CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

男性と女性で薬の効果に差アリ 投薬量は同じで大丈夫?

 小児科を受診すると毎回、体重を申告したり、医師から体重を確認されたりする。これは薬の量が体重によって決まるからで、特に子どもは日々成長し体重に大きな変化があるので、毎回確認される。大人も基本的に考え方は同じで、体重によって投薬量がコントロールされている。

 ところが、どうしてか男女の性差で投薬量が変わることはない。こうした男女同じ投薬の仕方に疑問の声が上がっている。

男性と女性の違いは何か

 男性と女性の違いというと真っ先に頭に浮かぶのが月経と妊娠だろう。生殖器の違い、筋肉量の違いといった体格差もはっきりしている。しかし、男女の差はそれだけではない。

 例えば、女性の消化器系は男性よりもゆっくりと動く。胃で消化されたものが小腸の中を動くのに、女性は男性の2倍も時間がかかることが分かっている。これは女性ホルモンのエストロゲンの影響によるものだ。女性が男性に比べてアルコールに酔いやすいのは、アルコールを分解する消化酵素の濃度の違いもあるが、消化器官に長くとどまっているからなのだ。

 また、食べ物を分解する胆汁の動きも女性の方がゆっくりだ。こうしたことから、女性の方が胆石になるリスクが4倍も高いという。

医療は男性中心で動いている?

 このように男女で体の働きが一部違う。病気のリスクも違う。しかし、そもそも世の中には男性と女性がほぼ同数存在している。それならば、薬の開発や臨床試験なども当然のように雌雄、もしくは男女がほぼ同数集められ行われているに違いない――多くの人は勝手にそう思っていると思う。

 しかし、残念ながら実際は違う。女性特有の病気でない限り、薬の開発や病気の治療法の研究は雄のマウスを使って、臨床試験は主に男性を対象に行われているのだ。女性は月経などの影響でホルモンバランスが一定でないのに対し、男性は状態が安定しているから、そして、男性は妊娠しないから。これらがその理由だ。男性は実験や試験を中断する理由が女性に比べて少なく、“便利”なのだ(※1)。

女性には薬が効かない 副作用が多いことも

 すでにお分かりだろう。要するに、女性に対しては男性の体を元に研究された薬を使って治療が行われているというのが実際のところなのだ。

 女性に投与したところ、男性に比べて効果が少ないと報告されている薬も存在している。例えば、心臓や血管の病気の治療薬で使われる、血管を狭くする物質を作るACE阻害剤は、女性ではあまり効果を発揮せず、逆に多くの副作用を引き起こしてしまうことが分かった。

男女で治療方針に違いを

 単に体重の違いで管理されてきた薬の処方だが、男女で病気の症状や薬の効き方に違いがあることから、男性と女性では治療の仕方を変えるべきだ、とイスラエルのラビン医療センターのマレク・グレザマン教授は指摘する。

 遺伝子を解析していくことで、将来的には男女の性差だけでなく個人個人の体質に合わせた「オーダーメード医療」が実現できる可能性もある。しかし、現状では、薬の効き方に性差があることを踏まえた上で、女性はもちろん男性でも、処方された薬が自分には効き目が強すぎたり、副作用が発生したりする場合には、自ら医師に伝え、自分に合った量に調節してもらう、こうした行動が必要ではないだろうか。

