CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

医者の不養生は本当だった! 精神的疾患を抱えているのは実は医師

全国には320万人のうつ病を始めとする精神疾患を抱えた患者がいる。これら患者を救うのが医師のはずなのだが、逆に、その医師たちが精神疾患を抱えているという。

医療従事者の自殺数は専門職の中でワースト1

2015年の警察庁の調べによると、医師を含む「医療・保健従事者」の自殺は333人他の専門職と比較してみると、同じ年に教師で自殺した人は118人、芸能人・プロスポーツ選手が11人、弁護士が7人と、医療・保健従事者の数は圧倒的に多いといえる(※1)。

母集団が弁護士は3万6000人(※2)、医師・歯科医師・薬剤師・看護師の医療従事者は調査年代の近年の統計では220万人いるので、割合から考えると他の専門職と大きく変わるわけではない(※3,4)。

しかし、命を守る職業である医師やその他の医療従事者の自殺者が年間300人を超えているという実態に驚く。

ストレスある医師は半分以上

医師の自殺が多い理由は何だろうか。当直明けでも翌日は1日勤務することが普通など過酷な労働環境や医師不足などがその背景にある。こうした深刻な労働問題を抱えているにもかかわらず、労働問題を話し合う場がある病院が少ないのも課題の1つだ。

日本医療労働組合連合会が約2000人の医師を対象に行ったアンケート調査では、精神的ストレスを感じることが多い、あるいは強いストレスがあると回答した医師は67%に上った。「健康に不安」や「病気がち」と答えた人も47%と半分近くいる。また、「医療トラブルのストレス」が「ない」と答えた人は残念ながら0%。医師は強いストレスの中で仕事をしていることが分かった(※5)。

医師の精神疾患は「不名誉」なこと?

ストレスが多い職業にもかかわらず、医師は自分が精神疾患に陥っていても治療を受けようとしない実態がある研究で明らかになった。ミシガン大学医学部の研究チームは、女性医師2000人以上を対象に精神疾患の治療を受けることについて調査した。その結果、半分近い人が自分の人生において精神疾患と診断される状態にあったが、誰も治療を求めていないことが分かった。

なぜ、治療をしないのか。3分の2以上の医師が「精神疾患と診断されることは不名誉なことだから」と答えている(※6)。医師にとっては、自分が勤務する病院内に精神科や心療内科があっても、なかなか院内のスタッフには自分の心の問題を相談しにくいものなのだ(※7)。だから自分の精神疾患を放置してしまう。

医師の健康は患者の安全につながる

しかし、「治療しないことは単に本人の問題である」で済ませられないのが医療業界だ。ある専門家は、「医師のメンタルヘルスの問題は患者の安全に影響する。とても重要なことだ」と警鐘を鳴らす(※6)。確かに、精神疾患を抱えた医師の診察は大丈夫だろうかと素人感覚でも思う。自分の勤める病院での受診に抵抗があるのであれば、心の問題を扱う電話相談窓口や他のエリアにある病院にかかるという手もある。人の命を預かる医師には、心と体の健康は万全でいてほしいものである。

参考・引用

  • ※1:平成27年中における自殺の状況 p17 https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/H27/H27_jisatunojoukyou_01.pdf
  • ※2:弁護士人口 http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/statistics/data/white_paper/2015/1-1-1_danjo_nenrei_suii_2015.pdf
  • ※3:医師・歯科医師・薬剤師数の年次推移 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/14/dl/kekka.pdf
  • ※4:看護職員の現状と推移 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000072895.pdf
  • ※5:勤務医実態調査2012 http://irouren.or.jp/test_html/research/docpdf/2012kinmui-chousa.docx
  • ※6:Doctors Often Neglect Their Own Mental Health https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/doctor-news-206/doctors-may-avoid-care-for-their-own-mental-health-issues-715254.html
  • ※7:医療従事者のメンタルヘルス http://www.medsafe.net/contents/recent/122utsubyouyobou.html

