CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

幸せ度が高い人ほど体重が増える 「幸せ太り」は本当か?

 筆者の夫も典型的な1人なのだが、なぜか、結婚すると太る人が多い。「幸せ太り」ともいわれているが、これって本当なのだろうか。科学的に検証してみたい。

4割が「結婚後、体重が増えた」

 あるインターネット調査で、結婚後の体重増加について既婚者350人を対象に調べたところ、約4割の人が「体重が増えた」と回答した。どれぐらい増えたのだろうか。半分ぐらいの人が3~7キロの増加だ。10キロ以上増えた人も3割弱いる。

体重が増える理由は?

 理由も併せて聞いてみると、男性は「3食きっちりおいしい食事が食べられる」「残せない」「運動不足」という回答が主なもの。女性は「妊娠・出産」「子どもが残したものも食べる」という回答が目立った(※1)。確かに、幸せを象徴しているかのような理由だ。

幸せ度が高い人ほど体重が増える

 実際に、結婚後の幸せ度と体重増加について調査した研究結果がある。アメリカの南メソジスト大学は169組の新婚カップルを対象に4年間、体重とどのくらい幸せかを聞いた。その結果、結婚生活に満足している人たちの方が、体重が増えやすい傾向にあることが分かった。

 幸せではないカップルは離婚後、新たなパートナーを見つけるために自分を魅力的にしておく必要があるから体重が増えないのではないかと研究チームは考えている。逆に言えば、幸せなカップルはそうする必要がないから、体重が増えるのだ(※2)。

糖尿病患者は結婚した方がスリムに?

 ところが、糖尿病患者では、真逆の結果が出ることが横浜市立大学の研究で分かった。研究対象の糖尿病患者270人のうち、180人は既婚者で配偶者と同居、90人は独身者。これらを比較したところ、肥満度を測る体格指数(BMI)の平均値は既婚者が24.5で、独身者の26.5よりも低かった。また、メタボリック症候群の比率も既婚者は54%、独身者は68%と既婚者の方が低かった(※3)。

 これについて研究チームは、愛情のある夫婦でパートナーが病気の場合、よりヘルシーな食事を取ろうとするし、薬もきちんと服用するし、病院へもきちんと行くからだと考えている(※4)。

どちらも「幸せ」の象徴

 健康な人と糖尿病患者とでは、結婚後の体重に真逆の結果が表れたが、どちらも「幸せ」だからこその結果だ。健康な人では「結婚すると太る」ではなく「幸せだと太る」が真実のようだ。しかし、健康な人も「肥満」のレベルに達すると健康ではなくなってしまうし、それが「幸せでない」につながっていく可能性もある。くれぐれも健康と幸せが両立できるような食生活を心掛けていただきたい。

