CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

がん治療費に朗報?安価なかぜ薬から、がんの転移を防ぐ成分が!

 今や日本人の2人に1人ががんになるといわれる時代。がんに対するさまざまな治療法が確立してきているものの、その費用は高額になりがちだ。しかし今回、がんの転移を防ぐ成分が、安価なかぜ薬から発見されたというのだ。

日本における膀胱がんの動向

 がんと聞くと決してあまりよいイメージを抱かない病気だろう。がんの中でも膀胱がんは、進行してステージが進むと予後の悪くなるがんのひとつだ。統計では、日本では毎年2万人が膀胱がんにかかっており、8千人が亡くなっているという。膀胱がんをはじめとする多くのがんの予後が悪い原因に、がんの浸潤が深くなると、がん細胞は血液やリンパ液にのって、他の臓器へ転移することが原因にある。さらに、がんの中には耐性といって、抗がん剤が効かなくなることがあることも影響していた(※1)。

かぜ薬の成分が膀胱がんの転移を阻止する

 北海道大学では、マウスの実験でかぜ薬に含まれる成分が、膀胱がんの転移を防ぐ働きのあることをつきとめた。具体的には、非ステロイド系消炎剤であるフルフェナム酸という成分で、がんの転移にかかわる酵素の働きを阻止することが分かっている。この酵素は、抗がん剤のひとつであるシスプラチンの作用も阻害するものであることが同時に分かったという(※1)。

すでに使用されている分子標的治療薬

 上で述べたように、病気の細胞の特定の機能を担う分子をターゲットにし、効果を発揮する薬のことを、「分子標的治療薬」という。たとえばがん細胞の分子標的治療薬では、がん細胞の増殖や転移にかかわる分子に効果を得て、がんの進行を抑えるものだ。現在、分子標的治療薬は10種類(約20種類)(※3)ほどあり、すでに医療現場でも使用されている(※2)。

ふつうの抗がん剤との違いは?

 分子標的治療薬と通常の抗がん剤と異なる点は、そのターゲットの範囲である。現在使用されている多くの抗がん剤が、がん細胞だけでなく正常な細胞も含めた全ての細胞にダメージを与えるものだ。そのため抗がん剤を受けた患者は、たとえがん細胞が小さくなっても、体力は著しく低下してしまう傾向がある。

 一方の分子標的治療薬では、がん細胞だけにターゲットを絞れるので、治療の効率もよく、患者の生活の質も保ちやすい。しかしこの治療薬は、保険適用がまだまだ少なく高価であるという難点があった。

膨大な医療費の歯止めになる?

 個人単位では、一定額以上の医療費は戻ってくるシステムがあるが、それをまかなうのは国家予算だ。安価なかぜ薬からの発見が、膨大な医療費に歯止めをかける手助けとなることを期待したい

参考・引用

  • ※1:北海道大学 がんの転移を風邪薬で止める http://www.hokudai.ac.jp/news/161005_med_pr.pdf
  • ※2:日本製薬工業協会 Q48 「分子標的薬(ぶんしひょうてきやく)」とは、なんですか。 http://www.jpma.or.jp/medicine/med_qa/info_qa55/q48.html
  • ※3:モノリスLIFE.WEB / 分子標的薬について・分子標的薬一覧表 /  http://monolith-japan.com/kiji/2396/

WRITER

harappa

タグ

ARTICLE

  • がん細胞は毎日できている 睡眠の長さや質、特に乳がんの生存率に影響
  • 「暑くて/寒くて夜中に起きる」人へ。クーラーとの上手な付き合い方
  • 妊娠は胎児と母体と子宮の連携プレー 3者の時計の一致がカギ
  • がん治療費に朗報?安価なかぜ薬から、がんの転移を防ぐ成分が!
  • 会議中に襲ってくる眠気に勝つ!座りながらでもできる眠気解消方法
  • 空腹だと女性はロマンチックになれない まずは食事に誘おう!
  • これがなければ年を越せない?縁起だけじゃない、超健康食品「そば」の力
  • 時差ぼけ防止アイマスク つけるだけで出張や旅行の辛い時差ぼけの対策に
  • 緑と青がカギ! 「朝が辛い」「夜眠れない」を光の色でコントロール
  • 婚活サイトで成功する秘訣は「謙虚さ」だった
  • 友達がいれば健康寿命が延びる? 若い時からの繋がりが重要
  • カラダづくり―くびれ編
  • 女性4人中3人は「自分の裸が好きではない」 ポイントはお腹とお尻
  • 眠っている中で学習することも夢ではない!?睡眠学習の可能性
  • 「お父さん、眠れてる?」 気づきにくいうつ病の早期発見は睡眠で
  • テレビの見過ぎで骨折!? 20歳までの生活が将来の骨密度を左右する
  • 脱「直前作業」 ベッドに入った瞬間に眠気が飛ぶ…を解決する方法は?
  • 眠る前に、水が飲みたくなるのには理由があった
  • 一番多い感情は「嫉妬」?眠れないほどのSNS中毒から抜け出す方法とは
  • 「世界に3人」自分のそっくりさん 本当はもっと大勢いた!
  • O脚、X脚をストレッチで治す! この秋冬こそカッコよくショートブーツを履きたい
  • 食肉に含まれる抗生物質で「感染体質」に 米国大手食品企業も恐れる人間への影響
  • 下水汚染貝、毒薬・農薬入り食品…イギリス食品偽装の実態とは
  • 子供を持つ主婦必見 夫に浮気をさせない方法を科学的に解明
  • エッチ度やハゲる確率の都市伝説 最新科学でその真偽を調査 その2
  • 睡眠薬・睡眠サプリ・睡眠導入剤 それぞれの違いと効果は?
  • 知っておきたい! ドーピングしたことになってしまう一般薬とは?
  • 出産は全治8カ月の"重傷" 女性の体は多大な損傷を受けている
  • 歯茎の色で健康チェック 「赤」なら糖質取り過ぎかも!
  • アップルiOSの新機能「Night Shift」で睡眠改善するか
  • 都市伝説? 健康のために人間の血を飲む人たちは本当に存在するのか
  • 不眠症への簡単な対処法 短期睡眠行動療法 BBTIで解消?
  • テクノロジー最前線 脳の活動が分かるはちまきで広告や勉強が変わる?
  • あなたの寝具の色は何色? 青と紫で睡眠時間になんと2時間の差! 良いのはどっち?
  • テトリスで防げる!? 心的外傷(トラウマ)体験後のPTSD 英国の最新の研究で明らかに
  • “いきなりエイズ”の不安解消!1時間でHIV自己検査、15歳少女の発明
  • 嫌わないで! 目やにが出ることは健康な目の証し
  • 立ち仕事or座り仕事はどちらが心血管疾患のリスクが高い?
  • JAXAの超人気バイト! 宇宙での睡眠ストレス体験で報酬38万円也
  • 科学が明かした最強の勉強術 黙々と勉強、は一番ダメ。5感を駆使して学習を
  • 「今年こそ痩せたい!」なら、「食べない」じゃなく「XXない」が鍵
  • 片頭痛×コーヒーに注意 カフェインはもろ刃の剣だった
  • つけるだけで偏頭痛が治る? ベルギー発のとっておきウエアラブルデバイス
  • これでもう邪魔されない! 集中するだけでメールも携帯もシャットアウトする未来の凄いテクノロジー
  • 名門オックスフォード大学が発表!「9時の始業は拷問」とは…