WRITER

kix

タグ

ARTICLE

  • あなたの子どもに今必要な睡眠時間は何時間?
  • 視覚障害者のQOL劇的改善になるか 米国でウェアラブル3Dメガネが登場!?
  • 日本の悪しき伝統「寝る間を惜しんで」。睡眠以外の脳力UP方法は?
  • 糖尿病や肥満の原因にも?あなたの生活の中で体内時計を乱すもの
  • <秋特集>お風呂シリーズ:半身浴が良いのはなぜ? 熱いお風呂やシャワーではダメ?
  • 豊胸手術をした女性は授乳をしない? 母乳育児を諦める母親たち
  • 冷房温度設定は60年代の男性が設定? オフィスで女性が寒いワケ
  • 世界中存在する木の本数は? 天文学的な統計を米イエール大学が何と実地で解明
  • 最強の胎教!? 妊娠中に子どもの成績を良くする栄養素「チロキシン」
  • 60歳を20歳に若返らせる!? 不老長寿サプリが臨床実験開始
  • 長い睡眠時間は健康に悪影響 何時間が
  • そのストレス、“感染”します。 感染から身を守るとっておきの方法は
  • 浮気不倫は遺伝子のせい!? ある遺伝子が人を禁断の関係に走らせる
  • 「不眠」で「痛く」なる?そのメカニズムは
  • 引き寄せの法則は本当?「自分ならやれる」その一言が成功と幸せをかなえる
  • 嫌なことは寝て忘れろ、は間違い?強烈なストレスには睡眠不足も薬に
  • 寝入りばなの子どもは絶対起こしちゃダメ 記憶の定着に大打撃
  • PPK(ピンピンコロリ)はホントに理想的な死なのか?
  • その一口ちょっと待って!たった1日の暴飲暴食で睡眠の質が劇的悪化
  • 線路、幹線道路、航路近くの住民に警鐘 騒音が人を太らせる
  • 女性の目線クギ付けの厚い胸板を目指すなら…超重要なカギは睡眠だった
  • コーヒー越えの高カフェインなのに玉露でリラックス!? テアニンの力
  • 夕食後2時間経過してから寝よう! 夜勤・シフト勤務者の簡単健康法
  • 春に眠くなるのはなぜ? 漢詩「春眠暁を覚えず」を科学する!
  • スメルハラスメントの認知も影響?「自己臭恐怖症」が増加中
  • 東京ディズニーシー200分待ちにも耐えられる? セロトニンの効果とは
  • 唾液を採取して送るだけで未来の病気が分かる「MYCODE」 いよいよ遺伝子検査が身近なものに
  • 私たちはなぜ眠るのか? 睡眠の究極的な役割が示す脳内のミステリー
  • エッチ度やハゲる確率の都市伝説 最新科学でその真偽を調査 その2
  • 睡眠不足で高血圧に? ごく数日の睡眠不足が恐ろしい病気をもたらす
  • 満月の夜は眠りが◯くなる。月の満ち欠けに影響される人間
  • 朝が弱い若者 怠け者だからではなく多くが病気だった!?
  • 驚き! スポーツによる足裏への衝撃で貧血に!?
  • シフト勤務が病気の原因に 食事時間を一定にすることでリスクを抑制
  • 眠れない?不眠症に腸内環境が影響している! お腹を整えて快眠を
  • 憂うつでやる気が出ない…同じ時間に寝て起きれば何かが変わる!?
  • 先進国で最も肥満度の低い日本! でもバンザイと喜ぶのは早い…
  • 秋こそ要注意!「秋は子どもたちの安全に対するリスクが高くなる季節」と専門家が指摘
  • 「クレプトマニア」 整形手術後に万引の衝動が抑えられなくなる?
  • <夏特集>英国人が実践中!? 暑い夜に負けない、一風変わった知恵9つ
  • 飲酒の後によく眠る方法
  • 異常な眠気で寝てしまう…太りやすいナルコレプシーの方のダイエット法
  • セックスのない愛 世界に広がる「無性愛(アセクシャル)」とは?
  • <秋特集>暑い夏の疲れを癒やすには「体を温める」が基本。簡単に手に入るスパイスで元気に過ごそう
  • 35年間で女性の出産年齢は4歳上昇 育児と介護のダブルケアに