参考・引用

  • ※1:結婚後は、やっぱり太るもの? 既婚者が教えてくれた「幸せ太り」の真相 http://news.mynavi.jp/news/2013/11/01/376/
  • ※2:Beware the happy fat: Scientists prove that wedded bliss wreaks havoc with your waistline http://www.dailymail.co.uk/health/article-2270635/Happy-marriage-It-wreaking-havoc-waistline.html
  • ※3:糖尿病患者では結婚により過体重リスクが低下 http://healthdayjapan.com/2016/09/26/13591/
  • ※4:Being married can help you stay slim! Researchers find single people are twice as likely to be overweight http://www.dailymail.co.uk/health/article-3791557/Being-married-help-stay-slim-Researchers-single-people-twice-likely-overweight.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 遺伝?環境?統計で判明する、子どもの将来の裕福度合
  • 日常を科学的に検証。「あくびがうつる」に隠された温かいメッセージとは
  • エミレーツ航空のCAが勧める、快適な旅のための「新・三種の神器」
  • 地球上で最も恐ろしい生物はライオン?サメ? 想像を絶する大量殺人生物第1位があまりに身近過ぎて怖い
  • 人は一生でどれくらい眠る?驚きの総睡眠時間とメラトニンの役割
  • たった一晩の徹夜が体を長期に渡って苦しめる 疲労・肥満が永続する可能性すらも?
  • 数年後に現れる恐怖の「隠れジミ」 カロテンを含むジュースで撃退!
  • あなたは短時間睡眠でOK? 早起きできないのは遺伝子のせいかも
  • 日本のサラリーマン「月曜に心筋梗塞」ほかの曜日より30%も多かった
  • 骨盤を元の位置に戻すってどうゆうこと? 自力でできる骨盤矯正
  • その音量大丈夫!? 若者たちに増える難聴 耳をいたわる重要性
  • 大きめのカップヨーグルトにうつ予防効果!…でも低脂肪のものは逆効果
  • 健康の敵?それでもやめられない! 揚げ物大好きな方の賢い楽しみ方
  • うつぶせ寝が顔にシワを作る!? スパナ型枕でつるりん肌を目指す
  • 2060年の地球 熱波による「信じがたい蒸し暑さ」がやってくる!?
  • ステロイド治療に終止符?アトピー性皮膚炎、ワセリンが発症を予防か
  • ツラい時差ボケをイッパツで治せるとっておきの方法、教えます
  • たばこのせいで寝たきりに? 筋肉そのものを弱らせる働きも
  • たかが枕、されど枕。 飛鳥時代のゴージャス枕から最新の超スゴイ枕まで
  • 「夢遊病患者を起こすべからず」は嘘だった 起こさないと危険なことも
  • アレルギー性結膜炎「涙」で早期発見!痛くない診断方法を日本が開発
  • 酔ったまま寝る、はNG! ビール大国ドイツに学ぶ二日酔い防止法
  • 冬山で遭難すると眠くなるのはなぜ?
  • 慣れない場所で眠れない理由は警戒態勢の脳のせい!睡眠と脳の不思議
  • 睡眠・快眠に効果のある食材は玉ねぎ!「硫化アリル」が眠気を誘う
  • カフェインに強い遺伝子? 寝る前にコーヒーを飲んでも眠れる人がいるのはなぜか
  • DVの男性被害者増加中 「恥」ではない。勇気を出して相談を
  • 既婚者は知っておきたい!離婚や死別で脳卒中リスクが3割上がる
  • 知っておきたい! ドーピングしたことになってしまう一般薬とは?
  • 新春・初夢占い! 当たるも八卦、当たらぬも八卦
  • 音でオーガズム!? 聞いて快感を感じる「ASMR」って一体何だ
  • <夏特集>エアコンをめぐるクールでホットな“エアハラ” 職場や家庭で勃発中!
  • 寝室は寝るだけの部屋? 枕の数からみる 日本と欧米の寝室
  • 今後の発展に期待大 海女さんの血管年齢は通常より11歳も若い!
  • 意外にシンプル… 「脳に塩分注入」で睡眠の治療をする時代が来る?
  • 匂いを感じる仕組みの解明でノーベル賞。 人の嗅覚は訓練によって鍛えられる!
  • 「失恋のショックで心臓が…」は本当にあり得るのか。科学が明かすホントの所
  • 成績の悪い子どもに睡眠時無呼吸症候群(SAS)の影? 子どものいびき要注意
  • 産後うつは子どもの成長やIQにも影響。なりやすいのはどんな人?
  • 尿酸=痛風だけじゃない!尿酸が教える腸の異常
  • あなたの幸福度は遺伝子で決まっている? 幸せの3遺伝子発見
  • 光を浴びると男性は性欲が高まる!?早朝30分の日光浴で性欲が3倍に!
  • Dカップ女子はスポーツをやめやすい? 4人に3人が胸に「悩み」
  • 「13日の金曜日」は本当に怖い? その由来と統計調査が表す真実とは
  • 若いあなたの体内で 静かに、しかし確実に始まっている老化現象「サルコペニア」って何だ?