CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

離婚率が下がる?夫婦のための月1回デートのススメ

 結婚前はきっと、夫と、あるいは妻と、最低でも週1回はデートしていたはず。しかし、結婚して子どもが生まれて以降、2人きりのデートを楽しんだことなんてあるだろうか。いや、もしかしたらないかもしれない……。

 特に小さな子どものいる夫婦の多くがこのような状態かもしれない。しかし、ある理由から、これからはぜひ夫婦でデートを楽しんでいただきたいのだ。

9割が「2人でデートをしたい」

 子育て世代の夫婦は2人きりのデートをしているのだろうか。あるいは、デートをしたいと思っているのだろうか。世の中の夫婦がどう思っているのかは気になるところだ。20代から40代の結婚して子どもがいる男女約2400人を対象に行ったあるインターネット調査の結果をご紹介したい。まず、夫婦2人きりのデートをしてみたいと思うかどうかについては、9割以上が「してみたい」と回答した(※1)。

半数以上の夫婦がデートを「ほとんどしていない」

 夫婦2人きりのデート実際にはどれぐらいの頻度でしているかについても聞いた。選択肢は「1カ月に2回以上」から「2年間に1回程度」まで7段階あり、それより少ない場合は「ほとんどしていない」と回答する設定だ。結果は残念なことに「ほとんどしていない」が半数を超えた。他の選択肢は1割弱にとどまった。最もよくデートをしている「1カ月に2回以上」と回答した男女が1割弱ずつだけでもいるのは、少々ほっとする結果だ。

 2人だけの時間を過ごしたいと思っているのに、実際には2人でデートする機会を作るのは難しい、という実態が明らかになった(※1)。

月1回のデートをすると離婚率が下がる

 わが家もそうなのだが、小さな子どもがいる家庭では夫婦が2人きりでデートをするのは確かに困難だ。子どもを気軽に預けられる祖父母の家が遠かったり、保育園などの一時預かり制度も予約でいっぱいだったり。しかし、それでもなお、夫婦のデートを勧めたいのにはこんな調査結果が明らかになったからだ。

 日本でいう結婚相談所に当たるイギリスの「マリッジ・ファンデーション」が1万組の夫婦を対象にデートの頻度と離婚率の関係について調査を行った。まず、デートの頻度については、週1回デートをする夫婦は11%、月1回が30%、月1回以下が23%。そして、36%がデートはしたことがないという結果だったのだが、このうち、月1回デートをしている夫婦はデートをほとんどしていない夫婦に比べて離婚率が14%下がることが分かったのだ(※2)。

週1回はむしろダメ!月に1回のデートが大事

 デートの回数が多い方が仲が良いということだから、離婚率はさらに下がるのではないかと思うが、結果はそうではなかった。週1回デートをしている夫婦とデートをしていない夫婦の離婚率の結果は大きく違わなかったのだ。週1回もデートをしていると、そのありがたみが分からなくなるが、月1回という頻度は「貴重な時間」と思わせるのだという(※3)。

夫婦だけの時間を持とう

 さて、デートと言うからには何か特別なことをしなければならないのか。いや、全くそうではない。2人だけで家の台所でご飯を作って食べてみる、散歩をしてみる、ゲームをしてみる―。2人が好きなことなら何だっていいのだ。子どもたちを預けて、ぜひ月1回、夫婦だけの時間を持っていただけたらと思う。

*この記事は2016年11月3日に一部加筆修正いたしました。

参考・引用

  • ※1:Vol.16 子育て夫婦のデート事情に関するアンケート調査結果 http://times-current.co.jp/todays/t-vol-16/
  • ※2:DATE NIGHTS MAKE FOR LONGER-LASTING RELATIONSHIPS – BUT ONLY IF YOU’RE MARRIED http://www.marriagefoundation.org.uk/date-nights-make-for-longer-lasting-relationships-but-only-if-youre-married/
  • ※3:How a monthly date night could save your marriage: Couples are 14% less likely to break up if they regularly enjoy a night out http://www.dailymail.co.uk/news/article-3807056/How-monthly-date-night-save-marriage-Couples-14-likely-break-regularly-enjoy-night-out.html