参考・引用

  • ※1:薬学用語解説 第一相試験 http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?第一相試験
  • 参考:Why we need his & hers medicine: From heart disease to pain, men and women are being treated as if we're all the same... but as this expert reveals, it could be the death of us http://www.dailymail.co.uk/health/article-3797199/From-heart-disease-pain-conditions-treated-sex-putting-life-danger.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • SNSで嘘の妊娠報告まで?行き過ぎたナルシシズムは心の病の可能性
  • 前日の食事内容を思いだせない人は要注意! 肥満と記憶の関係
  • 夏だ!ビールだ!の前に…泥酔から永遠の眠りに?昏睡状態の見分け方
  • 「スメハラ」に注意! 体質改善で根本から体臭を治す3つの方法とは
  • 原因不明の病気 悪夢が繰り返される「悪夢障害」って何だ?
  • 朝食で男女産み分け? 種の生存戦略まで示唆する驚きのプログラム
  • ジムは敷居高い、という方に朗報 公営スポーツセンターが最近熱い?
  • 糖尿病や肥満の原因にも?あなたの生活の中で体内時計を乱すもの
  • 日本の◯◯に学んだお昼寝サービス、世界の空港に続々登場!
  • 幸せ太り? 結婚するとかかりやすい/にくい疾患が変わる!
  • 「寝る」は簡単かつ効果的なダイエット でもそれって何で!?
  • 睡眠障害による損失を無くせ! 従業員の睡眠をモニタリングする企業続々
  • <年始特集>カビの生えた鏡餅「カビを取れば食べてもOK」は本当か
  • 本屋でトイレに行きたくなるのはなぜ? 「青木まりこ現象」の謎に迫る
  • 骨や肌だけじゃない。超・快眠効果まで! 大豆のスゴいチカラ
  • 母の遺伝子が寿命を決める? すぐにできる抗老化 睡眠と食事
  • つけるだけで視力回復コンタクト「オルソケラトロジーレンズ」って?
  • 自撮りはサメよりも怖い? ディズニーランドでも自撮り棒禁止に
  • 「テレビ見てる間は静かだから」はNG! 赤ちゃんの脳は親が育てる
  • 陽気なアノ芸能人も実は短命!? 性格と寿命の意外な関係が明らかに
  • 他人事ではない! 花粉症がもたらす「眠りの
  • メタボに朗報! チョコをチョコっと食べると血圧下がるってホント?
  • どうりで覚えられないはず… 百人一首に学ぶ「大人」の賢い暗記法
  • 危険!「鉄分は多く摂れば良い」は間違い。がんや死亡率と大きく関連
  • ブルーライトカット眼鏡は本当に睡眠快眠に良い?体内時計への影響は
  • 夜眠るために朝浴びる。日光の知られざるスゴイチカラ
  • 「子どもの5人に1人が便秘」 過半数が学校でトイレを我慢
  • がん治療費に朗報?安価なかぜ薬から、がんの転移を防ぐ成分が!
  • 名門ケンブリッジが科学で明かした。辛い朝にすっきり目覚める20曲
  • あなたは長生きできる?「教育」「所得」「病気」の意外な関係
  • 女性の2人に1人が貧血。食事改善=貧血改善でアンチエイジングを
  • 超危険・過激なエクストリームスポーツが大人気! それは脳のせい?
  • 動物は意外なほど複雑な夢を見ていた! 睡眠中にもペットと絆が深まる方法とは?
  • 長い睡眠時間は健康に悪影響 何時間が
  • 何度も運動の継続に失敗している方必見!継続のTIPSを4つお教えします
  • あなたは今幸せですか? 「幸せな日本人」は10人に1人もいない現実
  • 35年間で女性の出産年齢は4歳上昇 育児と介護のダブルケアに
  • セレブに流行の「グルテンフリーダイエット」に待った!? 超重要な栄養素を欠く可能性アリ
  • 裸で寝ないのは日本人だけ?世界のビックリ常識とは
  • さぁ、髪を乾かして新年を迎えよう! 意外に知らない濡れた髪の本当の影響
  • 無くなるまで髪の毛を抜いてしまう…「抜毛症」とはどんな病気?
  • たばこの健康被害 「パッケージの警告文は画像で」が世界の潮流?
  • 湯船が快適な睡眠をもたらす!「加温効果」による効果的な睡眠とは
  • 不妊の原因の半分は男性にアリ。精子を増やす遺伝子を発見
  • 原因は睡眠不足?増える発達障害の子どもたち