスグ効くストレッチ
  • 17年前の"STAP細胞"? 膝の裏にある光センサーのウソ・ホント
  • 人はどうしてキスをしたくなるの? 遠い昔のアノ記憶がそうさせていた
  • タブーにするべからず 9割のトップアスリート「月経で悪影響あり」
  • 夜10時がリミット! 夜遅い食事をするなら空腹でいたほうがマシ?
  • 下水汚染貝、毒薬・農薬入り食品…イギリス食品偽装の実態とは
  • 眠れない? なら最高の「眠れる服」パジャマを着て寝てみよう!
  • 原因は睡眠不足? 浮気する人はしない人より22分睡眠時間が短い
  • 冬に多いノロウイルス 感染メカニズムの一部を発見!
  • 新発見。睡眠時無呼吸症候群(SAS)ががん細胞の増殖を許していた
  • <秋特集>お風呂シリーズ:半身浴が良いのはなぜ? 熱いお風呂やシャワーではダメ?
  • 歯ブラシは濡らすな? 口内トラブル原因は排水溝のヌメリと同じだった
  • 仕事中毒は精神障害を併発?あなたの中毒度、記事内でチェックします
  • がん細胞は毎日できている 睡眠の長さや質、特に乳がんの生存率に影響
  • カフェインに強い遺伝子? 寝る前にコーヒーを飲んでも眠れる人がいるのはなぜか
  • 運動習慣があれば、25万円も医療費節約できる?!心疾患は運動で予防しよう
  • 妊婦さんの体重管理。 妊娠しても「2人分食べる」必要がないのはなぜ? 
  • 幽霊?オカルト?経験者は意外と多い「金縛り」のメカニズム
  • 体内時計を意識した健康的な生活。ナチュラル・エイジングのススメ(中編)
  • 若い命を守る 飲酒可能年齢は21歳になってからが良い?
  • 侮るなかれ、いびきがQOLや家族関係悪化を招く。原因と治療法は?
  • ある遺伝子が「体内時計の乱れ=がんの発生率」まで決めていた!?
  • 根強い「偏見」を科学的に無くす方法があるって知ってた?
  • <秋特集>「行き」よりも「帰り」があっという間に感じるのはなぜ? 科学的に証明してみた
  • 睡眠は選手の力を伸ばす!MLBヤンキース今年の秘策は「朝練禁止」
  • <夏特集>熱中症との混同に注意。夏に多く起こる脳梗塞
  • 年代別の睡眠を徹底解剖!  巨大調査からみる日本の眠り
  • 外国人旅行者が日本で困ることは何? 観光立国を目指す日本が今できること
  • それでも大好き!フライドチキン。高脂肪食も同じ時間に食べれば太らないってホント?
  • 今夜から結果が出るかも? 体内時計は腸内フローラと食生活で変わる
  • 手紙のススメ 今だからこそ「ここぞ」で手紙が生きてくる
  • 変な時間に起きる、眠くなる…それって「概日リズム睡眠障害群」かも?
  • 「ショートスリーパー=短時間睡眠」になる方法は? 睡眠効率がカギ
  • 「平均睡眠時間ワースト2位の日本」で一番寝ていないのは?職業別睡眠時間
  • 熱中症は季節を問わない?夏だけでなく注意が必要なその理由と予防方法
  • 睡眠中に繰り返す悪夢…背後にPTSDの影アリ うつや自殺との深い関連性も
  • キャンプ場での生活が教えてくれる「夜型生活脱却」の方法
  • 京大の発見が奏功! 体内時計を調整する薬が登場?
  • シフトワーカーに贈る、体内時計を正常に保つTIPS
  • その化粧品、赤ちゃん用品、安全? 仏消費者団体が有害リスクを警告
  • お金のストレスで見た目を老けさせない秘訣は?
  • 薬指が長いと浮気をしやすい!?医学的な根拠を持つ「指の長さ占い」とは
  • 働く女性の8割がストレスに悩む お風呂と寝室がストレス不眠解消の鍵