WRITER

kix

タグ

ARTICLE

  • 九九暗記中のお子様には運動を?「2×4=?は…8回ジャンプ」が効果的
  • 「子どもの5人に1人が便秘」 過半数が学校でトイレを我慢
  • <冬特集>どう防ぐ? この冬の新型ノロウイルス大流行に備えた具体的アクション
  • あの教授が驚愕発表。ビデオゲームが子どもの脳をスカスカ・依存症に
  • 脳にはカーナビ機能がある 暗闇でもトイレにたどり着ける理由
  • 20人以上の女性とセックスした男性は前立腺がんリスクが低くなる!?
  • ニセモノの足音でダイエット!? どうせやるなら楽しく痩せたい
  • <秋特集>こんな暑い日にはコーラ? コーラ1杯で1日分の砂糖許容量を軽く超えるって知ってた?
  • 1日の歩数で保険料が決まる!? スイス最大手の保険会社が検討中の"顧客監視"制度とは
  • 睡眠薬を飲むのは嫌!…ならばサプリや食品は? グリシンで不眠解消
  • 子どもが歯ぎしり…なぜ!? ご安心を。原因はストレスではない…が?
  • 離婚率が下がる?夫婦のための月1回デートのススメ
  • NASAが認めた! 部屋に置くべき観葉植物ベスト15
  • 未来の日本をも言い当てる? 世界中で最も検索された病気とは
  • 眠っている中で学習することも夢ではない!?睡眠学習の可能性
  • ゴリラも犬も笑う!? 笑いのもたらすスゴい効果とは
  • 感動するなら現実的な絵画?神経学からみた芸術鑑賞のススメ
  • ダイエット中なら女子会より合コン? 無意識でここまで違うカロリー摂取量
  • 睡眠薬・睡眠サプリ・睡眠導入剤 それぞれの違いと効果は?
  • <夏特集>部活シーズン真っ盛り。全身が痛くなる子どもが増えるのはなぜ?
  • 新緑の京都で至福の眠りを 「ねむり展」でよく学び、よく眠ろう
  • うつぶせ寝が顔にシワを作る!? スパナ型枕でつるりん肌を目指す
  • 毎月決まって"アノ頃"にやってくるツラい不眠症 解消のカギは?
  • その洗いたてのバスタオル、本当に綺麗? 洗濯機で洗うだけではダメ
  • ミドリムシは昆虫? 世界の飢餓を救うか、超高栄養価の昆虫食の今
  • 動物の冬眠メカニズムで SFのようなよみがえりが現実に?
  • 「仕事のストレスで眠れない」?有名創業者が行う1分!解消方法とは
  • リオ五輪聖火を運びこの世を去った形成外科医が残した「豊尻手術」とは
  • あのGoogleも注目! 売れない営業をトップ営業にする極意 
  • ウイルスは朝型?体内時計は免疫機能にも大きな影響
  • よく聞く「腹式呼吸でリラックス」…でも正しい複式呼吸の方法を知る人は意外に少ない!?
  • 数年後に現れる恐怖の「隠れジミ」 カロテンを含むジュースで撃退!
  • ナウシカのメーヴェ遂に完成 人間の大空飛行は科学的に無理なのか
  • 陽気なアノ芸能人も実は短命!? 性格と寿命の意外な関係が明らかに
  • 10人に1人が経験済み?「南国へ傷心旅行」で危険なセックス増加中
  • 緑と青がカギ! 「朝が辛い」「夜眠れない」を光の色でコントロール
  • 東京五輪の切り札? 体重が"半減"する魔法のランニングマシンで超ハイテクトレーニング
  • 北欧だけじゃない、日本でも。日光の少ない時期の「冬季うつ」に要注意
  • 夜ぐっすり眠れない…体温・室温のせいかも。睡眠に悩むならあそこを"冷やす"のが一番?
  • 親が感じる子どもへの間違ったシンパシー 実験から明らかになった思い込みとは?
  • 米国帰還兵士の強い自殺願望をも低下? 認知行動療法
  • 夫婦円満の秘訣は、睡眠スケジュールを〇〇にすること?
  • 今、時代はヘルシーおやつ 医者お墨付き「ドクターズスイーツ」とは
  • 東京大学が発見 体内時計のリセットと維持に酵素が深く関係!
  • 妊婦さんの体重管理。 妊娠しても「2人分食べる」必要がないのはなぜ?