CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

男性は暑がり、女性は寒がりなのはなぜ?

 男女の間で頻繁に勃発するエアコンの温度設定をめぐるケンカ。職場や家庭で一度は誰もが経験したことがあるのではないだろうか。男性は温度を下げたいし、そうすると女性が寒いと文句を言う……。永遠に解決しそうにない問題だが、今回は、このケンカの原因を探ってみたい。なぜ、男性は暑がり、女性は寒がりなのか。

筋肉量が違うから

 男性と女性の間で温度感覚に差があるのは、基礎代謝の違いが影響しているからということが、これまでの研究で明らかになっている。

 人は筋肉を動かすことによって熱を作り出しているわけだが、男性は女性よりも筋肉量が多い。そのため代謝が高い、つまり体の中で熱をたくさん作ることができるのだ。女性はその逆だ。筋肉量が男性に比べて少ないので代謝が低く、熱をたくさん作れないのだ(※1)。

おなかの赤ちゃんを温めるため

 原因は筋肉量の違いだけではない。女性は男性よりも体の中心部の体温を維持することに優れているのだが、これが温度感覚の差の最も大きな原因とされている。

 女性は赤ちゃんができたとき、おなかの赤ちゃんを温めてあげる必要があるため、深部体温を一定に保つ働きを持っている。深部体温が下がれば、それを補うために肌や手足など体の他の部分から血液を回してもらい深部体温を上げようとする。結果的に、血液を奪われた肌や手足の温度は下がり、「寒い」と感じるわけだ。

月経中も体温が下がる

 女性は当然の知識として知っていることだがホルモンの影響で月経前になると体温が下がる。低体温の状態が月経中ずっと続く。そして排卵の時期になると再び体温が上がる。これを毎月繰り返している。

 わずかな体温差ではあるが、ひと月の半分は「寒い」という状態なのだ。さらに、月経中は血液中の鉄の量が減っている。鉄の量が減ると熱の損失につながる。女性の寒がりに拍車をかけているのだ。

“温度戦争”防止の新たな策にギンナン?

 このように女性が寒がりなのには性別による体の機能の違いが大きく関係することが分かった。体の機能の違いはどうにもならないが、少しでもご家庭の温度をめぐるケンカを少なくするためには、女性に体温を上げてもらう必要がある。

 ショウガやニンニクが体を温める効果があることは有名だが、ドイツのザールランド大学の研究で、ギンナンにもその効果があることが分かった。ギンナンのサプリメントを服用したところ、毛細血管への血流が1.5倍になり冷え性の治療に役立ったという。

全身を動かす運動もオススメ

 もちろん、体をぽかぽかさせる運動もオススメだ。例えば自転車は足の運動に、ボートこぎは腕の運動になるし、全身を動かす水泳はパーフェクトなエクササイズだ。特に気温の低い冬場はただでさえも体温が奪われる。体温アップの策、ぜひお試しいただきたい。

参考・引用

  • ※1:「冷房弱者」とはどんな人? ~体にやさしいエアコンとの付き合い方【前編】 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20120702/1041759/?P=2
  • 参考:Why are men always hot and women always cold? From body fat to hormones, we explain what causes the great gender temperature divide http://www.dailymail.co.uk/health/article-3766837/Why-men-hot-women-cold-body-fat-hormones-explain-causes-great-gender-temperature-divide.html

