CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

植物には知性がある?世界の研究者が見つけた、知られざる植物の能力

 「植物には知性があるか?」という古くからの論争に、結論が出たかもしれない。古代ギリシャのアリストテレスは植物を低レベルな生物だと考えたが、最近の科学者たちは植物には知性のようなものがあると考えている

 今まで分からなかったのは、植物が人とは違う種類の知性を持つためだ。人が、人とは違う植物の知性を理解できていなかったのだ。植物たちは、見て、聞いて、匂いを嗅ぎ、触れて、伝達し合い、戦い、そして記憶すらも持つ。科学者たちが見つけた植物の世界は、驚くほど知性に満ちている。身近なのに知られざる、植物たちの世界をご紹介しよう。

動物とは違う知性が植物にはある

 従来の知性の定義に当てはめて考えると、植物には脳がないし、知性などあるわけがないということになるだろう。しかし、植物の世界を見ていくと、知性があるとしか思えないような意図した行動をしているのだ。

 植物はそれぞれが感覚を持ち、コミュニケーションを取り合う。危険な相手におびえたり、危険をさけるよう仲間にも知らせようとする、植物がそんな世界に生きていることが徐々に分かってきた。

植物に脳はない? 脳のような機能は根の先端にある

 イタリアの植物神経生物学者ステファノ・マンクソー教授によると、ヒトの脳のような機能は植物の根の先端にあるという。ヒトの脳にあるニューロンに類似した伝達機能があり、根でネットワークを作っている。また化学物質を通じて他の植物とコミュニケーションもとる(※1)。

 脳に当たる機能が根の先端にあるのは、かなり合理的な進化の結果なのかもしれない。たとえ根が90%失われても、生き残ることができるというメリットがあるからだ。

世界の研究者が見つけた、知られざる植物の知性

・植物は虫に食べられているのを感じている。
 アメリカのミズーリ大学の研究者の研究では、シロイヌナズナは、葉の一部を毛虫などに食べられているときに食べられているのを感じており、食べている昆虫の種類を音や唾液で見分けていることが分かった。そして昆虫に合わせて、嫌いな匂いなどを出して防御しようとするようだ(※2)。

・木は記憶とリスク判断力を持つ。
 ドイツの共同研究チームは、メギの木は寄生虫に寄生される恐れを感じたときは、種を付けるのを止めることで、寄生虫から自分を守っていることを発見した。これは寄生虫が危ないという記憶を持ち、状況を把握して、リスクを予測して予防しようという意思がある証拠だという(※3)。

・隣の植物の音を聞いて育つ。
 西オーストラリア大学の進化生態学者モニカ・ガリアーノ氏は、植物は隣に生えている植物の音を聞いていることを確認した。研究したトウガラシの若木は、隣に生えている植物の種類を植物細胞の音響振動で判断していた。ハーブなどの防虫効果のある植物の隣では、安心したようにすくすくと成長し、成長を阻害する植物が隣に生えているときも認識できているようだ(※4)。

仲間を助けつながり合う植物

 ドイツの森林管理者のペーター・ヴォールレーベン氏は、400年前のブナの切り株が生きているのを見つけた。最近の研究によると、木は根を通して弱っている同種類の仲間に栄養を送り、助けることがあると分かっている。

 また、木は土の中の真菌で光ファイバーのようなネットワークを張り巡らせており、木々は昆虫や干ばつなどの危険を知らせ合ってもいる。

 このように、植物は人間が考えているよりも、ずっと高度で複雑な生き物のようだ。こうなると植物は、いったい人間のことをどう感じているのかが、知りたくなってしまう。

 植物を育てるのがうまい人は、植物に話しかける人も多いという。すでに植物とのコミュニケーションに成功しているのだろうか。

参考・引用

  • ※1:TED http://digitalcast.jp/v/12128/
  • ※2:MailOnline http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2988798/How-plants-FEEL-insects-eating-alive-cabbage-knows-creature-attacking-way-chews-claims-study.html
  • ※3:newsline http://science.newsln.jp/articles/2014030423410022.html
  • ※4:ナショナルジオグラフィック http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7927/
  • 参考
    ダニエル・チャモヴィッツ著 植物はそこまで知っている ---感覚に満ちた世界に生きる植物たち

