CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

仕事の同僚のことが好きですか?心と体の健康を支えるのは同僚との良き関係

 あなたは仕事仲間のことをどう思っているだろうか。単純に好きか嫌いか聞かれたら「好き」と答えられるだろうか。もし、「好き」なら、あなたの心と体の健康は維持されるかもしれない。

仕事のストレスの原因は「職場の人間関係」

 仕事のストレスを抱えている人は多い。自分で原因を考えてみたことはあるだろうか。好きな仕事ができていない、給料が少ない、時間が不規則である、職場の人間関係に問題がある――。人によって理由はさまざまだ。

 20代以上の働いている人3000人余りを対象に行われたインターネット調査で、仕事上のストレスと感じるものは何かを聞いたところ、「職場の人間関係」が圧倒的に多く、半分近い人がこれを理由に挙げた。仕事のストレス対策の1つで仕事量を少なくすることがよくあるが、「仕事の量が多いこと」と答えた人は3割にすぎなかった(※1)

同僚との関係は良い?悪い?

 この結果を裏付けるかのように、同僚との関係や組織の良しあしが人々の健康や心身の疲労に重大な影響を与える可能性があることが、オーストラリアのクイーンズランド大学の調査で明らかになった。研究チームは、世界15カ国のサービス業、販売業、軍隊などさまざまな職業の1万9000人以上を分析した。

 その結果、「社会的な結び付きがあると感じられること」、つまり、同僚との関係が良かったり、職場の組織の中でうまくいっていたりする人心身の疲労が少なく、健康状態が良いことが分かった。心の健康も体の健康も両方の良いのだという(※2)。

健康でいるための方法の1つに

 研究チームは、同僚との関係が良いと心身健康でいられるのかについて明確な理由は示していないが、もし、その同僚のことが「好き」ならば、きっと毎日、気持ちよく出社することができるだろう。少なくとも、心のストレスは大幅に削減できそうだ。

 しかし、健康のために、「同僚との関係を良くしなければ」と何か特別なことをしなければならない気持ちになる必要はない。医師らで構成しているアメリカの「ファミリー・ドクター」というサイトでは、健康を保つためのポイントを紹介している。喫煙の習慣をやめること、お酒の量を控えること、50歳~74歳の女性は2年に1回マンモグラフィーを受けること――(※3)。これらの健康の秘訣(ひけつ)のリスト「同僚との関係を良くすること」これを加えていただきたいのだ。

 まずは、職場の同僚の良いところを見つけて「好き」になってみる、この作戦から始めてみてはいかがだろうか。

参考・引用

  • ※1:あなたの仕事のストレスは何ですか? http://www.adecco.co.jp/vistas/investigation/2016/0125/
  • ※2:Love Your Co-workers? It Could Boost Your Health https://consumer.healthday.com/mental-health-information-25/psychology-and-mental-health-news-566/sense-of-belonging-at-work-may-boost-health-715473.html
  • ※3:What You Can Do to Maintain Your Health http://familydoctor.org/familydoctor/en/prevention-wellness/staying-healthy/healthy-living/what-you-can-do-to-maintain-your-health.printerview.all.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 地球上で最も恐ろしい生物はライオン?サメ? 想像を絶する大量殺人生物第1位があまりに身近過ぎて怖い
  • そんなに「顔」が大事?脳は身近なものや顔を無意識に重要視していた
  • 意外に難しいジム選び 正しいジム選びのための7つの極意
  • ペット=寝不足の原因?
  • 夜勤で体内時計を狂わせない方法は「日勤の生活に体内を合わせる」
  • 睡眠障害の背後には胃液逆流症の影!? 放っておけないその関係
  • 認知症治療に光? 「今ココにいる」場所認知の脳活動は睡眠中も。
  • ギャンブル依存症は治療できる? 「ニアミス好き」が根本原因か
  • あんなトコロでお泊まり!? 大人のリアルお泊まり、スリープオーバー
  • 寝室温度で寝汗を止める!それでもたくさん寝汗をかくなら病気も疑え
  • 忍者の手指のポーズ「印を結ぶ」で緊張知らず? 歴史に学ぶ成功法
  • 何度も運動の継続に失敗している方必見!継続のTIPSを4つお教えします
  • これを読んでも若者の飲酒に寛容でいられる? 怖すぎるその影響
  • 子どものいびき まさか睡眠時無呼吸症候群(SAS)?原因は何?
  • なぜ、野球選手はゲーム中にガムをかむ?そこに秘められたスゴイ効果
  • 時折テレビで紹介される"ごみ屋敷"…その原因は睡眠にアリ?
  • がん治療費に朗報?安価なかぜ薬から、がんの転移を防ぐ成分が!
  • 街角でセクシーナース が下着の中を検査?そこには重大なメッセージが…
  • ホルモンの影響?男性と女性には性欲のピークにずれがある
  • 寄生虫が妊娠率を高める!? 不妊治療のさらなる発展に期待
  • 長い睡眠時間は健康に悪影響 何時間が
  • イスラエルで明らかになった事実。レム睡眠で目玉が動く時、あなたの夢には異変が…
  • 高齢者の概日リズム解明。 不治とも言われていた認知症治療に光か
  • 寝不足の女性はなぜコワい? 生物学的要因から見るイライラへの対処法とは
  • 緑と青がカギ! 「朝が辛い」「夜眠れない」を光の色でコントロール
  • ハイヒールは歯ぎしりのもと…歯ぎしりが及ぼす恐怖!?
  • 乳幼児の脱水症状には経口補水液よりも薄めたリンゴジュース?
  • 嫌わないで! 目やにが出ることは健康な目の証し
  • 子どもは何でも食べちゃうモンスター!誤飲事故の最多はタバコ
  • ファスティング(断食)は究極のアンチエイジングになるか?!免疫の自己再生を促進
  • カップ一杯で男性力を取り戻す?精力コーヒー「スティッフブル」が米国で大流行
  • <冬特集>少しの寒さと引き換えに健康を。 冬こそ寝室の換気で快眠準備完了!
  • 飲酒の後によく眠る方法
  • 豆電球をつけて寝ると肥満症のリスクありって、ホント?
  • 二度寝で「眠りの黄金郷」? 最高に気持ちいい二度寝のためのTIPS
  • 科学が明かした最強の勉強術 黙々と勉強、は一番ダメ。5感を駆使して学習を
  • これを読んだら草食化した若者もやみつきに!? セックスがもたらす素晴らしき効果3つ
  • 若者、男性、高学歴者は「近所」が広い? 健康と住環境の意外な関係
  • パクチーは石鹸の匂い? 遺伝子が決める食の「好き嫌い」
  • 雪が積もった、さあ大変! 転倒防止のTIPSは動物が教えてくれる
  • ナポレオン、サッチャーの超短時間睡眠。7時間睡眠のあなたにもできるのか?
  • 飲み会前に水を飲むのはNG!?忘年会シーズン中のお酒を飲むポイント
  • 余命を超えたブログ「久美子ママ」 末期がん闘病のつらさ、ユーモアに包み
  • 男性は女性より清潔!? 大規模調査が明かす衝撃の結果(食事中の方はお控えください)
  • "夢から得たヒントで大成功"トレーニング次第で可能に? そのトレーニング法をコッソリ公開