WRITER

kix

タグ

ARTICLE

  • 事故や認知症による記憶の喪失に光。逆に楽しい記憶を人工的に植え付けることが可能に!?
  • 子どもの睡眠不足が起こす肥満 就学前の子どもに必要な時間、きちんと眠らせている?
  • スターウォーズの世界がすぐそこに 超ハイテク義手が世界に夢
  • SNSでの育児や家庭問題の相談が急増中! でも頼りすぎにはご用心
  • 日本の睡眠時間、またも世界最短。 仕事が日本人を眠らぬ民族に?
  • 歩けば保険料が安くなる!?  IoTが実現する健康とテクノロジーの共演
  • 電子カルテ導入で患者の不満爆発? 医師が向き合う相手は誰なのか
  • 「睡眠不足は美肌の大敵」もう常識? 実験が明らかにした驚くべき結果
  • 海外旅行中は「シャワーで歌」に気をつけろ!?安全な旅をするために
  • 冷やしたご飯で健康・美容を手に入れる? レジスタントスターチの力
  • 暑い時期だけじゃない、食中毒にご用心。予防は"調理者"の"いちいち洗う"から
  • 飲んでも寝るな! 飲酒後仮眠すると逆効果 睡眠中はアルコール分解能力が半減する
  • 睡眠を騒音から守ってくれる脳波が存在!鍵を握る「紡錘波(ぼうすいは)」とは?
  • 夜食は逆効果?!夜間の勉強や仕事で記憶力を上げるには
  • 寒さ対策には愛?「ごめんね」「ありがとう」の言葉で家族の体温上昇
  • 世界中存在する木の本数は? 天文学的な統計を米イエール大学が何と実地で解明
  • 23年前に少し会った人を覚えている自信はある? 凄まじいゾウの記憶力
  • 軽症の睡眠時無呼吸症候群(SAS)に。マウスピース改善
  • 若い命を守る 飲酒可能年齢は21歳になってからが良い?
  • 「骨スカスカ」予防のために大人ができる食事・運動・生活習慣とは
  • <夏特集>悩みの種"ふりそで"お肉がない、すっきりした腕になろう
  • まるで人肌…? 超進化系、極上コンドーム "GELdom"
  • 朝が弱い若者 怠け者だからではなく多くが病気だった!?
  • その疲労感と不安感…栄養ドリンクが犯人かも? 大量の砂糖とカフェインのダブルパンチ
  • 指しゃぶり・爪噛み 子どものアレルギー防止に役立つ?
  • 体内時計を意識した健康的な生活。ナチュラル・エイジングのススメ(前編)
  • 恋でキレイになるワケを科学が証明 幸せホルモンにはダイエット効果も
  • 特効薬は離婚!? 夫がもたらす妻の病気「夫源病」って何だ
  • 九州で今秋からドローン救急医療、検証開始!
  • なぜ世の中は美人だらけにならないのか 魅力的なハエが教えてくれるその答え
  • 合コンネタにいかが? 人間以外の動物の睡眠方法が面白すぎる
  • セックスレスの原因は睡眠時間にアリ!? 女性はぐっすり眠ると性欲が高まる
  • うつの兆候、悪夢を撃退 手ぶらでできる簡単な方法とは
  • 排卵期。猿はお尻、魚は腹が赤に。人間の女性はどこが赤く?
  • おとぎ話科学読本 シンデレラの靴は防弾ガラスでできていた?
  • 間も無く開始。脅威の嗅覚でガンを嗅ぎ分ける犬によるガン検査
  • 「子どもの朝食、パンとご飯どっちがいい?」長年の論争に今こそ終止符を。
  • たばこのせいで寝たきりに? 筋肉そのものを弱らせる働きも
  • 難局は寝てから考えろ! 睡眠不足のリーダーには「失格」の烙印?
  • 産後うつは子どもの成長やIQにも影響。なりやすいのはどんな人?
  • 秋こそ要注意!「秋は子どもたちの安全に対するリスクが高くなる季節」と専門家が指摘
  • うつぶせ寝が顔にシワを作る!? スパナ型枕でつるりん肌を目指す
  • 米国退役軍人の睡眠障害が深刻 戦場での死亡者より多い帰国後の自殺者
  • <秋特集>知っている? 漫画のように「温泉でぐいっと一杯」…は死と隣り合わせ
  • 「正月ぼけ」はなぜ起こる? 年が明ける前からできる対策法