タグ

ARTICLE

  • 骨盤を元の位置に戻すってどうゆうこと? 自力でできる骨盤矯正
  • 産後うつ?分娩トラブルによる死亡より多い「妊産婦の自殺」を食い止めろ
  • 寝なきゃ損!?平均年収の高い人は良い睡眠と朝型生活をしている
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法 CPAPって?
  • どの写真が好き?4枚の写真の中から選ぶだけ。一瞬で分かるあなたの本当の能力
  • 受験勉強の友「夜食」が実は逆効果だった!? 知性を脅かすその影響とは
  • 大きめのカップヨーグルトにうつ予防効果!…でも低脂肪のものは逆効果
  • 女性の目線クギ付けの厚い胸板を目指すなら…超重要なカギは睡眠だった
  • 新生児のママは急いで! 生後3ヶ月以内の腸内細菌取得が子どもをぜんそくから守る?
  • 「正月ぼけ」はなぜ起こる? 年が明ける前からできる対策法
  • セレブに流行の「グルテンフリーダイエット」に待った!? 超重要な栄養素を欠く可能性アリ
  • スターウォーズの世界がすぐそこに 超ハイテク義手が世界に夢
  • 子どもの野菜嫌いは「においで脳が毒物と判断する」が原因だった!?
  • 1月7日を過ぎてもぜひ食卓に並べたい! 「七草がゆ」の健康効果
  • 夜の間食はNG…分かっているけど止まらない そんな夜にオススメの食べ物を一挙に紹介
  • 脳は錯覚を起こしやすい?不思議の国のアリス症候群とヒトの感覚
  • 「睡眠不足は美肌の大敵」もう常識? 実験が明らかにした驚くべき結果
  • 1日3杯のコーヒーで脳腫瘍リスクが低下 奥深いコーヒーの健康効果
  • 慢性疲労症候群(CFS)に光明 “サボり”の無実立証の研究続々
  • 「足は第2の心臓」の本当の意味とは。良好な状態の足は全身を健康に
  • 赤ちゃんは胎内でも味を覚える にんじん嫌いを防ぐには妊娠中から!
  • 猫にひっかかれて脳炎に!?お散歩フリーの猫が原因の「猫ひっかき病」に要注意!
  • 将来のリタイア年齢は100才!? 年金問題解決のカギはどこに
  • 最近よく聞くブルーライト。ただの悪者なのか?
  • 夏に汗をかくのは当たり前? でも、病気のサインかも こんな大汗にご用心
  • 敵or味方? 今改めての「牛乳」で上手に健康を手にいれる。
  • 身寄りのない人へ温かい最期の言葉を。 米国の神父が紐解く その人生
  • 不妊の原因の半分は男性にアリ。精子を増やす遺伝子を発見
  • "眠気"がメジャーリーガーのパフォーマンスと将来を大きく左右していた
  • まぶたのけいれん…単なる目の疲労? 統計が明かす「仕事への不満」
  • 夜間の絶食が乳がんの再発リスクを減少 夜間間食はがんの元
  • 「この人の名前忘れた!」を防止 脳構造で考えるかなりユニークな方法
  • 睡眠欲が泉のように湧き出る…? 世界に比類なき最高の睡眠「香り編」
  • 不幸な配偶者を持った人は不健康になる? 健康維持のために心がけるべきこと
  • 脳科学で分かった! 人間が成果を出し続けるために必要なものは
  • 恐怖…スキニーパンツで歩行困難に!? 無理なファッションが体を蝕む
  • 思春期の難しい子どもをチャレンジ精神溢れる大人に育てる方法は
  • 世界が注目。日本の大学が体内時計調節をも可能にする?新酵素を発見
  • 30年後の自分に睡眠投資。中年期によく寝た人は将来の記憶力が良い
  • 発症後は時間との闘い、脳卒中。スウェーデン発、最新のヘルメットで大幅な時間短縮
  • 「あくびで脳に酸素を送っている」はウソ! じゃああくびは何のため?
  • <夏特集>自由研究のテーマはこれで決まり! かき氷を食べるとなぜ起こる?頭痛の謎を科学的に解明
  • 東洋の陰陽論がヒトの眠りを改善? 注意力と睡眠の蜜月関係
  • 酔ったまま寝る、はNG! ビール大国ドイツに学ぶ二日酔い防止法
  • 若い人は要注意。Facebook投稿への「うらやましい」でうつに?